アメリカ生まれの日本文化「ラジオ体操」、海外の反応とその歴史

 

今回の内容

・ラジオ体操の海外の反応
・日本のラジオ体操の歴史
・現在のラジオ体操

 

日本の中学校で英語を教えているアメリカ人が、生まれて初めて日本の運動会を見た。
前に、そのアメリカ人の感想を書いた。

 

彼女は、運動会とラジオ体操を「アメリカにはない、日本らしい文化」と言う。

でも実際には、運動会もラジオ体操も日本の伝統的な行事ではなくて、明治・大正時代に欧米からきた比較的新しいイベントだ。

今回はそのラジオ体操について、海外の反応や現在までの歴史を書いていきたい。

 

i_hlt_rdo_hst01

画像は、「ラジオ体操の歴史」から

 

・ラジオ体操の海外の反応

彼女は日本に来る前から、ラジオ体操を見ることを心待ちにしていた。

「日本のラジオ体操は、ユーチューブで見たことがあったの。あれはぜひ、直接見たいと思ってたわ!」

外国人にとって日本のラジオ体操は、ユーチューブで見るほど楽しいものなんだろうか?

 

ここで、こんな疑問を感じた。

「ラジオ体操は、海外でどう見られているんだろう?」

で、さっそくラジオ体操の動画を見た外国人の感想を探してみた。

 

すると、「アメリカにも導入するべきっ」ラジオ体操の海外反応」というページがある。
ここに書いてある外国人の感想が面白い。

 

たとえば、日本にいるスイス人から見ると、ラジオ体操は「日本の象徴」になるようだ。

ここ日本にいる間に一度でいいからラジオ体操に参加したいと常々思ってるんだ。
これは間違いなく日本を象徴してる。

 

以下、こんな感想が並んでいる。

Ido013 カナダ 女性
これ最高! ラジオ体操ってアニメや漫画の中だけの冗談だと思ってたわ。XD

 

talktal アメリカ
日本に行ったら俺も絶対に参加させてもらうよ。

 

felicianomiko  アメリカ 30歳
スピーチする人がお辞儀をして、聴衆がそれにお辞儀で返すのが良いわね。
そしておはようございますの声にも、おはようございますと返す。
とても日本的で・・・・・・・キュートだわ。

 

ここにある「XD」を見たことある?
これは、笑顔をあらわしている。
「X」が目で、「D」が口になる。
これは、台湾人もよく書いている。

 

i_hlt_rdo_hst02

画像は、「ラジオ体操の歴史」から

 

・日本のラジオ体操の歴史

面白いというか感慨深いのは、このアメリカ人の感想だ。

HAYBB アメリカ
これは素晴らしい。興味深いコンセプトだよ。
アメリカはこれから何かヒントを得ることができるかもな。

 

「アメリカはこれから何かヒントを得ることができるかも」と、このアメリカ人は書いている。
でも、日本のラジオ体操はアメリカのラジオ体操から生まれている。

のちにつながる日本のラジオ体操は、アメリカのメトロポリタン生命保険会社により健康増進・衛生思想の啓蒙を図る目的で考案され、1925年3月31日から広告放送として放送されていたラジオ体操番組 “Setting up exercise” が基となっている。

(ウィキペディア)

 

アメリカでおこなわれていたラジオ体操を「日本でもやろう!」と言ったのが、猪熊という人。

当時アメリカにおいて、保健事業の一環として、ラジオによって体操が放送され、国民の健康を増進していることに着目し、当時文部省体育課長であった北豊吉と相談し、NHKのラジオ放送によって体操を実施することを企画した。

「日本大百科全書(ニッポニカ)の解説」

 

そして、1928年(昭和3年)11月1日に、記念すべき第一回目のラジオ体操がおこなわれた。

 

面白いのは、このとき担当したNHKのアナウンサーがパンツ1枚という姿だったこと。

同局で放送を担当したのはラジオ体操のために採用された元軍人(軍楽隊学長)の江木理一アナウンサー。彼は初回からブリーフパンツ1枚でマイク前で体操していたのである

(ウィキペディア)

 

でも、パンツ1枚で放送していたこのアナウンサーが、あることを聞いて顔が真っ青になる。
この放送を皇族の方が聴いていたという。
パンツ姿で皇族が聴いている放送をすることはできない。

「照宮成子内親王もラジオ体操に御執心なり」と聞き及ぶや濃燕尾服に蝶ネクタイを締め、正装に身を包んだ上で放送に臨むようになった。実際の振り付けは郵便局員が全国に周知した。

(ウィキペディア)

 

おしい。
パンツ1枚の姿に蝶ネクタイをしただけの姿なら、1人のヘンタイが完成したのに。

 

でもこれはラジオ放送だから、アナウンサーがどんな格好をしていても、聴いている人にはその姿は見えなかったはずだけどね。

 

でもどうしてこのアナウンサーは、「ほぼ全裸」という姿になったのか?
ひょっとしたら、古代オリンピックを意識したのかも。
古代ギリシアのオリンピックは、全裸でおこなわれていた。

 

また、古代オリンピックでは、不正を防ぐために全裸で競技が行われたという。

かつて五輪は全裸で行われていた? 今すぐ使えるオリンピックトリビア傑作集

 

NHKのアナウンサーも、これが頭にあってパンツ1枚になったのかも。
って、そんなわけないか。

 

画像は、「ラジオ体操の歴史」から

 

・ラジオ体操の今

NHKの「ほぼ全裸アナウンサー」から始まったラジオ体操が、現在の日本でおこなわれているラジオ体操になっている。

 

日本のラジオ体操の歴史は、アメリカのラジオ体操を知った日本人が始めたことから始まっている。
そして、日本で独自の進化をとげた。

でも、アメリカ人はそんなことをまったく知らない。
ユーチューブで見て、「ラジオ体操は、日本の文化だ!」「これこそ日本の象徴だ!」と思っているところが面白い。

 

この日本のラジオ体操は、今では外国に「輸出」されてもいる。
読売新聞の「発言小町」には、中国に日本のラジオ体操が伝わっていると書いてある。

 

国民皆が知っている体操(ラジオ体操)があるのは日本だけ?

中国にもあります。「広播体操」つまり「ラジオ体操」…そのままですね。

調べてみると、面白いことが分かりました。

そもそも中国のラジオ体操は日本のものを真似たもので、しかも体の部分(首やお腹など)や動作の方向を表す言葉が当時の中国語になかったため、日本語の体操用語を真似して作り上げた、とありました。

さらに興味深いのが、初期には「広播体操」とは呼ばれず「辣椒体操」と呼ばれていたそうです。「辣椒(la jiao)」というのは「トウガラシ」という意味ですが、この発音が日本語の「ラジオ」に似ているため、こう呼ばれたそうです。確かによく似ています。

 

もはや「日本の文化」といってもいいラジオ体操が、海外に広がることはうれしい。
でも、中国では広まってほしくない。

 

中国といえば、早朝の公園でおばさんが集団で太極拳をしているのをよく見た。
あれほど「中国らしいもの」は、なかなかない。
太極拳がラジオ体操に変わってしまったら、これはさみしい。

 

おまけ

日本でラジオ放送が始まったのは大正時代で、これもアメリカのラジオ放送を追随している。

アメリカでのラジオ放送開始は、即座に日本にも伝わった。(ウィキペディア)

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

アメリカ人が見た日本の運動会「何これ軍隊?」「日本人の強さを知ったわ」

日本とアメリカの学校生活の違い、運動会・卒業式・入学式

イギリス人が嫌いな日本人「馴れ馴れしい」を「フレンドリー」と勘違い

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

外国人(アメリカ人とヨーロッパ人)との会話がで盛り上がる話題

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。