韓国人「日本人は、謙虚ですね」 日韓の比較・考え方や社会の違い


 

始めの一言

「閑雅な日本料理を味わうのは、同時に『芸術』を「味う」ことでもある。日本割烹の板前は見る眼に美しいものを想像する芸術家だ。一つびとつの料理とそれぞれ特別の容器に盛られている美しさは眼を驚かすばかりである。清純な味いと鮮麗とを兼ねた佳饌は、一幅の静物画さながらだ(タウト 昭和時代)」「日本絶賛語録 小学館」

IMG_2232-300x225

 

今回の内容

・インド人・インドネシア人・中国人から見た日本
・日韓の大卒の初任給の差
・最低賃金の差
・日本人と韓国人の考え方の違い

 

・インド人・インドネシア人・中国人から見た日本

前回までに、インド人とインドネシア人から見た日本を紹介した。

 

いろいろな言葉や民族がいるインドやインドネシアから見たら、日本は、どこに行っても、同じ日本人ばかりで、日本語も通じる。
日本には、どこでも、人・言葉・建物・服がほとんど変わらないという「同質性の高い国」という特徴がある。

 

中国人に聞くと、日本は「経済格差が小さい平等な国。理想の社会主義の国」という答えが返ってきた。
今回は、「韓国人から見た日本の特徴」について書いてみたい。

 

日本と韓国の共通点は、インド人が言った「同質性が高い」ということ。
韓国も、どこに行っても同じ皮膚の色や目の色をした韓国人が圧倒的に多いし、韓国語も通じる。
インドのような「他民族・多言語の国」からはほど遠く、韓国人の多くは、「韓国は、単民族国家」だと考えているという。

 

 

韓国の放送局、SBSが韓国人の外国人忌避症と純血主義を集中取材した『SBSスペシャル…単一民族の国、あなた方の大韓民国』の制作者の調査の結果、 回答者の65.2%が「私たちの民族は単一民族」と信じていることが分かった。(ウィキペディア)

 

この調査は、2010年ごろで、現在の韓国人の意識も大きくは変わっていないと思う。
日本でも一昔前は、「日本は単民族国家である」と書いてあるような本もあった。
日本も韓国も、「単民族国家」のように見えてしまうほど、同質性が高いという特徴がある。

 

そんな韓国人に日本の特徴を聞くと、多様性のある国からきたインド人とは違う感想を言う。

IMGP3957

 

・大卒の初任給の差

韓国人の友人が、ワーキングホリデーで1年間、東京に住んでいたことがある。

ワーキングホリデーが終って韓国に変える前に、その女の子と一緒に靖国神社に行って(!)、その後、ご飯を食べながら日本の感想を聞いてみた。

その韓国人の目から見た日本は、「日本は、格差がない平等な国です」というもの。
中国人から見た日本と変わらない。

 

その子が日本で驚いたことは、大卒の初任給の差が大企業でも小企業でもほとんど変わらないということ。

「韓国では、大企業と小企業では初任給がまったく違います。もう、生涯の収入も福利厚生も結婚も含めて、韓国では、どとこの会社に入るかで、一生が大きく決まってしまいます」

 

このとき、彼女が大小企業で、どのくらいの差があるかを具体的に言っていた。
その数字は忘れたけど、日本では、大卒の初任給はどこも大きく変わらないことが常識になっている。
だから、彼女の話に驚いた記憶はある。

 

彼女から聞いた話は、もう、3、4年前のことだから、今の韓国の事情は変わっているかもしれない。
そこで、2015年の様子を見てみた。

 

韓国の大卒の初任給を調べると、「ニッセイ基礎研究所」でこんなページを見つけた。

日韓比較(1):大卒初任給―韓国の大卒初任給は本当に日本より高いのか?―  

 

 大卒初任給を企業規模別にみると、従業員数1000人以上の企業が306.6万ウォン(33.7万円)であることに比べて、従業員数100~299人は242.9万ウォン(26.7万円)で、両グループの間に63.7万ウォン(7万円)の差が発生している。
一方、日本の場合は大企業(20.3万円)と小企業(19.4万円)の差が9千円に過ぎない。

 

IMGP9273

 

・最低賃金の差

「7万円」といっても、日本と韓国とでは物価違う。
韓国の7万円は、日本での7万円と「同じ価値」というわけではない。

韓国での7万円が、日本だといくらに相当するか、日韓の最低賃金から見てみたい。
まず、2015年の韓国の最低賃金は、約509円になる。

 

2015年の最低賃金は、5580W(2015年5月のレートで約509円)

2015年の最低賃金「5,580ウォン・・・何を買って食べることができますか?」

 

これに対して、日本経済新聞の記事によると、2015年の日本の最低賃金は、約800円になる。

 

 厚生労働省は24日、2015年度の最低賃金が全国平均で798円となり、前年度から18円上昇したと発表した。

 

韓国の最低賃金を510円で日本の最低賃金を800円とすると、韓国の最低賃金は、日本の約0.64になる。
これを、先ほどの韓国の大企業と小企業の初任給の差に当てはめて計算すると、約88000円になることになる。

 

かなり大ざっぱな計算だけど、韓国の7万円は、大よそ、日本の9万円の価値に当たると考えていいと思う。
となると、この差は、日本の感覚だと大体10倍になる。

 

日本では、大小企業での初任給の差は、あったとしても1万円ぐらいだ。
10倍のも差があることは、想像できない。
日本では、会社に入ってからの給料の上がり具合は、大小の会社で大きく違う。
でも、韓国のように、最初から明らかな差を見せるという考え方がない。

 

「初任給の差が約10倍(日本の感覚だと)ある」ということは、韓国の社会では常識の範囲内になっている。
別の韓国人の友人は、「韓国は、差があり過ぎますよ。それが問題です」とは言うものの、文句を言ってもどうしもないし、それが韓国という国だと考えていた。

 

IMG_6528

 

・日本人と韓国人の考え方の違い

韓国人の友人は、日本人と韓国人の違いをこう話していた。

「日本人は、謙虚だし、遠慮もします。人の目を気にしてあまり目立つことは好きじゃないと思います。でも、韓国人は違います。自分の良さを積極的にアピールします。会社の初任給の差も、『自分の会社は、これぐらい出すことができる』と、力の強さをアピールしているのだと思いますよ」

 

彼女の話と、自分が韓国人について知ったことからも、韓国人は、他人との差を隠そうとしないで、アピールしたがる気持ちが強いと思う。

IMGP3946

 

この友人の話で思い出したことがある。

呉善花(オソンファ)さんという、日本の大学で教えている韓国人の方がいる。
日本と韓国の事情に精通した人で、この人が書いた「漢字廃止で韓国に何が起きたか 呉善花」の中で、日本人と韓国人の考え方と発想の違いについて書いている。

 

1988年のソウルオリンピックのスローガンは、「韓国を世界に世界を韓国に」だったのに対して、東京オリンピックのスローガンは、「世界に学ぼう」というものだった。

韓国人は、大人になってからは、他人から学ぼうとはあまり考えないという。

IMGP6222

韓国は、建物の自己アピールがすごい(派手!)

 

オリンピックのスローガンにも、自分の良いところを積極的にアピールしようとする韓国人と、控え目で遠慮がちな日本人の考え方の違いが表れているように思う。

 

ただ、韓国人の自己アピールも、「限度」がある。
前に韓国人の友人に、こんなことを言ったことがある。
「韓国って、正式には『大韓民国』でしょ?だったらさ、英語でも『Korea』じゃなくて、『The great korea』にしたらいいんじゃない?」

 

友人は、それは否定する。

「それはダメですね。「大韓民国」と漢字で書くなら、誇らしくていいですけど、英語で『Great』をつけたら、何か恥ずかしいです」

さすがの韓国人も「Great korea」には、抵抗があるみたい。
というか、こんな質問がイヤらしかったかもしれない。

 

と、思いきや、そんなことはなくて、韓国人は、ボクの予想を超えていた。
2016年の「マネートゥデイ」という韓国の新聞の記事でこんなものがあった。

 

我が国の名前が大韓民国である理由~英語表記も本来の意味に合わせて”National State of Great Korea”にすべきだ

 

「National State of Great Korea」
カッコいい。
ぜひ、そうするべきだ!

 

良かったら、こちらもどうぞ。

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次①

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ①

中国人から見た日本 「日本は、理想的な社会主義の国です」

日本はどんな国?外国人(インドネシア人)の感想、違いや特徴

日本はどんな国?在日外国人(インド人)から見た違いや特徴

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。



 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。