防衛省、ついに証拠動画を公開!次つぎバレる韓国側の”ウソ”

 

日本(防衛省)は「韓国海軍が自衛隊機に射撃用レーダーを照射した」と怒って韓国に抗議した。
でも韓国側はこれを認めない。レーダーを照射していないと主張。
それで日韓が対立状態におちいってしまった。

それでついに防衛省が証拠となる動画を公開した。
それがこれ。

*クァンゲト・デワンは韓国の駆逐艦のこと。この駆逐艦がレーダーを照射した。

 

韓国軍ははじめ、当日の天気が悪かったから、レーダーを使用したと主張していた。
でも動画を見てほしい。
悪天候はいずこ?
韓国軍関係者は「当時、波が高く気象条件が良くなく、駆逐艦のすべてのレーダーを総動員していた」と言っていたけど、この動画とは違う別の海のことなのか?
はい、まずひとつウソがバレました。

それと韓国側は、自衛隊機が低空で駆逐艦の上を飛んでいて、それこそが危険な行為と日本を非難していた。
でも動画を見るとそんな事実はない。
「海自機は駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行しており」という防衛省の言っていたことが正しかった。
はい、2つ目。

 

そして最後、韓国側は火器管制レーダー(射撃用レーダー)を照射していないと主張していた。
これが今回の件で一番重要なこと。
でも、駆逐艦が自衛隊機にしっかりとレーダーを照射している。

これは攻撃直前の行為だから、このあとミサイルが飛んできて撃墜されるかもしれない。

「避けた方が良いですね」
「砲はこちらを向いていない」

こうした現場の声が生々しい。
本当に命の危険にかかわる事態だったことがわかる。
韓国の説明はいったい何だったのか?

 

さらにいえば、韓国側は日本側の呼びかけに応じなかった理由として「電波が弱くて雑音がひどかった」と言っていた。
「悪天候のせいか?」と思っていたのだけど、動画を見たらこの日の天気は快晴で波はおだやか。
この平穏な状態で、聞き取れないほど電波が悪かったとは思えない。
韓国側は無視したのだろう。

 

防衛省の見解についてはこれをどうぞ。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

さて、このあとの韓国の対応が楽しみだ。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。