海外旅行での沈没:インドで出会ったイヤな旅行者・前編

 

始めの一言

「もしも花を愛する国民性が、人間の文化生活の高さを証明するものとすれば、日本の低い階層の人びとは、イギリスの同じ階級の人達に比べると、ずっと優って見える(ロバート・フォーチュン 幕末)」「日本絶賛語録 小学館」

 

13767220_10153733561403240_2953993253982211756_o

 

最近、「沈没」というテーマで記事を書いている。

バックパッカーがよく使う旅の言葉で、こんな意味。

沈没

長期間の海外個人旅行をしているバックパッカーなどが、旅行の本来の目的である観光を中断し、一つの街への滞在を目的としてしまうことを「沈没」と呼ぶ。 (ウィキペディア)

 

旅行者が、旅の途中で気に入った街に長期で滞在することを「沈没する」と言う。

今までの旅で、そうした沈没者に何人も会ったことがある。
多くは、ごくふつうの旅行者か良い人。

でも、迷惑な沈没者もいた。

今回は、そんな長期滞在者について書いていきたい。

 

その前に、「旅」という漢字の雑学を一つ。
「旅」という漢字は、もともとは「戦いに行くこと」をあらわしていた。

戦車を連ねて軍団が進み、他の国へ遠征をする。 このことを「旅」といいました。 旅という字の古い形は(4)のように字の中に「車」が入っています。旗と人と軍がひとつになっている形です。 旗をひるがえし、物を車に積んで人々は進む、これが「旅」なのです。 「図説 漢字の成り立ち事典 教育出版」

 

IMG_8119[1]

画像は、「図説 漢字の成り立ち事典 教育出版」から

 

・迷惑な沈没者

まわりに迷惑をかけない範囲だったら、好きなだけ沈没していればいい。
好きなときに起きて、食べたいときに食べて、寝たいときに寝る。
ある意味、毎日が夏休みで夢のような毎日だ。

そんな竜宮城での日々を過ごしていて、いざ現世(日本)に戻ったときに、どうなったとしてもそれは本人の責任。

 

自分がしたことが自分に返ってくるのはあたり前だけど、自分がしたことで他人に迷惑をかけるようなことはマズイ。

でも、そんな沈没者もいた。

 

インドに、ヒンドゥー教の聖地「バラナシ」という街がある。
初めてのインド旅で、ボクもここを訪れた。

このバラナシには、旅行者も見学できる火葬場があって、長澤まさみが泳いだというガンガー(ガンジス河)もある。

 

001042 (2)

さあ、長澤まさみを探せ!
って、いるか!

 

野良牛も歩いていていて、道のいたるところにフンが落ちている。

001048 (2)

牛のフンはないけど、写真には道のど真ん中で寝ている人がいる。

 

バラナシには、日本人のインドのイメージが凝縮(ぎょうしゅく)されていて、ここでしかないような魅力がある。
そのためか、ここで泊った宿には長期滞在している沈没者が何人かいた。

 

彼らはバラナシに魅かれて、そこにずっといたのかもしれない。
そうすると「なんとなく、居心地が良いからズルズルと長居してしまった」というタイプの沈没とはちょっと違うかな。

 

まあ、そんな細かいことはいいや。
この宿で、バラナシに数か月いるという沈没者に会った。

年は30歳ぐらいで、髪とひげは伸ばし放題。
日焼けして真っ黒な肌をしている。
細い体に短パンにTシャツというラフなかっこうで、ベッドの上で本を読んでいた。

 

その人に始めにされたことが、言葉の訂正。

ボクが使っていた言葉は間違っていたらしく、正しい言葉を使うようにとご指導をいただいた。

さあ、次の文から間違った言葉を見つけてみよう。

「ここからガンジス河には、どうやって行ったらいいですか?」

 

すると、「ガンジス河という言い方は、やめな」という。

「『ガンジス河』はイギリス人の英語の発音だから、地元のインド人が呼ぶ『ガンガー』という言い方をしな」

はあ。

ちょっといい方がイヤだな。
でも確かに、「現地のものは、その土地の発音でいう」というのは正しいことだし、礼儀にかなっている。

 

P1010217

 

ちょっと話がそれる。ごめんよ。

「現地のものは、現地の言葉で呼ぶ」ということは、世界的な風潮でもある。

たとえば、昔は「エアーズロック」と呼ばれていたオーストラリアの巨大な岩は、現在では「ウルル」と呼ばれている。

「ウルル」とは、現地のアボリジニーの言葉。

 

ウルル (Uluru) はオーストラリア大陸にある世界で2番目に大きい一枚岩である。ウルルは先住民であるアボリジニによる呼び名(ピチャンチャチャラ語(英語版))で、イギリスの探検家によって名付けられたエアーズロック(英: Ayers Rock)も広く知られた名称である。
(ウィキペディア)

 

ちなみに、「エアーズロック」はイギリス人の名前にちなんでつけられている。

「エアーズロック」という名称は1873年、イギリスの探検家ウィリアム・ゴスが探検行の途中で発見し、当時の南オーストラリア植民地首相、ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたものである。
(ウィキペディア)

 

まあ、そんなことをいったら「シドニー」や「キャンベル」もイギリス人にちなんでつけられた都市名だけどね。

 

P1010137

 

でもそう言っていたくせに、その沈没者はコルカタを「カルカッタ」と呼んでいた。
「カルカッタ」は、イギリス人が言った英語の発音だ。
彼の「現地化の法則」にしたがったら、「コルカタ」と言わないといけないはずなのに。

 

さらに、その沈没者はネパールの話をしていたときに、「エベレスト」とも言っていた。
「エベレスト」というのは、「ジョージ・エベレスト」というイギリス人にちなんでつけられた名称だぞ。

ぜんぜん、現地の呼び方じゃないじゃん。

 

でも、「エベレストを現地の呼び方で言う」となるとこれは難しい。

チベットでは、「チョモランマ」と呼んでいる。
ネパールでは、「サガルマータ(世界の頂上)」と呼んでいる。

チベット側の呼び方で呼べばいいか?
ネパール側の呼び方にすればいいか?

まあ、どっちでもいいか。

 

001059

これはエベレストではない
マチャプチャレ(魚のしっぽ)と呼ばれている山
どんだけでかい魚やねん

 

こんな言葉のご指導の後、ガンジ・・、いや、ガンガーまでの行き方を教えてもらった。

 

こんな感じでちょっとくせがある沈没者。

水や物を買って部屋に戻ってきた旅行者には、「それいくらした?」ときく。
そして、彼が思っていた金額より高い値段で買ったと知ると文句を言う。

「それ、ボラれてるよ。そういう値段で買うから、それが日本人料金になるんだよな。困るんだよなあ」

そんな、子どものようなことを言う。
まあ、この人を3歳の幼児だと思えばそんなに気にはならない。

でもこれぐらいなら、ちょっと面倒くさいぐらいですむ。

個人的に、すごくありがた迷惑だったのが、ボクがバラナシから出るときに彼がしたこと。

それは、次回に。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

海外旅行のトラブル「まさかの盗難」:列車・バス・タクシーでの注意

「旅」カテゴリー目次 ① 「旅」とは何か?

「旅」カテゴリー目次②

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話がで盛り上がる話題

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。