人種差別がなければノーベル賞だった日本人「北里、野口、梅太郎」

 

はじめの一言

「今や国内平和なり。けだし、内政よろしきこと他国に此を見ざるところなり
(ウィリアムズ・アダムス 江戸時代)」

「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

*ウィリアムズ・アダムスがこう言ったのは、関ヶ原の戦いが終わったあとで、徳川家康によって日本が平和が訪れようとしていたとき。

ウィリアム・アダムス(三浦按針)」という人は、日本に来た最初のイギリス人と言われている。
さらに、「イギリス出身の武士」という不思議な人物でもある。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三浦按針の像(ウィキペディア)

 

今回の内容

・人種差別がなければ、ノーベル賞を受賞できた日本人
・北里柴三郎
・野口英世
・鈴木梅太郎

 

・人種差別がなければ、ノーベル賞を受賞できた日本人

以前、「日本人は、創造力があるか?」ということをテーマに記事を書いた。

このことは、日本人と外国人と認識が大きく違っている。

日本人は「日本人には創造力がない」と考える人が多い。
外国人は「日本人には創造力がある」と考える人が多い。

くわしくは、下の記事を読んでほしい。

日本の創造力、中国人や韓国人から見た日本人のノーベル賞の受賞

 

ノーベル賞については、韓国人や中国人はこんな疑問をもっている。

「日本人が、これだけ多くのノーベル賞を受賞している理由はなにか?」

韓国人や中国人から見たら「なんで?」というほど、たくさんの日本人がノーベル賞を受賞している。

 

でもその一方で、ノーベル賞をとってもおかしくないほどの優れた業績を残したけれど、人種差別のために受賞がかなわなかったと言われる日本人もいる。

今回は、そんな日本人を3人紹介したい。

 

IMG_6455

 

・北里柴三郎

まずは、北里大学の生みの親(学祖)である北里柴三郎(1852~1931)。

北里柴三郎は破傷風の研究で世界的に有名な学者だ。

これは意外と知られていないが、ボクもアフリカ旅行に行く前に破傷風の予防注射を打っている。
誰も知らなくていいけど。

北里柴三郎はドイツに留学して、コッホの指導を受ける。
破傷風菌の純粋培養に成功し、抗毒素を発見した。
帰国後にはペスト菌を発見する。
そしてその後、北里研究所をつくった。

 

・野口英世

お次はこの北里柴三郎の弟子だった野口英世(1876~1928)。
「千円札の人」でもおなじみですね。
野口英世は細菌学者で北里柴三郎に師事した。
1900年にアメリカへわたって蛇毒や梅毒スピロヘータを研究する。
その後、西アフリカのガーナで黄熱病の研究中に病気で亡くなった。

 

ガーナの海岸

 

・鈴木梅太郎

最後は「ビタミンの発見者」といわれる鈴木梅太郎(1874~1943)。
通称「梅ちゃん」。もちろんテキトー。

鈴木梅太郎

東大教授。明治42年(1909)米ぬかから脚気(かっけ)に効く成分(ビタミンB1)の抽出に成功、オリザニンと命名。翌年発表し、ビタミン発見の先駆をなした。文化勲章受章。

(デジタル大辞泉の解説)

 

この3人以外にも、人種差別によって、ノーベル賞を受賞できなかったと言われている日本人たちがいる。

 

興味がある人は、下のサイトを見てほしい。

人種差別によりノーベル賞を受賞出来なかった日本人

 

今回の復習

・破傷風の研究で世界的に有名な日本人の学者はだれ?
・梅毒の研究で世界的に有名な学者で、黄熱病の研究中にガーナで亡くなった日本
人はだれ?
・ビタミン発見の先駆をなした日本人の学者はだれ?

 

答え

・北里柴三郎
・野口英世
・鈴木梅太郎

 

 

旅行に出かける予定はありませんか?
旅のプロがあなたに最適のプランを提案させてもらいます。
もちろん無料ですよ。

 

宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
大体ここが最安値なので、ボクがホテルを探すときはまずここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

こちらの記事もいかがですか?

アフリカ旅行、ガーナで男泣き。野口英世への母からの手紙。

イギリス人が嫌いな日本人「馴れ馴れしい」を「フレンドリー」と勘違い

フランス人にとって韓国とは?韓国人に「衝撃を与えた」その結果

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

外国人の「日本人あるある」。またかよ!と思わせる5つの質問

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。