韓国人の女子大学生と靖国神社・遊就館へ。彼女の感想とショック

 

始めの一言

*日本の子どもをみて
「こちらでは、うまく説明できないのですが、しつけというものが血のなかに流れていて、例外なく外にあらわれてくるのです(フレイザー 明治時代)」
「日本絶賛語録 小学館」

 

P1170797

 

ワーキングホリデーで日本にやってきて、東京に1年間住んでいた韓国人の友人がいる。
彼女はそのとき女子大学生で、大学を一年間休学して日本で生活していた。
その子が韓国に帰る直前に、東京で会うことになった。

「最後にどこに行きたい?」

と彼女にきいて、驚いた。

「靖国神社と遊就館に行きたいです」

まさか、韓国人がこんなことを言うとは!

 

 

「いいけど、いいの?」
と念を押すと、「大丈夫です。どういうところか分かっていますから」と言って笑う。
話を聞くと、韓国人として靖国神社は気になっていたけど、今まで行くきっかけがなく、怖いという気持ちもあったから行ってなかったらしい。

 
でも、「日本を出る前に、ここには行っておかないといけない」と意を決したという。
ということで、さっそく靖国神社に向かった。

 

P1170805

 

あたり前だけど、彼女は神社に参拝することはなく、すぐに遊就館に行く。

 

遊就館の入口に、像と「散華」という言葉があった。

さん‐げ【散華/散▽花】

1 花をまいて仏に供養すること。
2 四箇の法要の一。梵唄(ぼんばい)のあとにシキミの葉あるいは花を散布すること。また、紙製の蓮華の花びらを花筥(けこ)に入れ、散布すること。
3 《花を散らす意から》死ぬこと。特に、若くして戦死すること。「南方洋上に散華する」
(デジタル大辞泉の解説)

 

遊就館で使っている「散華」の意味は、もちろん3番。

 

P1170808

この像の説明に、「散華」という言葉があった。

 

「この『散華』って言葉は聞いたことある?」と彼女にきいたら、「知ってますよ!」と怒っている。

なんで、これに怒るのだろう?

「学校で習いました。この散華という言葉のもとに、たくさんの韓国人が死ぬことを命令されました」

そういう教育を受けていたのか。
遊就館に入る前から、韓国人との違いを感じた。

 

この遊就館にある説明は、韓国人としては受け入れがたいものばかりだったと思う。
不機嫌そうな顔をして黙っていたから、細かくはきかなかった。
太平洋戦争ではなくて「大東亜戦争」と書いてある時点で、韓国人としては不愉快なはず。

 
でも、靖国神社には靖国神社の見方があるから仕方がない。
彼女が納得できなかったものに、「日清戦争に日本が勝って、朝鮮が独立した」という記述があった。
一般の韓国人は、朝鮮は完全な独立国だったと思っているから、これはそうだろう。
でも、このことは日本の中学生の歴史教科書にも書いてある事実。

だからこの記述に怒りを感じたとしても、これもまた仕方がない。

 

彼女に靖国神社に行った感想をきいたところ、一番驚いたのは「靖国神社にいたのが、ふつうの日本人ばかりだった」ということ。

 

彼女にとって、靖国神社とは軍国主義の象徴。
そこは、「軍服を着て、戦争を賛美するような日本人が集まっている怖ろしい神社」と思っていたらしい。
「韓国での靖国神社の報道を見たら、誰でもそう思いますよ」
という。

 

ところが実際に行ってみたら、おしゃれな服を着たカップルはいるし、孫を連れた老夫婦もいる。
どうみても、特殊な日本人ではなくてふつうの日本人。

 

「靖国神社は、軍国主義者だけではなくてふつうの日本人が気軽に行くような神社だった」
これが彼女には、ショックだったという。
と同時に、これは怖ろしいことだと感じたらしい。

 

800px-Yasukuni_Radha_Binod_Pal_Commending_Stele

遊就館にあるパール判事の顕彰碑(ウィキペディア)
韓国人の友人と行ったときには、気がつかなかった。
パール判事というインド人を、韓国人は知っているのだろうか?

 

さらに、遊就館ではたくさんの外国人がいて、彼女はこれにもショックを受けていた。

「韓国で靖国神社を大きく報道するから、外国人の関心が集まってしまうのですかね?でも、日本の政治家が靖国神社に参拝に行ったら、韓国としては問題にしないわけにはいかないですし」

 

でも報道したら、たくさんの外国人がここに来て「靖国神社の戦争観」を知ってしまう。
欧米人の外国人が、「大東亜戦争」という言葉や「アジアを解放するための戦争だった」という主張を知ることは、韓国人としては良いことではない。
そういうことで、かなり複雑な表情をしていた。

 

総理大臣の靖国参拝では、「韓国や中国が口を出すな!」と怒る人は多いと思う。けれど中韓が報道することで、欧米人が靖国神社に関心をもって遊就館に足を運ぶようにもなっている。

 
ボクのまわりでも、「東京に行ったら、靖国神社に行ってみたい。なんで中国や韓国があそこまで怒るのか知りたい」というアメリカ人がいた。
もし中韓が報道しなかったら、外国人が靖国神社について知ることもなかっただろう。
韓国や中国が大きく報道することで、意外な結果もうんでもいる。

 
ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

韓国の反日、東南アジアの反ヨーロッパ感情が違う理由(植民地)

アフリカから日本に来て、戦国武士になった黒人奴隷(弥助)

織田信長の家来となった黒人奴隷(弥助)と本能寺の変

頑張って書いた割には不人気だった 「世界の中の日本」の目次

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。