トルコの政教分離とイスラム化・クーデターと革命の違い

 

始めの一言

*物がない日本人の質素な生活について
「彼らの全生活に及んでいるように思えるこのスパルタ的な習慣の簡素さのなかには、賞賛すべきなにものかがある(オールコック 幕末)」
「逝きし日の面影 平凡社」

 

IMGP9564

今回の内容

・最近のトルコの事情
・「トルコクーデター未遂事件」の背景

 

・最近のトルコの事情

トルコでは、1920年代にアタテュルクによって政教分離の政策がとられた。
それ以来、これがトルコの基本的な考え方となって今にいたる。
前回の記事で、そんなことを書いた。

 

でも今、この政教分離を見直す動きが出てきている。
たとえば、この記事を見てほしい。

トルコ、女性警官のスカーフ着用解禁

【エルサレム時事】トルコの女性警官のスカーフ着用が27日、同国史上初めて解禁された。AFP通信などが伝えた。

トルコでは建国以来、イスラム教徒が多数派を占めながらも厳格な政教分離政策を実施し、教育現場や公共の場ではスカーフ着用が禁じられてきた。しかし、イスラム系与党・公正発展党(AKP)は、2002年に政権を獲得して以降、これまでに大学構内でのスカーフ着用や、軍や警察など制服を着る職業を除く女性公務員のスカーフ着用を解禁してきた。

今回の禁止令廃止に関する政府官報では、女性警官は「制服と同じ色で、柄がない」スカーフを着用できると述べている。

(2016/08/27-22:03)

 

この動きは、フランスとは反対になる。
フランスでは政教分離の原則にのっとって、公共の場所でイスラーム教徒の女性の服(ブルカなど)を着ることを禁止した。

 

イギリスでもイスラーム教徒の着る服について問題が起きている。
詳しくは、これを見て。
英語だけどね。

Muslim family ‘treated like aliens, branded terrorists’ on trip to English seaside town

 

今のトルコでは、これまでの政教分離に対して意見が大きく分かれている。

・今までしてきたような、伝統的な政教分離を支持する人たち
・エルドアン大統領のように、これまでの政教分離を変えようとする人たち

当然、この両者の間では対立がある。

 

・「トルコクーデター未遂事件」の背景

今年の7月にトルコで「クーデター未遂事件」が起きた。

でもその前に、クーデターってどんなもの?

クーデター

フランス語で、「国への一撃」の意味。
軍などが武力で権力を奪取するような政変を指す。エジプトでは1952年7月23日、「自由将校団」がクーデターを起こして国王を追放。翌年、共和制に移行した。
(朝日新聞掲載「キーワード」の解説)

「クーデター」とは、もともとはフランス語で「国への一撃」という意味だったとは。これは知らなかった。

 

ついでに、クーデターと革命の違いも。

クー‐デター(〈フランス〉coup d’État)

既存の支配勢力の一部が非合法的な武力行使によって政権を奪うこと。支配階級内部での権力移動であり、体制そのものの変革を目的とする革命と区別する。
(デジタル大辞泉の解説)

 

トルコのクーデターは軍がしたことで、一般市民は関与していない。
むしろ、市民は軍のよるクーデターをとめようと街に出ていた。

 

こに対してチュニジアで起きた「ジャスミン革命」は、一般の民衆が主体となっておこなわれている。
だから、クーデターではなくて革命になるんだろう。

ジャスミン‐かくめい【ジャスミン革命】

2010年12月にチュニジアで起きた民主化運動の通称。青年層を中心にストライキ・デモが拡大し、翌2011年1月に23年間続いた独裁政権が崩壊した。ジャスミンはチュニジアを代表する花。
(デジタル大辞泉の解説)

これがきっかけとなって「アラブの春」がはじまる。
これは、1968年にチェコスロバキアで起きた「プラハの春」にちなんだ命名。

 

 

さて、話をトルコのクーデター未遂事件に戻す。

先ほど書いた「政教分離に賛成の人たち」と「政教分離には反対の人たち」の間で対立がうまれる。

そしてそれが、トルコ軍による「2016年トルコクーデター未遂事件」の背景になった。

2003年に首相に就任し、11年務めた後2014年に大統領に就任したレジェップ・タイイップ・エルドアンは好調な経済を背景に支持率を高める一方、独裁的な傾向を強め、トルコのイスラム化政策を推し進めた。

これに対して、世俗派の守護者を自負するトルコ軍は政教分離を重視していたため、軍との関係は良くなかった。
(ウィキペディア)

 

このクーデターは、エルドアン大統領側の「完全勝利」に終わったから、これからもトルコは伝統的な政教分離は崩れていって、ウィキペディアにある「イスラム化」が進んでいくように思う。

 

むかしトルコを旅行していたときは、「時代が進めば『脱宗教』の社会」になる」なんて思っていたけど、実際にはそんな単純にはいかないみたい。

トルコのことはトルコが決めればいいけど、個人的に、早く安心して旅行を楽しめる国になってほしいなあ、と願っている。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

イスラム教とは①モスク(マスジッド、ジャーミィ)ってどんなとこ?

イスラム教徒の女性の服②ブルカはどんな感じ?女性差別?

イスラム教:中東は厳しくて、東南アジアが「ゆるい」理由は?

イスラム教を知ろう! 「中東・イスラム」カテゴリーの目次① 

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。