韓国メディアも気にする5chと日本の嫌韓ネットユーザー

 

「国会」とは、主権者である国民の代表者が集まって議論をするところ。

そんな厳粛な空間で、野党議員が文大統領を「金正恩の首席報道官」と呼んだことで、韓国の国会が大荒れになってしまった。

与党議員は激怒して、「謝罪せよ!」「大統領に対する冒とくだ!」とつばを飛ばす。
議員同士のもみ合いも起きて、「国会が汚れた」と韓国メディアはため息をつく。
まあ、高望みしてはダメだよ。

くわしいことは朝鮮日報の記事(2019/03/13)をプリーズ。

「文大統領は金正恩の首席報道官」、発言巡り韓国国会紛糾

 

与党議員はこの発言を「大韓民国の国家元首に対する冒とく罪だ」と全身で怒るのだけど、じつはこれってブーメラン。
いまの与党「共に民主党」が野党だったころには、当時の大統領に対して「鬼胎」や「ねずみ男」とひどいことを言っていた。なのにそれはスルー。
「オレはいいけど、オマエは謝れ」という態度も国民を代表しているのだろうか。

ただこの野党議員は大事な指摘もしていた。

「(文政権が)韓国の外交を反米、反日に引っ張っていないか心配だ」

こんなもっともなことも言ったのだけど、国会が動物園になってあまり注目されなかった。

 

「文大統領は金正恩の首席報道官」というのは、文氏を北朝鮮のあやつり人形と言っているのと同じ。

国会でこんな発言が出たら大騒ぎになるのは当たり前。
それでニュースになるのは理解できるけど、この中央日報の記事(2019年03月13日)には驚いた。

「羅卿ウォン妄言」論争に日本ネットユーザー「正しいこと言っている」

韓国の全国紙が日本の2チャンネルや5チャンネルへの書き込みを「マジ」で取り上げている。
野党議員の言葉に対して、「日本の嫌韓ネットユーザー」や「嫌韓指向のネットユーザー」による書き込みをけっこう紹介している。

「正しいこと言ってますね」
「これは親日認定で議員権限剥奪ですわ」
「国家機密漏えい罪ですぞ」

ホントに2chの書き込みそのまま。
さらにこんなことまで書いてある。

「民主党はどこの国でも売国奴」として共に民主党を日本の野党である民主党とまとめて非難した。ほかにも「民主党というだけで終わってるのがわかる」「事実を言われるとキレるのは日本の野党と同じ」というコメントもあった。

 

ネット掲示板への匿名書き込みなんて「便所の落書き」とか「ゴミ」とか言われていて、その価値はゼロかむしろマイナスだと思っていた。
いままで15年以上韓国紙を見てきたけど、全国紙が「便所の落書き」をここまで取り上げているのはこれが初めて。

韓国メディアの記者も日本の5chをのぞいて、「嫌韓ネットユーザー」の書き込みを意外と真剣にチェックしているらしい。
たまには書き込んでるだろ。

いっそのこと韓国の国会でも、「大統領、あなたはそう言うけれど、日本の5chでは~」とか言ってほしい。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。

 

こちらの記事もどうですか?

”偉大な交渉家”文大統領①世界は彼をそう評価した(遠い目)。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。