「ポルポトはアジアのヒトラーだ!」なんで?虐殺の理由は違うけど

 

始めの一言

「マハティールは、日本を直に視て、日本が成功した要因をひとつひとつ発見していきました。それは『愛国心、規律正しさ、勤勉さ、能力管理のシステム』であり、それを真似するため、文化をも吸収しようとした、と言っています。
(日本賛辞の至言33撰 ごま書房)」

 

mahathir_mohamad_addressing_the_united_nations_general_assembly_september_25_2003

マハティール・ビン・モハマド(ウィキペディア)

 

マハティール・ビン・モハマド

((Mahathir bin Mohamad、1925年7月10日/12月20日 – )は、マレーシアの政治家、医師。マレーシア第4代首相。マレーシアの首相の中では最長の22年間を務めた。

開業医から政治家に転じ、欧米諸国ではなく、日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた。
(ウィキペディア)

 

今回の内容

・ソ連によるホロドモール
・「ホロコースト」の意味は?
・「ホロドモール」の意味は?

 

・ソ連によるホロドモール

前回、ソ連がつくり出した「ホロドモール」という人工的な飢饉(ききん)ということについて書いた。

 

1932年から1933年にかけて、当時ソビエトだったウクライナにおいて、大規模な飢饉が発生しました。

この大飢饉が当時のソ連の計画的な飢餓ではないかとする議論が長年続いていたのです。2006年にウクライナ議会は、「ウクライナ人に対するジェノサイド」であると認定しました。

また、米英など西側諸国においても同様の見解が示されており、ソビエト連邦による犯罪行為であるとしています。

ソ連の行った計画的飢餓「ホロドモール」が残酷すぎる

 

golodomorkharkiv

飢餓により街頭に倒れ込んでいる農民と気を払うことなく通り過ぎるようになった人々。(ウィキペディア)

 

001078

かつて黒人奴隷を収容していたところ(ガーナのケープ・コースト城)

アフリカの負の世界遺産(黒人奴隷):ガーナのケープ・コースト城

 

この「ホロドモール」を、現在のウクライナ政府は「ウクライナ人に対するジェノサイド(虐殺)」としていた。

 

2006年にウクライナ議会は、「ウクライナ人に対するジェノサイド」であると認定した(ウィキペディア」)

 

*ただ、2010年にロシア寄りの大統領は、「ソ連に含まれていた諸民族共通の
悲劇(ウィキペディア)」と認識を変えている。
ロシアを重視するかどうかで解釈が変わる。
歴史問題だけど、同時に政治問題である。

 

・「ホロコースト」の意味は?

最初、ウィキペディアの「ジェノサイド(Genocide:虐殺)」という言葉を見てこう思った。

 

ホロドモールの「ホロ」って、ナチス=ドイツがおこなったホロコーストの「ホロ」と同じ言葉じゃないの?
ホロコーストは、ヒトラー(ナチス=ドイツ)がおこなったユダヤ人の大虐殺のこと。

ホロコースト

600万人が殺されたと言われる、ナチス=ドイツによるユダヤ人虐殺のこと。この用語は「旧約聖書」に由来する。ユダヤ人絶滅を目指し、アウシュビッツなど各地の収容所で計画的に虐殺がおこなわれた

(世界史用語集 山川出版)

 

この「ホロコースト(Holocaust)」という言葉は、ここに書いてあるように旧約聖書にある言葉からつくられた造語。

一般の「大虐殺(Genocide)」とは違う。

 

元来はユダヤ教の宗教用語にあたる「燔祭」(獣を丸焼きにして神前に供える犠牲)を意味するギリシア語で、のち転じて火災による大虐殺、大破壊、全滅を意味するようになった
(ウィキペディア)

 

ホロコースト

ギリシア語起源の言葉で,ユダヤ教で神に供える犠牲に由来する。転じて全滅,大虐殺の意となり,とくにナチスによるユダヤ人の集団的虐殺をさす。

(百科事典マイペディアの解説)

 

ときどきブログや本で、カンボジアのポルポトを「アジアのヒトラー」と書いてあるのを見る。
確かにヒトラーもポルポトも、100万以上の人を殺した「虐殺者」ということでは同じ。

その点では、ポルポトは「アジアのヒトラー」だ。

 

だけど、ヒトラーがした虐殺とポルポトがした虐殺とでは、動機や目的が違う。
ナチス=ドイツの虐殺は「ホロコースト」。
カンボジアのポルポト派による虐殺の場合は、英語を見ると「ジェノサイド(Genocide)」か「マスカー(Msacre)になっている。

 

 

ポルポト派の虐殺には、上の説明にある「ユダヤ教」は関係ない。
ナチスのホロコーストとは種類が違う。

「ポルポトはアジアのヒトラー」とするのはいいけど、この2人の虐殺を「同じもの」とはしないほうがいいよ。
虐殺の目的が違うから。

001055

ポルポト派の虐殺の現場(カンボジアのキリングフィールド)

 

・「ホロドモール」の意味は?

ボクの予想と違ってソ連による「ホロドモール」という言葉は、ホロコーストとは関係なかった。
クリスチャン・トゥデイの記事によると、「飢餓による餓死」という意味のウクライナの言葉だった。

 

ウクライナ語で「飢餓による苦死」を意味するホロドモールと呼ばれるこの悲惨な出来事

ウクライナ、22日に犠牲者追悼式 翌日に東京の教会でも ソ連による人工的大飢饉から81年

 

よ~く見たら、ウィキペディアにも書いてあった。

ウクライナ語で「飢饉(ホロド)」で「苦死(モール)」させることを意する。

(ウィキペディア)

 

ホロドモールは「ソ連による人工的な飢饉」ということでいいけど、ヒトラー(ナチス)による虐殺は「ホロコースト」で、ポルポト派による虐殺は「マスカー」か「ジェノサイド」。
「同じ虐殺」じゃないよ。

 

今回の復習

・「日本の経済成長を見習おうというルックイースト政策をはじめ、長期に及ぶ強力なリーダーシップにより、マレーシアの国力を飛躍的に増大させた」政治家はだれ?。
・ヒトラー(ナチス=ドイツ)がおこなったユダヤ人の大虐殺をなんという?
・「アジアのヒトラー」と言われたカンボジアの指導者はだれ?

 

 

答え

・マハティール
・ホロコースト
・ポルポト

 

良かったら、ボタンをポチっとお願いします。
めっちゃ、やる気がでます。

 

こちらの記事もいかがですか?

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ①

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ① 

アフリカ・カテゴリー「目次」

中国を知ろう! 「目次」 ①

「インド・カテゴリー」の目次 ③

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。