トルコの英雄・アタテュルクの政教分離と近代化(ローマ字)


 

始めの一言

*日本の子どものしつけについて
「彼らにそそがれる愛情は、ただただ温かさと平和で彼らを包みこみ、その性格の悪いところを抑え、あらゆる良いところを伸ばすように思われます。
(フレイザー 明治時代)」「日本絶賛語録 小学館」

 

IMG_7187

 

トルコを旅したのは、もう15年ぐらい前のこと。
トルコに着いてすぐに感じた疑問は、これ。

「なんでトルコはアラビア文字を使ってないの?」

「トルコはイスラーム教の国」というイメージがあったから、てっきりアラビア文字を使っていると思い込んでいた。

 

20160615065504

トルコ語の看板
なんて書いてあるかは、さっぱりわからん。

 

画像は、いつも元気いっぱいのザキさんのブログから使わせてもらいました。
ザキさん、ありがとう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これもトルコ語。
「ごはん+鶏+ヨーグルトドリンク(塩味)で5トルコリラ(約240円)」ということらしい。

画像は、こちらのブログから使わせてもらいました。
いろんな国でウェディングショットを撮っている変わった夫婦。
写真がすごくきれい。

ありがとう!
トルコと言えば!の【サバサンド】を超えた料理 ~百太の舌調べ~

 

トルコは、昔からローマ字を使っているのかな?
トルコに人にきいてみた。

「むかしはアラビア文字を使っていたよ。でも、アタテュルクがアラビア文字からローマ字に変えたからね」

そういえば、高校生のころ世界史でそんなことを習った気がするぞ。

 

ムスタファ=ケマル

1881~1938
オスマン帝国の軍人、トルコ共和国の建国者で初代大統領。
大統領として諸改革を断行、近代国家としての基礎を築いた。

(世界史用語集 山川出版)

 

19世紀後半に国を近代化した、ということならタイの国王「ラーマ5世」と似ている。

 

このムスタファ=ケマルは、「アタテュルク(父なるトルコ人)」とも呼ばれている。
1934年に、トルコ議会がケマルに尊称としてこの「アタテュルク」を与えたから。

 

高校生で世界史を学んだころは、「ケマル=アタチュルク」で習ったけど、最新の世界史用語集には単に「アタテュルク」とかいてある。
だから、以後はアタテュルクと書くようにする。

 

このアタテュルクがトルコ革命を起こして、オスマン・トルコ帝国を滅ぼした。
そして、1923年にトルコ共和国を建てて今にいたっている。

 

このとき、アタテュルクがおこなったのがトルコの近代化政策。
これはちょうど、江戸幕府を倒して近代化をめざした明治の日本ににている。

このときトルコが参考にした国が、じつは日本なんだな。

 

トルコでは近代化政策が進められたが、民族資本の育成や国立銀行の設立、法制面の整備などの諸改革は、日本の明治維新を手本にしたものであった。
(ウィキペディア)

 

IMG_7690[1]

日露戦争の講和条約「ポーツマス条約」

 

トルコを近代国家にするために、絶対にしなくてはならなかったのが、政治と宗教を切り離すこと。
これは明治の日本とは逆になる。
日本は、国家神道として「国教化」していた。

 

イスラーム教の国だったトルコは、「政教分離」を宣言している。

政教分離

カリフ制廃止やイスラーム教の非国教化などにより、トルコでは政治と宗教が分離された。(世界史用語集 山川出版)

 

この政教分離の例には、「女性解放」がある。

「イスラーム教では、4人の女性と結婚することができる」

こんなことを聞いたことがある人もいると思う。
これは、イスラーム教の聖書(クルアーン)に書いてあるから。

イスラームの婚姻と言えば一夫多妻制、四人の妻との結婚が許されるということが、連想されるかもしれない。実際のところクルアーンにこうある。

汝らがもし孤児に公平にできそうにないなら、良いと思う女性を二人、三人、または四人、娶りなさい。
だが妻を公平に扱えそうにないなら、一人だけにするか、または右手が所有する者(=女奴隷)で我慢しなさい。
これが偏りを避けるために最も適切である (4章3節)

(聖典「クルアーンの思想」 大川玲子)

 

トルコは、この一夫多妻制を廃止した。

また、「宗教と関係の深い服装が禁止され、男性のトルコ帽とあわせ、女性の外衣チャドルも廃止された(世界史用語集 山川出版)」。

 

1024px-2009_Herat_Afghanistan_4112231650

チャドル(ウィキペディア)

 

そして、アタテュルクがおこなった政教分離政策のなかに文字改革がある。

文字改革(ローマ字採用)

西欧化を目指し、アラビア文字を廃止、トルコ語表記にラテン文字を採用した。同時にヒジュラ暦にかわりグレゴリウス暦が採用された。
(世界史用語集 山川出版)

 

ということで、ボクがトルコに来て感じた疑問の答えはこれ。

アタテュルクがおこなった近代化政策の1つ、「文字改革」によるものだった。

この政教分離政策によって、トルコの社会からイスラーム色はかなりなくなっている。
実際今のトルコを旅したら、「街並みは、ヨーロッパとほとんど変わらないぞ」という印象を受けると思う。

 

でも、これが隣のシリアに行くとガラリと変わる。
街にはアラビア文字があふれていて、ニカーブを着た女性がたくさんいる。
「イスラーム教の国だなあ」という印象を強くうける。

 

アタテュルクがおこなった政教分離政策は、トルコの基本的な考え方となった。
○今回の復習

・19世紀後半、トルコとタイを近代化した人は?
・日露戦争の講和条約は?
・イスラーム教の聖書をなんという?

○答え

・アタテュルク(ムスタファ=ケマル)とラーマ五世
・ポーツマス条約
・クルアーン(コーラン)
ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

トルコの政教分離とイスラム化・クーデターと革命の違い

イスラム教とは①モスク(マスジッド、ジャーミィ)ってどんなとこ?

イスラム教徒の女性の服②ブルカはどんな感じ?女性差別?

イスラム教:中東は厳しくて、東南アジアが「ゆるい」理由は?

イスラム教を知ろう! 「中東・イスラム」カテゴリーの目次① 

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す