バックパッカーの今と昔:今も残る旅言葉「沈没」とスポット


 

始めの一言

*日本の庶民の楽しみについて
「気晴らしにしじゅう好きな植物を少し育てて、無上の楽しみにしている。
(ロバート・フォーチュン 幕末)」「日本絶賛語録 小学館」

 

IMGP9697

 

東京と名古屋で旅好きの人たちが集まると聞いて、ボクも行ってみた。
今回は、そのときに聞いた話や感想なんかを書いていきたい。

 

その前に、「旅」という漢字の雑学を一つ。

「旅」という漢字は、もともとは「戦いに行くこと」をあらわしていた。

戦車を連ねて軍団が進み、他の国へ遠征をする。
このことを「旅」といいました。
旅という字の古い形は(4)のように字の中に「車」が入っています。旗と人と軍がひとつになっている形です。
旗をひるがえし、物を車に積んで人々は進む、これが「旅」なのです。
「図説 漢字の成り立ち事典 教育出版」

 

IMG_8119[1]

画像は、「図説 漢字の成り立ち事典 教育出版」から

 

今回の内容

・今のバックパッカーも使う「沈没」という言葉
・沈没スポット

 

・今のバックパッカーも使う「沈没」という言葉

旅好き集まりに参加して意外だったのが、20代の若い旅人さんたちが今でも「沈没」という言葉を使っていること。

この場合の沈没は、バックパッカー用語でこんな意味になる。

沈没

長期間の海外個人旅行をしているバックパッカーなどが、旅行の本来の目的である観光を中断し、一つの街への滞在を目的としてしまうことを「沈没」と呼ぶ。
(ウィキペディア)

まあ、沈没をするようなバックパッカーが、旅行の目的を観光とはしているかは疑問だけどね。
「旅行」と言われると、「オレがしているのは旅だ!」と不機嫌になる人もいるかもよ。

 

それはおいといて、旅用語の沈没という言葉はあいまいな意味で、はっきりした定義なんてない。
長期で旅行しているバックパッカーが、しばらくある街にとどまっていれば、もうそれが沈没になる。

だから、本人が「沈没した」といえばそれが沈没なんだろうね。
こんな、かなりざっくりした言葉。

 

この沈没には、滞在する目的が特にない。

「ビザを取るためにその街にいる」
「旅の道具をそろえるためにいる」

そういった理由がなくて、ただその街にいてしまう。
目的はないから別の街に移動してもいいんだけど、居心地が良くてズルズルと長居してしまう。

 

沈没というのは、そんな「なんとなく、そこにいてしまう」といった受け身的なものだと思う。
今までに沈没している人に何人も会ったことがあるけど、そうした人からやる気や積極性を感じたことはない。
そういうのは無縁で、のんび~り気ままに過ごしていた。

インドには、沈没スポットが多数ある

 

この沈没という言葉が、バックパッカーの間でよく使われるようになったのは、1990年代からのようだ。

1996年に「旅ときどき沈没」が出版されていることから、1990年代から使われてきた。日本人旅行者には、主に東南アジアの都市で、宿泊施設や食事などの物価が安く、比較的治安が良く、ビザの取得が容易で、風光明媚な場所、日本人宿が存在する場所が好まれている。
(ウィキペディア)

 

「旅ときどき沈没」は「蔵前仁一」という人が書いた本で、ボクも読んだことがある。
沈没という言葉はこの人がつくったのかは知らないけど、この人が流行らせたことは間違いないだろう。

 

SONY DSC

沈没の聖地:カオサン・ロード

 

・沈没スポット

世界には、ついつい沈没してしまいたくなる街があるらしい。

ボクが昔よく聞いたのは、タイのバンコク・インドのコルカタ(旧カルカッタ)・バラナシ・プリーかな。

エジプトのカイロにも、沈没している人たちがいたな。
それまで過酷なアフリカ旅していて、カイロという都市が発展していて物価も安くて過ごしやすかったらしい。

 

それと忘れちゃいけない、中国の大理(だいり)という街。
ここも、日本人バックパッカーがたくさん沈没するスポットだった。
大理に行くと、その居心地の良さから「必ず撃沈される」という話を聞いたことがある。

大理で沈没していた日本人は、確か「ダーリーズ」と呼ばれていたような気がする。

 

沈没スポットの絶対条件は、宿代や食費が安いところ。
そうでないと、「お金がないない」言っているバックパッカーが長期滞在できるはずがない。
これは100%ボクの主観だけど、そこからは大ざっぱに2種類に分かれる。

バンコクやカイロといった都会。
食べ物もお酒もなんでもすぐに手に入るし、本当に便利。
都会だから、日本人旅行者にも出会いやすい。
そうすると、気の合う人と楽しい時間を過ごすことができる。

 

もう1つは、都会から離れてのんびりできるところ。
ポカラや大理などがそう。
ゆたかな自然はあるし、人はおだやかで時間がゆっくり流れているようなところ。
移動ばかりで疲れていると、癒されて沈没してしまう。

 

沈没スポットは、場所そのものに魅力があることはもちろんだけど、「そこに来るまでに、どんな旅をしてきたか?」ということも、重要な要素になる。

人がいないところを旅してきたから、久しぶりに日本語を使うのがうれしい。
人や都会に疲れていたから、雄大な自然に癒された。

そんなふうにして、ついつい沈没してしまうこともあるはず。

 

IMGP1402

インドには、氷河もある

 

若いバックパッカーに話をきいても、沈没という言葉の意味や沈没する街は昔とあまり変わっていない。

でも今では、エジプトのシナイ半島にある「ダハブ」が、沈没スポットになっているらしい。

 

ここは、「恋するダハブ」というおしゃれな呼ばれ方をしている。

ダハブはダイビング・スポットとして有名で、ダイビングのライセンスを取るために多くの旅行者が3、4日ここに滞在する。
それでその間、行動をともにすると自然と親近感や恋心が芽生えやすくなるという。
それでいつからか、「恋するダハブ」と呼ばれるようになったという。
こういう呼び方は新鮮で、「時代が変わったなあ」と感じる。

 

でも、それはボクがイメージしている「沈没」とはちょっと違う。
20年前の沈没スポットで、そんな素敵な場所はなかったぞ。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

 

海外旅行のトラブル「まさかの盗難」:列車・バス・タクシーでの注意

「旅」カテゴリー目次 ① 「旅」とは何か?

「旅」カテゴリー目次②

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話がで盛り上がる話題

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す