外国人には「なぜ?」の和製英語:コスパ・ハイタッチ・ハイテンション

 

今回の内容

・ハイタッチ
・コスパ
・ハイテンション
・スキンシップ

 

・ハイタッチ

外国人と話をしていると、「これって和製英語なんだ」と気づく言葉がけっこうある。
日本人には通じるけど、外国人には「は?」という謎の言葉。

 

そんな和製英語には、たとえば「パワースポット」がある。
外国人に「パワースポットってどんな意味だと思う?」と質問すると、いろんな答えが返ってきて面白い。

「パワースポット?いや、分からない。wifiが飛んでる場所?」
「スポーツジムで筋トレしているような場所?」

知り合いのアメリカ人やイギリス人にきくと、そんな答えが返ってきた。

今回は、日本人にしか通じない和製英語を紹介したい。
外国人に質問してから、その言葉の意味を言うのもいいかも。

 

20160827img_3748

 

・ハイタッチ

最近ボクが知った和製英語に、「ハイタッチ」がある。
スポーツや飲み会で「イエーイ」と手を合わせる「ハイタッチ」は日本人が使う英語で、外国人は使わない。
アメリカ人やイギリスは、「ファイブフィンガー」と言っている。

 

ハイタッチは専ら日本語で使用される和製英語であり、日本国外ではハイファイブ(英語: high-five)と呼ばれる。

(ウィキペディア)

 

・コスパ

「コスパ」もそう。
安いわりには多くのものを得られたときに、「コスパがいい」という。
でも、これがイギリス人には通じなかった。

「これは、『コスト‐パフォーマンス(cost performance)』のこと。それを省略して『コスパ』になるんだよ」

日本人はよく言葉を省略する。

ベースアップを「ベア」、「アパートマンション」を「アパマン」というように、日本人が自己流に省略することで、アメリカ人やイギリス人には元の意味がさっぱり分からないような言葉がたくさんある。

 

ボクは、「コスパ」もその一つだと思っていた。
つまり、「コスト‐パフォーマンス」は外国人も使うちゃんとした英語だけど、それを日本人が「コスパ」と省略してしまって、外国人には理解できない言葉になったのだと思っていた。

 

そしたら、違った。
そのイギリス人はこんなことを言う。

「『コスト‐パフォーマンス』って何?その言葉の意味が分からんのだけど」

 

あれ?
「コストパフォーマンス」という言葉自体が通じない。
これは意外。

 

「コスト‐パフォーマンス」という言葉が和製英語だったらしい。
じゃ、日本人が言う「コスパ」は英語だと何というのか?

そのイギリス人に言わせると、「リーズナブルかなあ」とのこと。
ネットでみると、「グッドバイ(good buy)」とも書いてあった。

日本人が使う「コスパ」には、いろいろな英語があるんだろう。

 

img_84561

イギリスでは、みかんを「サツマ」という。
江戸時代にあった薩摩藩の「さつま」のこと。

 

・ハイテンション

「ハイテンション」という言葉も和製漢語で、外国人には通じない。

ハイ‐テンション(high tension)

感情の高ぶった状態。また、緊張感の強い状態。
「ハイテンションで歌いまくる」

(デジタル大辞泉の解説)

 

友人のアメリカ人は、こんなふうに言っていた。

「『ハイテンション』は、高い緊張状態のことをあらわす言葉なんだ。たとえば、サッカーのPKを蹴るときは緊張するだろう?そういう状態を『ハイテンション』というんだよ」

国と国が対立して緊張した状態にあるときにも、「ハイテンション」というらしい。

日本人が使う「ハイテンション」とは、ずい分意味が違う。
下の写真は、アフリカの学校で撮ったもので、このとき子どもたちはハイテンションで大騒ぎになっていた。

 

この場合の「ハイテンション」を英語にしたら、「excited(興奮する)」という言葉になると思う。

 

001043

 

・スキンシップ

「スキンシップ」という言葉も、外国人には理解できない。

でも、「スキンシップ」は、もともとはアメリカ人がつくった言葉らしい。

 

『日本大百科全書』(小学館)によると、スキンシップという言葉は、1953年に開催されたWHOのセミナーで、アメリカ人女性がたまたまつくったことばを平井信義によって日本で紹介されたことがきっかけで、全国的に広まったとされている。よって和製英語ではないが、日本でしか通用しない言葉である。

(ウィキペディア)

 

「スキンシップ」という言葉も、日本に住んでいる外国人には通じるけど、一般の外国人には通じない。
だから、これも実質的には和製英語になる。
というより、もう日本語といっていいと思う。

 

では、「スキンシップ」の意味の英語はなにか?
これは、「Physical intimacy」というらしい。

英語圏では、該当する行為はフィジカルインティマシー(英: Physical intimacy)というため、「スキンシップ」と言っても理解されないばかりか、性的な意味合いがあると誤解される事もある。

(ウィキペディア)

 

でも、友人のアメリカ人は「タッチング」でいいと言う。
この方が楽だね。

 

この「スキンシップ」という言葉は、韓国に輸入されているらしい。

日本以外では、韓国でも日本語からの輸入でスキンシプ(스킨십)という言葉を使っている。

(ウィキペディア)

 

スキンシップは日本から韓国に伝わった言葉になる。
でも、あと3年したら「スキンシップという言葉の起源は韓国」って主張するんですね。

知ってますよ。

 

和製英語についてもっと知りたい人は、このサイトがおススメ。

和製英語・カタカナ英語辞典

「え?これって和製英語だったの?」という発見がきっとあるよ。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

使える英語表現「fantastic」①出会いで「よろしく!」の意味で

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話がで盛り上がる話題

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ① 

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ②

「ヨーロッパを知ろう」 目次 ③

製紙法の伝播(西伝) いつ中国から日本・イスラーム圏・ヨーロッパへ?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。