レーダー照射:首脳間対立にまで拡大させた韓国の引けない事情

 

「この戦争はクリスマスまでには終わる」

「クリスマスまでには帰れる」

そう楽観的に思っていた兵士たちは知らなかった。
この戦争が人類史上初の世界戦争になることを。
1914年~1918年までの第1次世界大戦では、戦車や毒ガスなど新兵器の登場もあって、誰も想像できなかったような規模にまで拡大してしまう。

でもはじめは多くの人が「この戦争は大したことにはならない」と簡単に考えていたのだ。
それでネットの世界で上の言葉は「死亡フラグの古典的名作」として知られている。

 

この記事(2019/01/04)を書いた朝鮮日報の記者もそんな気分かもしれない。

レーダー照射:韓日国防当局間で済む問題がついに首脳間対立にまで拡大

日本は韓国側に「レーダー照射を認めて、再発防止策を考えてほしい」と求めているけれど、韓国は「自衛隊機が韓国の艦艇に低空で接近飛行したことを謝罪しろ」と怒っている。

でも本来なら、これはここまでの大事にはならないものだった。
日韓の国防当局の間で解決する問題だったのだけど、いまでは国家間の衝突にまで拡大してしまった。
もちろんこれは韓国側に責任がある。
はじめはレーダーの照射を認めたけれど、あとになって「そんなことはしていない」と自分の説明を自分で否定する。
そんな不誠実な態度を続けるから、首脳間の対立にまで発展したのだ。

いまの日韓関係が本来のものではない、というのはこういうこと。

外交関係者の間では「韓日関係は1965年の国交正常化以降で最悪だ」という言葉も聞こえてきている。

これまでの日韓関係であれば、この問題はクリスマスまでとは言わないけど、昨年内には解決していただろう。

 

韓国外交部は「関係は最悪だ」と言っているにもかかわらず、国防部は反論映像を公開して、状況をさらに悪化させてしまう。

いまの韓国は日本に反撃しないと国民が許してくれない。

産経新聞の記事(2019.1.4)にそんな国内事情が書いてある。

日本を強く批判し謝罪を要求した以上、韓国政府は世論の手前もあり、強硬姿勢を崩せない。対日関係の一層の悪化を覚悟しているかのようだ。

韓国、世論意識し振り上げた拳下ろせず 反論動画公開

 

韓国が公開した反論動画を見ると、BGMや加工サムネイルなど国民受けをねらった作りになっている。
自説の正しさを世界に伝えるというより、国民の反日感情を抑えるためだろう。
韓国が覚悟しているように、これをすれば最悪の韓日関係はさらに悪化する。

それはわかっていても、いまの文政権は日本に弱気を見せられない。
国民から見放されつつあるから。
朝鮮日報の記事(2018年12月15日)では、それまでの支持層であった若者の「文離れ」が著しい。

文大統領支持率低下、20代の支持離れ顕著

昨年12月、政権支持率は過去最低を記録した。

 

いまの韓国にはこんな引くに引けない事情があるけれど、日本にもゆずれないものがある。
日韓友好より、自衛隊員の命を守ることを優先しないといけない。

 

これは驚いたのだけど、韓国が国のメンツにこだわり続けるばあい、日本は軍事機密を公開する覚悟があるらしい。

テレ朝ニュース(2019/01/04)

防衛省は今後、韓国側がレーダー照射の事実を認めない場合、証拠として記録したレーダーの波形を示すことも検討しています。

「目新しい根拠なし」 日本政府は“再反論”検討

韓国側がレーダー照射を認めなかったら、再発防止に取り組むはずがない。
ある意味、こうやってことを大きくして韓国側を困らせることが再発防止には効果的だ。

 

防衛省側は証拠動画(国内向けに日本語、海外向けに英語バージョン)を公開してから動きがないと思っていたら、1月6日に韓国語バージョンを公開していた。

한국해군 함정에 의한 화기관제레이더 조사 사안 관련

今回の日本はお家芸「遺憾の意」では終わらず、かなり攻めている。

 

防衛省幹部は、韓国側が非を認めて謝罪していたら、この問題は国防当局間で解決できたと言っている。
国民に知られることなく内々の話し合いで済んだことを、韓国側は事実を否定し続けることで、首脳間の対立にまで拡大させてしまった。

加害者が被害者に謝罪を要求するとか、地球の常識では考えられないことをした以上、韓日関係のさらなる悪化は当たり前。
これで日本が決定的証拠として、レーダーの波形を示したら韓国はどう出るのだろう?

この問題は今年のクリスマスまでに終わるのだろうか。

 

国家間の関係でも人間関係でも、謝るタイミングを失うと後戻りできませんね。
気をつけないと。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

日本人が触れたタブー②「欅坂46とナチス」事件→全面謝罪へ

海外旅行の注意、マナーとタブーの違いとは:「一線」を越えないように

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

慰安婦財団の解散、日本マスコミの反応は?“韓国寄り”編

 

2 件のコメント

  • これまでの日韓関係であれば昨年内には解決していた。
    でもそれって韓国が問題を起こしても内々に日本が折れて、関係を維持してきたって事でもあるんですよね。
    冷戦の時ならともかく今の韓国にそれだけの価値があるとも思えないし、健全な国家関係とも言えない、
    そろそろなあなあな関係はやめて普通に仲の悪い国同士の関係を築くべき時が来てるんだと思います。

  • 証拠映像の公開などの動きを見ていると、この件で日本が折れていたとは思えません。
    これまでの関係なら、韓国側が頭をさげて内々で終わっていたと思います。
    今回の件が大きくなったことで、海上自衛隊OBは「韓国海軍は謝りたいはずだ」と話しています。
    そうでなくてもアメリカが間に入ったりして、日本側が折れることなく解決したと思いますよ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。