インドの求婚広告と「マヌ法典」に見るカースト制度の由来

 

もう2月になってしまったけれど、いまから4日前、1月27日は何の日か知ってましたか?

世界的には、この日は「国際ホロコースト記念日」だった。
くわしくはこの記事をどうぞ。

国際ホロコースト記念日:ナチスがユダヤ人絶滅を考えた理由

 

でも日本で1月27日は「求婚の日」。

明治16年1月27日、結婚願望の強かった中尾勝三郎という男性が、妻を求めて新聞に求婚広告を出した。
これが日本初の新聞求婚広告だったということで、この日が「求婚の日」となる。
当時としては画期的なアイデアが光ったせいか、この求婚に応じた女性がいて、その後中尾さんはその女性とみごとゴールイン。

いまの日本の新聞には、仕事の求人ならあるけど求婚広告はない。
ボクが知らないだけで、まだどっかの新聞にあるのかも。

でも、インドならまだありまっせ。
下の写真は、列車で移動中に見つけたインド紙の求婚広告。

「TAMIL(タミル)」は南インドの地名。

 

左側の真ん中と横の広告に「CASTE NO BAR」と書いてある。
「CASTE」はヒンドゥー教のカーストのこと。
「BAR」は障害といった意味で、この人は「カーストは問わない」と言っている。

ちなみにカーストという言葉は、もともとポルトガル語の「カスタ(血統)」に由来する。
日本に「鎖国」という言葉がなかったように、インドにも「カースト」という言葉はなかったのだ。

 

さて、日本の学校で習うインドのカースト制度。
*いまはカーストではなく「ヴァルナ」と言うけど、ここではカーストと書くことにする。

ヒンドゥー教には、「バラモン」「クシャトリア」「ヴァイシャ」「シュードラ」の4つのカーストがある。
なんでこの4つが生まれたのか?
その由来のひとつに、ヒンドゥー教の聖典「マヌ法典」の記述がある。

マヌ法典ってのは、紀元前200~後200ごろにできたインドの法典。
高校の世界史用語集(山川出版)によると、「人類の始祖マヌが述べたといわれ、各ヴァルナの権利や義務が規定されている」というもので、インドだけでなく東南アジアにも大きな影響を与えた。

弥生時代に成立したマヌ法典に、カーストの由来が記されている。
*下の「ブラフマン」は、ヒンドゥー教の創造神のこと。

威光燦然たるかの者(ブラフマン)は、このいっさいの創造を守護するために(彼の)口、腕、腿および足から生まれた者たちに、それぞれ特有のカルマを配分した

(マヌ法典 中公新書)

 

神ブラフマンの口からは僧侶のバラモン、腕からは戦士のクシャトリヤ(ラージプート)、腿(もも)からは商人のヴァイシャ、足からは奴隷のシュードラが生まれた。
そしてブラフマンは、それぞれにカルマ(業・役割)を運命づけたのだった。

そんなストーリーを2000年ほど前に、支配階級の人間が神を利用してつくり上げる。
そしてそれを社会の統治構造に組み入れた。
これには神の威光があるから、否定したり逆らったりすることはできない。
インド人はそれをそのまま信じ続けてきて、いまのカースト制度になる。

「CASTE NO BAR」の背後には、そんな長い長い歴史があるのだ。

 

 

よかったら、こちらもどうぞ。

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。