米国らしい発想:いじめられっ子と銃被害者が議会で向き合う

 

半径“ボクのまわり”だけど、その圏内ではアメリカのトランプ大統領はとても嫌われている。

「あいつは人種差別主義者だ」
「憎悪をまき散らして、アメリカ社会を破壊している」

とこんな感じで、トランプ大統領に文句を言う人しかいない。
きょうもフェイスブックで、「He’s living in his own fake reality…as everyone already knows.」と文句を言うアメリカ人を見た。
「トランプ氏はウソの世界に生きている」らしい。
誰でも知ってるように、かは分からないけど。

 

トランプ大統領が嫌いな人は、トランプ支持者も好きじゃない。
前にアメリカ人からその理由を聞いた。
その人がアメリカで友人の結婚パーティーに行ったら、「MAGA(Make America Great Again:アメリカ合衆国を再び偉大にしよう)」という帽子をかぶった人間を会場で見つけた。
「MAGA帽子」はトランプ大統領の支持者がかぶるもの。

「お祝いの場でそんな政治キャンペーンをする人がいるんだ」とボクが驚いたら、「でしょ?それがやつら。トランプを支持する人はごう慢で空気を読まない人間ばかり」とアメリカ人が言う。

このときは反トランプの人とちょっとした言い争いになったらしい。

 

MAGA帽子をナチスのハーケンクロイツになぞらえる人もいる。

これはあるアメリカ人のコメント。

They’ve always loved the color red.
The color of blood that is supposed to strike fear into your heart.
The color that says “Get out or we’re coming for you! Ya better run!!”
Well, don’t be afraid.
They may outmuscle and outgun us, but we outsmart them.

 

さて、きょうトランプ大統領が米議会で一般教書演説をおこなった。

アメリカの一般教書演説は日本の施政方針演説に当たり、とても重要な演説だ。
世界の注目度も高い。

議場でこの演説を聞いていたのは、アメリカの議員や政府高官だけではない。
大統領や議員は自分の好きな人をこの場に招待することができる。
日本の施政方針演説で一般人を招待することはできない(はず)。

移民を嫌うトランプ大統領は不法移民に家族を殺害された人を招待した。
価値観や政策に合った人をそばに置くことで、自分の訴えをさらに強調するねらいがあるのだろう。

さらにトランプ大統領はトランプ君を呼んでいた。

いまアメリカでは、トランプという名前の子供が学校でいじめられるケースが起きている。
それを知ったトランプ大統領は一般教書演説に、小学6年生のジョシュア・トランプ君を招待した。

AFPの記事(2019年2月5日)

トランプ氏、学校でいじめられた同姓の少年を一般教書演説に招待

ジョシュア君はとても勉強ができるのだけど、「残念なことに名字のせいでいじめを受けている」という。
議会に招待されたトランプ君は、「ファーストレディーおよびトランプ家の支援に感謝している」と小学生離れしたことを言っている。

「前田敦子は嫌いでも~」と同じ理論で、トランプ大統領やその支持者が嫌いでも、同じ名前の人間を嫌いになってはいけない。

でもこれは大丈夫だろうか?
トランプ大統領に招待されたら、余計にいじめられないだろうか?

このニュースにネットの反応は?

・トランプで日本で言ったら花札みたいな名前ってことでしょ
カッコイいじゃん
・小学校の同級生にヤマグチ君というありふれた苗字の奴いたが、あだ名が組長だった
・同級生にいた宮崎ツトム君が不憫だった
・珍しい苗字の人はそれだけでイジられるのはしょうがない。
なぁ大豆生田 おまいの事だよw

 

大統領が自分の好きな人を招待できるなら、演説を聞く側にもその権利は認められている。
今回、野党議員はトランプ政権の「被害者」を招待した。
銃規制に反対するトランプ大統領に見せつけるように、フロリダの高校で起きた銃乱射事件の遺族などを議会に招いている。

結果的に、いじめられっ子と銃被害者が向き合うようになってしまった。
こんなのは日本の国会ではあり得ない。
権利の尊重、機会の平等、アピールの仕方などアメリカらしい発想が集約されていると思う。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。

 

こちらの記事もいかがですか?

ヨーロッパ 「目次」

明治の文明開化に庶民はパニック!ポストや電線を見た日本人の反応は?

世界よ、これが明治日本の正義感だ! マリアルス号事件・人種差別撤廃

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話が盛り上がる話題

ヨーロッパの移民政策は失敗? 移民問題(受け入れ)って難しい。

 

2 件のコメント

  • オバマ大統領が当選、再選された時に、アンチオバマはこれほどの抗議をしていた記憶が私にはありません。どうしてここまで反トランプ派は意気軒昂な姿を見せるのでしょうか?他者の意見を尊重する事を重要視する文化だったと思うのですが。ポリコレや文化盗用のレッテル貼りのような独善性を強く感じます。韓国の道徳的優位や正義心と似ていませんか?

  • オバマ大統領にはアンチが少なかったように思います。
    反トランプには高学歴の白人や宗教的ではないリベラルな人が多いです。
    そういう人は移民や人種問題に関心があるから、トランプ大統領には厳しいですね。
    韓国ほどの独善的な正義感はないと思いますけど、彼らのトランプ批判にはついていけないところはあります。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。