東南アジアや韓国で増加中。ベッグパッカーという違法旅行者

最近、日本人が韓国で迷惑をかけている。
きのうの記事で、韓国で違法に働いていた日本人のことを書いた。

ことし6月、不法就労が韓国の警察にバレて、16人の日本人女性が強制退去処分を受けた。
そして11月には同じく不法就労で、日本人女性17人が書類送検されている。
そのあと、強制退去になるだろう。

なかには韓国人の彼氏と結婚の予定があった日本人もいたらしいけど、違法行為をして警察に捕まって国外追放というのは、もう言い分けの余地はない。
あえて言おう、韓国にとっては迷惑、日本にとっては恥であると。

 

こうした日本人と同じように、海外で不法に働きながら金をかせいで旅行をする人間がいる。
タイやマレーシアなど東南アジアで、そんな旅行者を何人も見た。

こういう迷惑な旅行者を「ベッグパッカー」という。

 

 

ベッグとは「物乞い」のこと。
物乞いのように現地の人からお金をもらって旅の資金にする。
そんな旅行者をベッグパッカーという。

「news.com」という海外メディアは「恥知らずのベッグパッカーが増加中」という記事(2017/04/12)を載せている。

The rise of the shameless ‘beg-packer’

東南アジアでこんな欧米人が増えているのだ。

travellerという旅行者向けのサイトでは、「ベッグパッカーにはなるな」と警告を出す。

And hey, it’s better than begging. After last week’s column, about the rise of “begpackers” in certain parts of the world, I thought I’d run through a few examples of the good, honest work that plenty of travellers inevitably fall into to keep their travel dreams alive.

Jobs for backpackers: Don’t be a ‘begpacker’ – get a real job while travelling overseas

 

こういう恥知らずな行為をSNSに投稿することで、ベッグパッカ-が増加してしまう。

イギリスのメトロ紙の記事(2017/04/12)は、インターネットの影響力を指摘する。

The ‘beg-packer’ trend has even now spread to the internet – with a dedicated website, Fund My Travel, allowing people to ask for donations.

‘Beg-packers’ are begging on the streets to fund round-the-world travels

 

ベッグパッカーとは、何もしないでお金をめぐんでもらうことだけではない。
路上で歌を歌ったり何かを販売したりして、違法にお金をかせぐ旅行者もふくんでいる。

 

 

韓国でもいま、ベッグパッカーという違法旅行者が問題になっている。

路上でフリーハグをしてお金をもらったりアクセサリーや写真を販売したりと、ベッグパッカーのお金のかせぎ方は様々だ。

韓国では、ベッグパッカーに対する見方が分かれているらしい。
こういう旅が「ロマンチックに映る」と言う人もいれば、「予算を決めずに、考えもなく外国で物乞いなどをしながら旅費づくりをするのは無責任な行動」と怒る人もいる。

警察はいまのところ、黙認というか放置だ。

中央日報の記事(2018年05月30日)から。

警察関係者は「観光ビザを発給され、税金を出さずに収入を得る行為は不法」としながら「巡察をする時に彼らの販売行為は制止しているが、彼らから被害を受けたという申告が入ってこない以上、一つ一つ取り締まるのは難しい」と述べた。

「韓国が好きだから?」 増えるもの乞い旅行者「ベッグパッカー」たち

 

韓国にいる日本人が大量に捕まった原因にも、このベッグパッカーが関係していると思う。
彼らのせいで、不法就労に対する見方が厳しくなったのではないか。
もちろん、自業自得だけど。

 

 

ベッグパッカーは東南アジアや韓国だけの問題ではない。
こういう恥知らずの旅行者は日本人にもいる。

ボクはときどき海外旅行ブログを見るのだけど、ときどきベッグパッカーが出てくる。

でも、本人のブログを見ると、わりと楽しそうだったりする。

そんで夜は、稼いだお金で、タイの焼肉+ビールですわな、もちろん

ひょえーーーーーー!

この時のビールが世界で一番うまい!これは間違いない!

これは別の記事で書くつもりだけど、こんなふうな日本人バックパッカーはけっこういるのだ。
違法行為をしても罪の意識はない。

知識がないのかモラルがないのか?
それとも、どっちもないのか?
それは分からないけど、こんな日本人は実際にいる。

でも、現地の警察がいつまでも野放しにしているとは思えない。

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

こちらの記事もいかがですか?

違法な路上パフォーマンスで海外を旅する日本人は、もう消えるべき。

海外のバックパッカー「違法バスキングの旅」はダメ。痛い目見るよ。

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質

20年前の旅との違い。現実の旅とネット上での旅とのギャップ。

日本人が海外旅行で差別を受けたら、抗議より公開しちゃえ。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。