アメリカ人と京都旅行 ~日本人とキリスト教徒の宗教観の違い~ 1~5


 

(吉田松陰らと会って)
「自分達の目的は合衆国につれて行って貰いたいのであり、世界を旅行し見聞き度いと云う希望を合衆国で充たし度いのだと打ち明けた。彼等は教養ある人達で支那言語(中略)を流暢に形美しく書き、その態度も低調で極めて洗練されていた。(ペリー 幕末)」「日本絶賛語録 小学館」

吉田松陰は、これが原因となって、処刑された。
自由にアメリカに行ける現在って、素晴らしい!!

 

1、アメリカ人と京都旅行①~アメリカ人が見た京都と日本~

「京都に行ってみたい」と、友人のアメリカ人が言うから、京都を案内することになった。アメリカ人の目から見た京都を知りたいし、古都をとおしてアメリカ人の価値観や考え方に触れてみたい。それに、ボクが知らなかった日本を発見してくれるかもしれない。 「アメリカ人の修学旅行」について聞くだけでも、いろいろな発見があった。

 

2、アメリカ人と京都旅行②~和製英語って「AWESOME」でしょ~

バカバカしい発想がアメリカ人(彼女)は大好きだという。このとき、彼女が使っていた「AWESOME(オウサム)!」は、アメリカ人がよく使う。そんなアメリカ人から見ると、日本には、おかしい英語がたくさんあるらしい。高速道路の「speed down」、「DIY」の看板、「FREE BALL」などなど・・。

 

3、スター・ウォーズのもう一つの見方~なぜ帝国側はイギリス英語を、反乱同盟軍側はアメリカ英語を話すのか?~

「スター・ウォーズ」で、帝国側がイギリス英語を話して、反乱同盟軍側がアメリカ英語を話すのは、偶然ではない!?アメリカ人に聞くと、これはイギリスと戦ったアメリカ独立戦争のイメージがあるようだ。アメリカ英語とイギリス英語は違い、アメリカ人がもつイギリス英語のイメージというのも、日本人のボクからすると面白い。

 

4、アメリカ人と京都旅行③~清水寺のおみくじで、ギャンブルを!?~

アメリカ人と2泊3日で、京都の神社仏閣めぐりをした。アメリカ人は、やはり、発想が違う。アメリカ人にかかると、清水寺も「ラスベガス」になってしまう。「Just for fun!」のアメリカ人らしさがある。しかし、アメリカ人に言わせると、日本のギャンブルの発想の方が不思議に感じるらしい。

 

5、アメリカ人と京都旅行④ ~「日本人は、神や仏を選んでない?」~

「お守りを買いたい」というアメリカ人だけど、どこのお寺で買っていいか分からないと言う。でも、日本人のボクも、どこがいいかという基準は知らない。「どこでもいいよ」と言うしかないでしょ。結局、三十三間堂の千手観音菩薩像に圧倒されて、そこで買うことに。ふと彼女が言う。「これって、人が神や仏を選んでいることにこならない?」

 

アメリカ人と京都旅行⑤~キリスト教の「GOD」と日本の「神」の違い~

「宗教に関係なく、自分の好きなとこ ろでお守りを買う」っていうのは、結局、「人が神を選んでいる」ってことじゃない?言われてみたら、確かに。何か願いがあれば、キリスト教徒なら教会に行くだろうし、イスラム教徒ならモスク(イスラム礼拝所)に行くだろう。これは、アメリカだけではなく、世界の常識だ。日本人はおかしいのかもしれない。

 

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す