中学の教科書からインドの「カースト」と「士農工商」が消えてた。


 

「中学の教科書からカーストの言葉がない!」ということを発見した驚きからこの記事を書きます。

 

でも、最近知ったのですが、江戸時代の「士農工商」もなかったことが分かって、最近の中学の教科書から「士農工商」という言葉がなくなっていることが判明。
昭和世代のボクには、びっくり。

 

でも、今は、江戸時代に「士農工商」という身分制度はなかったことが分かっています。知らなかった人は、アップデートしておきましょう。

 

始めに、初めてこの記事をご覧になった方にお断りです。

これは、今まで別のブログにあった記事を、都合でこっちのブログに引っ越しした記事です。「どっかで見たことある」と思った方は、すみません。
加筆:修正して、内容を変えてはいます。

 

それと、このブログは一応旅ブログですが、旅のストーリー性はあまりありません。旅から学んだ歴史や文化などを紹介して、雑学的に知識を増やしてもらうようなブログです。

 

それと、今回の記事は、今まで出会った旅人の一部を取り上げて、それを大げさな表現にしたものです。少しの事実にかなりの想像を加えたもので、まあ、韓国でいう「ファクション」のようなものです。

 

「最近の韓国時代劇は『ファクション』とよく呼ばれます。『ファクト(事実)』と『フィクション(創作)』の融合というわけです。
「朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか(康熙奉)」

 

ちなみに、韓国の場合、時代劇だけじゃなくて、日本についての新聞やテレビの報道も「それって、ファクションじゃない?」というようなものが多いですけどね。

 

さて、前回の記事で、「旅行なんて、旅じゃない」、「アフリカに比べたら、インドなんて大したことないよ。アフリカはすごいから」という考え方には、カースト制度に通じるものがあるんじゃないか?

 

という大胆な仮説を打ち立てました。

今回の記事は、なんでそう思ったか書きます。
と、思ったら、予想以上に「カースト制度」の説明を書いていしまいました。
なので、今回と次回は、カースト制度についての説明になります。

 

 

「誰でも、中学生のときに、インドのカースト制度を習ったはずだ」
なんて書き出しから始めようとしたけど、これはもうできない。

 

というのは、今では、中学校で「カースト」を習っていないらしい。
昔、中学生の家庭教師のバイトをしていて、このことを「発見」した。

 

当時、教えていた中学3年生が「『カースト』なんて、習ってない。教科書にも載ってない」というから驚いた。

 

「ばっか、おまえ、カースト制度をやらないわけないだろ。教科書に載ってるけど、おまえが気づいてないだけだろ」
「ええ、ボクはバカですよ。だから家庭教師をお願いしているんです」
という正論には、ぐうの音も出ない。

 

ちなみに、ボクからはすると、彼はちょっと年下の弟のようなもので、とても仲は良かった。
だから、友人に対して言う「バカ」と同じで、それで怒ることもなければ何の問題にもなることもなかった。
今から思えば、適切な言葉じゃないと思うけど。

 

で、彼の教科書をとって「カースト」を探したけど、確かにその言葉がない。
「え?マジで?今の中学生は、カーストって習わないの?」

と思ったけど、本当に習わないらしい。
「でしょ?」

と勝ち誇ったように彼は言う。

まいりました。

P1020177

 

一体、いつからカーストが教科書からなくなったのか?
15年くらい前、ボクが中学生のころは、カースト制度をこんなふうに習っていた。

 

ヒンドゥー教にある4つの身分制度で、「バラモン(僧)・クシャトリヤ(王、貴族)・ヴァイシャ(商人)・シュードラ(奴隷)」がある。
多分、この記事を読んでいる人の多くは、こうやって習った記憶があると思う。

 

でも、歴史は変わらないけど、教科書は変わる。
今の歴史教科書では、聖徳太子がいなくなったり、鎌倉幕府の成立が1192(いいくに)年ではなくて、「という説もある」に替わってたりしている。

 

「カースト」も同じように、昔とは表記が変わっていて、ボクが家庭教師をしていた生徒の教科書では、さっきの4つの身分を「ヴァルナ」と表記されていた。

 

これ以外の教科書は見ていないから分からないけれど、現在、出版されている世界史用語集(山川出版)でも、上の4つの身分を「カースト」ではなくて、「ヴァルナ」と書いてある。
だから、「今の教育では、『カースト』を習っていない」と書いてしまったけど、もっと正確にいうと、昔のようには習っていない。

ということで、今まであの4つの身分制度を「カースト」と覚えていた人は、「ヴァルナ」にアップデートしておいた方がいい。

 

 

でも、(ボクが教えていた)中学生の教科書から「カースト」の文字がなかったからといって、「カースト」がまったくなくなったわけではない。
世界史用語集(山川出版)では、こんな説明がある。

 

「カースト」

ヴァルナやジャーティなどの階層を指す語。ポルトガル語の「血統」に由来する。

 

「カースト」という言葉がインドのヒンディー語じゃなくて、外国語のポルトガル語だったというのは、意外な気がしないですか?

 

ちなみに、江戸時代にあった「鎖国」という言葉も、もとは日本語じゃなくてドイツ語です。興味があったら調べてください。

 

「ジャーティ」

職業と結びついた、インドの社会階層。「生まれ」を意味する語で約3000あると言われる。同一ジャーティでなければ結婚や食事はできないとされている。

 

「カースト制度」

四つのヴァルナにジャーティを結びつけて成立した。インドの独特の社会制度。

 

ということで、今の教育では、ヴァルナとジャーティが結びついた社会制度を「カースト制度」と呼んでいる。

 

でも、ややこしい。
だから、ここでは、分かりやすいように、「バラモン・クシャトリア・ヴァイシャ・シュードラ」を4つの身分を「カースト」と、昔の言葉を使うことにする。

 

残念ながら、現在のインでも、このカーストによる差別はある。
けれど、このカースト差別には、世界の他の差別とは変わった特徴がある。

 

続きは、次回に。

 

おまけ

士農工商についてこんな記事があったので、参考に紹介します。

 

消えゆく「鎖国」「士農工商」…… ダイナミックに書きかわった歴史教科書最前線

もう小・中学の教科書で「士農工商」は学習すべき用語と位置付けられていない。近年の歴史学の研究で、江戸時代の身分制度の説明として適当ではないことがわかったためだ。

いまの教科書では「武士」と「町人・百姓」と大きく2つにわけて説明している。町に住んでいれば町人で、村に住んでいれば百姓程度の差しかなく、しかも百姓=農民ではない。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

   

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ「英会話で『ええ会話』」

今、英会話のレッスンで、ネイティブ・スピーカーに習ったことを復習代わりに、ここで紹介しています。
中学レベルの英語が中心で、旅行や日常会話が内容になっています。
ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。
・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。