「イギリスでラーメンは一杯2000円なんだ。でも、ファーストフードだね。


 

(空港バスのバス停へ向かう途中。車の中で、アメリカ人とイギリス人と旅行したときのことを思いだしているところ)
「高速道路の料金って、英語で何て言うの?」
とイギリス人に聞いたところ、ちょっと考えた後、「Toll feeでいいわ」と言う。

 

「でもね、イギリスでは普通は、そんな言葉を使わないの」
と言って、イギリス人が日本の高速道路料金のケチをつけ始めた。
「日本の高速道路の料金は高い!」ということではなくて、高速道路の料金を払うこと自体がイヤらしい。

 

ボクは、食事をしてチップを払う方がイヤだけどね。
「チップを払うのはいいの。でもね、高速道路を利用するのにお金を払うのがイヤ。イギリスでは、高速道路はタダなの」
タダ!へえ、イギリスって、高速道路の料金はないんだ。
「アメリカもタダよ。橋を通るときには、通行料がかかることもあるけど」
何と、アメリカもタダ。

 

「何で、日本はお金がかかるの?」
知らんよ、むしろ、こっちが教えてほしいわ。
日本でも、高速道路の無料化をしようとする動きがあることはあった。
民主党が「高速道路無料化を実現します!」と言っていたから、「ついに、そうい
う時代が来るのかあ」と、期待していたのに。

 

高速道路の料金どころか、先になくなったのは民主党じゃないか。

 

「高速道路の料金を払いたくない!」

と言うこのアメリカ人とイギリス人が、ケチということはない。特に、アメリカ人の方は、はっきりいって金銭感覚がない。

 

イギリスでもアメリカでも、「高速道路は無料が当たり前」が常識だから、「タダだと思っていたものにお金を払う」ということが、感覚的に抵抗があるらしい。
まあ、ボクがチップを出すのに抵抗があるのも、同じ理由なんだろう。
「タダが当たり前」と思っていることにお金を払うのは、誰でもイヤなものだ。結局は、育った社会の違いや慣れの問題だなんだろうなあ。

 

そんなことを考えて運転していると、バス停に到着した。
案内係のおじさんに、駐車場まで誘導される。
まだ、朝5時30分なのに。お疲れ様です。

 

自宅を出て、高速道路を使って、駐車場に車を停めるまでの間、何のトラブルもなく進んでいる。こんな日本が大好きだ。

 

前の記事にも書いたけど、今回の旅は、一眼レフを持っていくのをやめることにした。
にもかかわらず、車から出るとき、「やっべえ、一眼レフを持って来るの忘れた!」と本気で車内を探してしまった。
こんな自分と付き合って、もう40年になる。この「うっかり」は、一生治らない自信がある。

 

バス停の券売機でバスチケットを購入する。
ここからセントレアまで、2300円ナリ。
チケットをバスの運転手に渡して、バスの座席に座る。
後は、出発時刻の5時35分を待つだけ。
本当は眠りたかったけど、これから海外に行くという興奮で寝つけない。

 

ぼ~っと考え事をするくらいしか、やることがない。
このとき、バスチケットの券売機を見て、イギリス人とラーメンを食べに行ったときのことを思いだした。

 

「ラーメンを食べたいんだよ、おいしいラーメン屋へ連れて行ってくれ」

 

と、イギリス人の友人がうるさいから、ミシュランで星を取ったラーメン屋に連れて行くことにした。

IMG_7753[1]

 

話を聞くと、最近では、ロンドンにもラーメン屋ができては、日本と同じ味のラーメンが味わえるらしい。
でも、そのラーメンが一杯2000円もするという。

「ラーメンが一杯2000円!?」

思わず聞き返してしまった。

 

「本当だよ、だから、日本にいる間に、できるだけラーメンを食べたいんだよ」

 

日本で、ラーメンに2000円の値を付けるのは、かなりのチャレンジだ。
でも、何でそんなに高いんだろう?

 

「ロンドンには、ラーメン屋がまだ少ないからさ。競争がないんだよ。だからそんな値段でも仕方がない」

その値段でも食べに行くロンドンっ子が、よく分からない。
珍しいのか、おいしいのか?

 

でも、それ以上に、よく分からなかったのが、そんなに高い値段がするのに、彼の中では、ラーメンは「ファストフード」に入るらしい。

 

この感覚はボクとは違う。
ラーメン屋が、マクドナルドやケンタッキーなどと同じファストフード店に入るのか?微妙なところだれど、ボクの中では、別だ。

 

「でも、おまえは、彼女を連れてラーメン屋に行けるのか?」

う~ん、「安定期」に入っていれば行けるけど、初めての食事でラーメン屋はないな。

「だろ?そういうことだ。そういう店が、ファストフード何だよ」

まあ、どっちでもいいや。
そんなことより、気になることがある。
このイギリス人は、ラーメンを食べるとき、麺をすするのだろうか?

 

おまけ

2016年の10月、ニューヨークにラーメンの「一蘭」がオープンする。
そのニューヨーク店の豚骨ラーメンも1杯2千円弱する。
かなり強気だなあ。

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

このブログには、姉妹編があります。
良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ「英会話で『ええ会話』」

これを英語で言うと?

・今度の火曜日に、ラーメンを食べに行きましょう。
・いいですね。私は、ラーメンが大好きです。
・ロンドンでは、ラーメンが一杯2000円します。


英検2級と学ぶ英会話⑯ 「ロンドンでは、ラーメンが一杯2000円くらいします」

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。

ワシントンの桜祭りを「アジア祭り」に変更? それは困ります!

ええっ?ワシントンの桜祭りや桜は韓国が起源なの!? (ヾノ・∀・`)ナイナイ


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す