アメリカ人に聞くフロリダ州④メッチャ治安悪い!米史上最悪の銃乱射事件も

 

クイズ!
次の人はだれだ?

*華奢は「きゃしゃ」、体躯は「たいく」、髯は「ひげ」

彼は中ぐらいの背丈で、華奢な体躯であり、髯は少なくはなはだ声は快調で、極度に戦を好み、軍事的修練にいそしみ、名誉心に富み、正義において厳格であった。

(ルイス・フロイス)「日本絶賛語録 小学館」

答え

戦国時代の織田信長

 

14671241_10153729861351152_7302453996200445073_n

 

今回の内容

・フロリダは治安悪し
・アメリカ史上最悪の銃撃事件
・高速道路で銃撃事件

 

今回も、「アメリカのフロリダ州って、どんなところ?」ということについて、フロリダ出身のアメリカ人から聞いた話を中心に書いてきます。

彼女はフロリダの大学を卒業して、今日本で英会話の先生をしている。

 

まずはフロリダの位置を確認あれ。
アメリカの南部、赤い部分がフロリダ州。

florida_in_united_states_svg

地図はウィキペディアから

 

・フロリダは治安悪し

前回書いたけど、フロリダには日本でも有名なディズニーリゾートがある。
この大きさが、まさにアメリカ!

約122km²という広大な敷地内は、東京の山手線の内側2つ分が丸ごと入ってしまうほど。

(ウィキペディア)

静岡県の伊東市が約124㎢だから、それと同じぐらいの面積になる。
遊園地の大きさが、日本の村や町ではなくて「市」と同じぐらいというからすごい。

 

でもフロリダには、そんな楽しいイメージとはかけ離れた別の顔がある。

アメリカのなかでも、治安が悪い州なのだ。

・フロリダ州は2009年時点で危険な州の5位にランクされている。

・フロリダ州は、アメリカの中でも、最も銃に対する規制が甘い州と言われる。危険な場所で市民が銃を携帯するのは当たり前となっており、発砲事件は日常茶飯事である。フロリダへの旅行を自粛するよう呼びかける人権活動家や、フロリダ州での活動を拒否するアーティストもいる

・フロリダ州は銃擁護団体の勢力が強く、フロリダの州法は、火器の販売、所有、使用に関する条例の制定を禁止しており、州内の自治体が独自に銃規制を進めることを不可能にしている。このためフロリダ州では、水鉄砲の携帯が禁止されている一方で、実弾が発射できる銃の携帯は許されるという奇妙な状況が発生している。

(ウィキペディア)

 

ウィキペディアには、「水鉄砲の携帯が禁止されている一方で、実弾が発射できる銃の携帯は許されるという奇妙な状況が発生している」と書いてある。

ボクもフロリダ出身の彼女から、「奇妙な状況」を聞いた。

「フロリダ州では、銃を持って街に出ても問題ないの。肩からショットガンをかけて歩いていても、誰もなにも言わない。『あの人、射撃にでも行くのかな?』って思うだけじゃない?でも、街でタバコを吸っていたら警察に捕まえるのよ。変でしょ?」

肩からショットガンをかけて歩くことは問題ない。
けど、タバコを吸っていたら捕まってしまう。
確かに不思議だ。
日本ではあり得ない。

 

インドでは、旅行中にこんな光景を何度も見た。

 

・高速道路で銃撃事件

彼女自身は銃撃事件に巻き込まれたことはないという。
そりゃ、良かった。

「でも、高速道路で銃撃事件がおきて、通行止めになることはあったわ」

は?

彼女は大学まで車で通っていたらしい。
そして、そのときは高速道路を使っていた。

ちなみに、高速道路をあらわす「ハイウェイ」という英語はアメリカ英語で、イギリス人はそんな言葉は使わない。
友人のイギリス人は、「モーターウェイ」と言っていた。
日本の英語はアメリカ英語だから、「ハイウェイ」って言うけどね。

 

それはいいとして、彼女がハイウェイにのろうと思ったら、通行止めになっていたことがたまにあったという。

「ときどき、高速道路で銃撃事件が起きて人が殺されるのよ。そういうこときは通行止めになっちゃう。だから、遠回りで家に帰らないといけなくなる。すっごく迷惑だわ」

ちょっと分からないんだけど、なんで高速道路で人が射殺されるようなことが起こるの?
車を運転しながら銃を撃つってこと?

そんな映画のようなことが、現実にあるんだろうか?
でもフロリダでは、時速100キロ以上でワニをひいて車が吹き飛ぶことがあるという。カーチェイスをしながらの銃撃戦もあるかも。

「違うの。高速道路が通行止めになってて、家に帰ってテレビを見たら、大麻の売買からトラブルになって相手を撃ったってニュースでやってた。フロリダでは、大麻の売買を高速道路でやるのよ。それでトラブルになって相手を射殺したみたい。ホント迷惑」

その話も日本にいると現実感がわかない。
映画のなかの話だ。

フロリダって、すげえ。

 

img_7716

イスラエルでは、銃を持った兵士をよく見た。
知り合いのイスラエル人が子どものころ、遠足行ったときには教師が銃を持っていたという。

遠足中に子どもが襲われたら、教師はその人間を射殺してもいいらしい!
それは30年ぐらい前の話で、今は知らないらしいけど。

これも、日本では想像できない。
アニメや映画の設定をこえた世界が現実にある。

 

・アメリカ史上最悪の銃撃事件

でも、そんなフロリダの空気も変わるかもしれない。
今年の6月には、フロリダでアメリカ史上最悪の銃の乱射事件が起きている。

朝日新聞の記事(2016年06月13日)から。

米史上最悪の銃乱射事件は米社会に大きな衝撃を与え、今後テロ対策や移民の受け入れ、銃規制などを巡る論議で、大統領選にも影響を与えるのは必至だ。

「米国史上最悪の銃撃事件に フロリダ乱射、49人死亡」

この事件をもってしても、アメリカの銃社会を変えられなかったとしたら、アメリカはもう変われないんじゃないだろうか?
また、アメリカ社会に大きな衝撃を与えるような銃乱射がきっと起こる。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

イギリス人が嫌いな日本人「馴れ馴れしい」を「フレンドリー」と勘違い

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話がで盛り上がる話題

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ① 

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ②

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。