「Satsuma」③イギリスと鹿児島(薩摩)の歴史、みかんのお礼が黒豚を生んだ?

 

今回の内容

・イギリスで、みかんが「Satsuma(さつま)」と呼ばれるワケ
・黒豚について
・黒豚の歴史

 

・イギリスで、みかんが「Satsuma(さつま)」と呼ばれるワケ

 

前回までのおさらいを、サラリとさせて。

「イギリスでは、ミカンのことを『Satsuma(さつま)』って呼んでいるんだぜ」

イギリス人の友人が、そんなことを言う。
「さつま」は昔の鹿児島、薩摩藩のこと。

 

なんでイギリスでは、ミカンを「さつま(薩摩」)と呼ぶのか?
不思議に思って調べてみると、ロンドンで暮らしている日本人のこんなブログを見つけた。

 

なんのことはない、日本の温州みかんのことなんですけど、
なんでSATSUMA?と、謎だったんですが、
一年くらい前に職場にあった新聞の特集記事で初めて知りました。

幕末期に薩英同盟が結ばれた折に友好の証として薩摩藩から英国に苗が贈られた事に由来するんだそうです。
反対に英国から薩摩藩に贈られたのがバークシャー種の豚で、
これと在来種を掛け合わせたりして改良されたのが現在の黒豚なんだって~。

「サツマ」というみかん

 

現在のイギリスで、ミカンを「Satsuma(さつま)」と呼ばれている背景には、幕末の薩摩藩とイギリスの友好関があった。

 

この間、慶応2年(1866年)6月16日から20日にかけて、イギリス公使ハリー・パークスの一行を鹿児島に迎えて、藩主・茂久と共に歓待し、薩英戦争の講和以後続く薩摩藩とイギリスの間の友好関係を確認する。

(ウィキペディア)

 

そして薩摩藩が、ミカンの苗をイギリスにプレゼントしたことが「Satsuma」の始まりだという。

 

幕末期に薩英同盟が結ばれた折に友好の証として薩摩藩から英国に苗が贈られた事に由来するんだそうです。

「サツマ」というみかん

 

ただ、上の文にある「薩英同盟」というものがどんな同盟かは分からない。
日本史用語集にもネットにも、その同盟についての記述がなかった。
これは、何のことだろう?

 

まあ、それはいいや。
以上のような歴史があって、今のイギリスで「Satsuma(さつま)」と言えばミカンをさすようになったのだろう。

 

以上のことをまとめれば、下のような感じ。

横浜で、イギリス人が切り殺される生麦事件が起こる。
それがきっかけで、薩英戦争が始まった。

 

でもこの戦争がきっかけで、薩摩藩とイギリスが仲良くなる。
そしてその友好の証に、ミカンの苗をイギリスに贈る。
そこから、イギリスではミカンを「Satsuma(さつま)」と呼ぶようになった。

 

現在では、ロンドンのスーパーで「Satsuma(さつま)」というミカンが売られている。

 

スコットランドの風景

 

・黒豚について

現在のイギリスで「サツマ」といえば、ミカンのことをさす。

では今の日本で「サツマ」といえば、何のことか?

 

これは、黒豚を意味する。
これから、みんな大好き黒豚について書いていきたい。

 

先ほどのブログに、こんな文があった。

反対に英国から薩摩藩に贈られたのがバークシャー種の豚で、
これと在来種を掛け合わせたりして改良されたのが現在の黒豚なんだって~。

 

薩摩藩からイギリスにミカンの苗が贈られて、そのお礼にイギリスが薩摩藩にバークシャー種の豚が贈られた。
そしてそのことによって、鹿児島の黒豚が誕生した。

 

話としては面白い。
けど、どこまで事実かはちょっと分からない。

 

スコットランドの風景

 

・黒豚の歴史

「薩摩と豚」の関係は昔から深かった。

戦国時代には「歩く野菜」と呼ばれていたという。

戦国時代から薩摩国では豚肉を、歩く野菜と呼んで食べられていた。

(ウィキペディア)

 

なんで歩く「野菜」なのか分からない。
どう見ても「肉のかたまり」なのだが。

ただ薩摩藩が、戦国時代の日本のなかで、異色(異食?)の藩だったことは間違いない。

 

戦国時代において九州統一をほぼ成し遂げた島津氏の底知れぬ強さは織田信長よりも先に鉄砲の実用化を行った事と、豚を生きたまま兵糧として戦場に運んでいた事であり、当時の戦国武将では珍しい肉食集団だった。

(ウィキペディア)

 

この薩摩の豚にイギリスのバークシャー種の豚をあわせて、品種改良した豚が「黒豚」になる。

 

肉質が優れているとされるバークシャー種と交配することで、黒豚のよいところを引き出しながらそのおいしさに一層 の磨きをかけ、豚肉の芸術品を完成させました。

なぜかごしま黒豚なのか

 

これが1895年ごろという。
日清戦争の講和条約である、下関条約が結ばれた年だ。

だからこのころは、もう薩摩藩ではなくて鹿児島県になっていたはず。

 

それからも鹿児島では、黒豚の品種改良を続けた。
そして、ついに「サツマ」という画期的な黒豚を生み出すことに成功する。

 

かごしま黒豚の品種改良では、昭和57年に系統豚「サツマ」を完成。個体のばらつきが小さく、斉一性も繁殖能力も産 肉能力も高い黒豚が生まれました。また、平成3年には、イギリスバークシャーを基礎とした系統豚「ニューサツマ」が完成しました。

鹿児島の養豚の歴史

 

鹿児島では、ここにある「ニューサツマ」の他にも「サツマ2001」という品種の黒豚も誕生させている。

 

ということで、現在のイギリスで「Satsuma(サツマ)」といえばミカンのことをいう。
そして、日本で「サツマ」といえば黒豚のことをいう。

今夜はトンカツですな。

 

おまけ

韓国にもトンカツはある。
でも、韓国人の発音が面白い。
「ツ」の発音が難しくて、「トンカス」となってしまうのだ。

 

トンカツ。韓国語には「つ」の発音がないため、日本語のトンカツが訛ってトンカスと呼ばれるようになった。

韓国料理大図鑑

 

 

今回の復習

・薩摩藩では、戦国時代に豚はなんと呼ばれていたか?
・戦国時代、島津氏は織田信長よりも先に何の実用化をおこなった?
・日清戦争の講和条約はなに?

 

答え

・歩く野菜
・鉄砲の実用化
・下関条約

 

ランキングに参加しています。

「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!
今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜひ、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

英仏で尊敬される人物。チャーチルとドゴールが英雄である理由とは

イギリス人から見た「日本と韓国の関係」、keep it to yourself!

仲の悪い隣国・イギリスとフランスは、これぐらい悪い

仲の悪い隣国は?日本と韓国・イギリスとフランス・印パ

「らいおんハート」の意味とは?イギリスの王様と英仏の関係

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ②

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。