【一切は空】終わらない韓国「求めるのは安倍首相の謝罪のみ」

 

アメリカ人やイギリス人とお寺に行ったとき、「それはひどい!」と言われた話がある。
それは戦場ヶ原、ではなくて「賽の河原(さいのかわら)」のこと。

賽の河原は三途の川にある河原で、親より先に死んだ子供が行く所といわれる。
ここで子供たちは小石を積み上げて塔を作ろうとするのだけど、それが完成するとき、鬼が現れて塔を崩しやがる。
だから子供たちは、永遠に石を積み続けるという苦しみを受けることになる。

そんな話をすると、外国人は「ひどい」とか言う。
キリスト教(プロテスタント)では、80歳を超えて亡くなった人は「十分に生きた」ということで、みんなで祝福することがあるという。
でも子供が死んだばあいは、悲しみしかない。
だから、永遠の苦しみを受けるという仏教の考え方は残酷すぎるという。

でも救いはあって、地蔵菩薩が助けにやって来ると信じられているのだ。

 

賽の河原

 

さて、ここからは日本と韓国のはなし。

きのうこんなNHKニュース(2018年12月11日)があった。

「元慰安婦が望むのは安倍首相の謝罪」韓国の国会議長

韓国の文(ムン)国会議長が慰安婦問題について、「元慰安婦が望むのは安倍総理大臣の謝罪だ」と言って日本に“適切な対応”を求めたという。

は~。
ため息以外に出るものがない。

日韓は何十年も慰安婦問題でもめていて、韓国はくり返し「心からの反省」や「真の謝罪」を要求してきた。
でも日本は何度も謝罪やお詫びをしている。
だから、そんなくり返しにウンザリする人も多かった。

2013年の中央日報のコラムには「いったいどれほど、さらに謝ればいいのか?」とたずねた日本人に、「上手にできるまで!」と韓国人記者が答えたという話がある。
この言葉は半分本気(=半分本気)だけど、こんなやり取りが本当にあった。

ミカサに言われるまでもなく、そんなやり取りは不毛だ。

だからどこかでケリをつけて、未来志向の日韓関係をスタートさせる必要があった。
それで日韓両政府は2015年に、慰安婦問題の最終解決で合意したのだ。
安倍首相はこの合意にもとづいて、心からのお詫びを表明する。
韓国側はこれと10億円の支援金を受け取った。
これで終わりなのだ。
普通の国なら。

 

合意から3年たったいま、韓国の国会議長はこう発言している。

「元慰安婦が望むのは金ではなく、安倍総理大臣の謝罪のひと言だ。歴史の前に時効はなく、首脳間の合意は何の役にも立たない。それがなぜできないのか。今からでも遅くない」

「元慰安婦が望むのは安倍首相の謝罪」韓国の国会議長

 

そうか。なるほど。
いや、おい待てこら。

いま大事なことは、韓国が日本との約束を守ることだろう。
具体的には、ソウルの日本大使館前にある慰安婦像を撤去することだ。
「それがなぜできないのか。今からでも遅くない」と言うのはツッコミ待ちですか?
韓国との約束をすべて守ると、こんなご褒美をもらえる。
やっぱり日韓関係はリセットしたほうがいい。

3年前に合意を結んだ目的は何か?
その大きなものは、「安倍総理大臣の謝罪のひと言だ。歴史の前に時効はない」と韓国が言い出さないことだ。

日韓合意は崩されて、また過去に戻ってしまった。
賽の河原で石を積む子供の気分だ。

賽の河原(賽の河原の石積み)という言葉には、「無駄な努力」とか「きりがない」という意味もある。
歴史問題について韓国文政権と話し合うことがまさにそれ。
一切は空にして無。
あると思っても実は何もない。

これについては、アメリカ人もイギリス人も「それはひどい!」なんて言ってはくれない。
日本と韓国で何とかするしかない。

でも、「首脳間の合意は何の役にも立たない」という相手と話し合ってどんな解決ができるのか。
やっぱり「は~」だ。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

マレーシア人「韓国人は疲れるよ~」①日本海?東海?呼称問題

東南アジアに反日感情はある?→「日本は、いつまで謝ってるの?」

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

日韓友好!を考えた。反省と謝罪が必要?じゃ、いいです。

それでも大切な日韓関係②反日行為のツケはいつか韓国が払う。

日本はいつまで韓国に謝罪を?「上手にできるまで!」ってムリ。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。