【今でも世界は韓国寄り】日本好き外国人も慰安婦を「性奴隷」

 

こういうのを見ると本当にガッカリする。

知り合いのアメリカ人(20代女性)がフェイスブックで、こんなニュースをシェアしていた。

イギリスBBCの記事(3 February 2019)

Kim was one of thousands of so-called “comfort women” rounded up by the Japanese army and forced to work as sex slaves for years on end.

Obituary: Kim Bok-dong, the South Korean ‘comfort woman’

 

先月28日に、韓国で金福童(キム・ボクトン)さんという元慰安婦の女性が亡くなった。
BBCはこの記事で、「慰安婦」を「sex slaves(性奴隷)」と表現している。
これは「日本軍性奴隷制の被害者」という韓国の歴史認識そのまま。

 

事実にもとづいて言えば「性奴隷」という言葉は間違い。
日本軍が慰安婦を性奴隷にしたという根拠はひとつも見つかっていないのだから。

韓国政府も「性奴隷」という表現が不適切あることを認めている。
2015年に慰安婦合意を結んだとき、日本が韓国政府に今後は性奴隷という言葉を使わないように求めたところ、韓国の公式名称は「日本軍慰安婦被害者問題」だけであることを韓国政府が確認した。

このことはハンギョレ新聞の記事(2017-12-29)にくわしく書いてありますよ。

日本側「挺対協説得」「性奴隷の単語禁止」…ほとんどすべて聞き入れた韓国側

おまけに言えば、去年2018年に国連で「性奴隷」という言葉が使われたとき、日本政府代表が「事実に反し、不適切」だと抗議した。
くわしいことは産経新聞の記事(2018.8.17)をどうぞ。

日本、慰安婦指摘に反論 「性奴隷は事実に反する」と主張 国連差別委員会 委員から謝罪要求の声も

日本国内では、こういう誤解はなくなりつつある。
いまでも慰安婦を「性奴隷」と言うのは、一部の過激な思想を持った人だけだろう。
でも国連で使われたように、この表現は何の根拠もないままま「歴史的事実」として独り歩きして、いまでも多くの人が信じている。
国際社会に大きな影響力のあるイギリスBBCまで「sex slaves」と書いているのだから、慰安婦問題について、世界にはまだ「韓国寄り」の見方が多いことが分かる。

 

この記事をシェアしていたのは、日本の中学・高校で英語を教えていた日本大好きのアメリカ人。
アニメや伝統文化が好きで日本人の友達も多く、日本での生活も気に入っていた。
そんな親日アメリカ人でも、「sex slaves」を信じているというのは個人的には衝撃的。

このシェアには、別のアメリカ人がこう書き込んでいる。

「So many women across Korea and China we forced to be comfort women. It’s utterly disgusting that the Japanese didn’t care of age, from 4-80. They fucking raped the queen of Korea.」

韓国や中国のとてもたくさんの女性が(日本軍によって)強制的に慰安婦にさせられた。
日本人が年齢を気にしていなかった(4〜80歳)ことは本当におぞましい(ムカつく)。
彼らは韓国の女王をレイプした。

*「the queen of Korea(韓国の女王)」というのは(ブログ読者さんの指摘で分かったのだけど)、たぶん閔妃(びんひ:明成皇后(めいせいこうごう)」のこと。
でも閔妃は王妃であって、「女王」ではない。
この閔妃が日本人によって殺害、強姦されたという説は韓国で広く信じられている。
でも、殺害犯をふくめて真実は不明。
くわしいことは1895年の「乙未事変(いつびじへん)」を見てほしい。

 

さて上のアメリカ人の言葉だけど、「強制的に慰安婦にさせられた」という説には根拠が何もない。
日本軍が4歳から80歳までの女性を慰安婦にしたという話はあまりに現実離れしていて、小説でも無理なレベル。
このアメリカ人はフェイクニュースを心から信じていて、感情のままに文章を書いている。
でも、慰安婦問題についてよく知らない外国人はこれを見て事実と思ってしまうのだろう。

これに対して知り合いのアメリカ人は、「i agreed. Pretty much everywhere.」と同意しているから、ガッカリを通り越して私は悲しくなりました。

 

根拠があってもなくても、一度「真実」になってしまうと、修正することは本当にむずかしい。
とくに女性の場合、慰安婦問題は感情移入がしやすいから、「性奴隷」を事実と思い込むとそこからなかなか抜け出せない。
前にそういうアメリカ人女性に「その証拠を見せてほしい」と言ったら、「日本は歴史を否定するな!直視しろ!」と猛反発されたことがある。

BBCの報道にはイギリスの日本大使館が反論してほしいところだけど、きっと「大人の対応」で何もしない。
慰安婦問題は日本と韓国の間では2015年の合意で終わったけれど、「世界には無知と誤解が広がっている」という点では、この問題はまだ何も終了していない。

日本好きの外国人でも、こんな韓国サイドの歴史認識を持っているのだから前途は多難だ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。

 

こちらの記事もいかがですか?

【慰安婦問題】韓国文大統領の「被害者中心主義」の被害者たち

今の韓国人は漢字をどう思う?漢字を読めないハングル世代はいつから

韓国のソウルを漢字で書けない理由:漢城?京都?首爾(首尔)?

日本語に似ている韓国語。その理由は幕末~太平洋戦争にあり。

日本と韓国の不公平。反日教育・日本語を許さない社会。

 

4 件のコメント

  • 間違っていたらすみません。「They fucking raped the queen of Korea」はおそらく文字通り閔妃殺害の事を言ってるのではないでしょうか(rapeの方が比喩的表現)。ネットを見てると日本批判の際に閔妃暗殺を持ち出す韓国人はとても多いです。

  • ありがとうございます!
    きっとのあなたの言う通りです。
    亡くなった金さんは韓国では、慰安婦問題の象徴的人物でしたので「queen」と書いたのかと思いました。
    でも、やっぱり不自然ですね。
    具体名はありませんが、きっと閔妃のことでしょう。
    ご指摘ありがとうございます。
    すぐに訂正します。

  • ありがとうございます。あともう一つ、閔妃は高宗の妻なので正確に訳すとすれば
    queenは「王妃」だと思われます。
    いつも拝読して勉強させていただいております。親日外国人に反日的歴史認識者が
    多いというのはホントに事実で、ネットを見るたび残念でくやしくて血圧上昇します(笑)。
    また歴史認識に限らず現代の社会問題を語るときにも、(欧米メディアを見てもそうですが)、
    差別意識や偏見に満ちた批判が多いですね。

  • 重ね重ねご指摘ありがとうございます。
    本当にその通りです。
    「クイーン」を訳しただけでした。
    閔妃は朝鮮女王ではありませんね。

    アメリカ人でも、アメリカは好きだけどアメリカ政府は嫌いという人は多いです。
    日本は好きでも日本政府はそうじゃない、という発想なのかなと思います。
    それと感情的に動かされると、修正はむずかしいですね。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。