ピラミッドを知りましょか?初めて見た日本人・目的・名前の由来とか。


 

 

〇「ピラミッド」の名前の由来

 

「ピラミッド」という言葉は、アラビア語も古代のエジプトの言葉でもなくて、ギリシア語になる。

 

これらの建造物にピラミッドという名前をつけたのは、古代エジプト人ではなく、後世のギリシア人なのである。
ギリシア人がピラミッドと名付けた由来はいくつかの説がある。

たとえば、ピラミスという四角推のパンに似ていたからとか、ギリシア語の「火」の意味である「ピュル」からきたとかがあるが、とにかくギリシア人が正四角錐をみてピラミスといったのである
(古代エジプト講義録 上 吉村作治)

 

「ピラミッド」という言葉はギリシア語だったけど、そもそも、エジプトという国名もギリシア語だ。

 

昔むかし(紀元前2000年ごろ)、エジプトは、外国から「フウト・カァ・プタハ(プタハ神の神殿)」と呼ばれていた。

 

この語がギリシア語で「アイギュプトス」と転訛し、それが「エジプト」の国名になっていったのである。

(地名の世界地図 文藝春秋)

 

エジプト人は、「エジプト」とは言わずに、自分たちの国を「ミスル」と呼んでいるらしい。

 

ちなみに、首都カイロは「勝利の都」という意味。

さらに、「オベリスク」はギリシア語。

 

オベリスクの名称は後世のギリシャ人がobeliskos(串)と呼んだのが起源で、当時のエジプトでは「テケン(保護・防御)」と呼ばれていた。

(ウィキペディア)

 

300px-Rzym_Fontanna_Czterech_Rzek

これがオベリスク(ウィキペディアから)

 

おまけに、カレー、カースト、仏教のふるさと「インド」という国名も、ギリシア語に由来する。
ヒンドィー語だとバーラトにある。
今のインド人は、英語の「インディア」を使うことが多いらしいけどね。

 

 

〇ピラミッドの目的

昔は、「古代エジプトの王の墓」と聞いたけど、実際のところはわかっていない。

 

王の権威を象徴する石造建築物。腰掛状の墳墓マスタバが原型と考えられ、古代王国時代に盛んに作られた。
(世界史用語集 山川出版)

 

と、ここでは「王の権威の象徴」とかいあるけど、「墓」とは書いていない。

 

答えがない。答えがないから、いろいろな人がいろいろなことをいう。それはそれでいいと思う。昔はピラミッドを掘ることで話題となり、現在はピラミッドの仮説を立てることで有名になるからである。

(古代エジプト講義録 上 吉村作治)

 

日本一のエジプト専門家といえば、吉村作治先生でしょ。
この先生の本でも、お墓だとは書いていない。

でも、この記述を読むとピラミッドの目的は、わからなくてもいいみたい。
この先生の記述だと、「いろんな説を唱えることで学者が有名になる」ことに意義を見いだしてるみたいだし。

 

ちなみに、「ピラミッドはお墓説」には、吉村作治先生はむしろ否定している。

 

もともと真正ピラミッドは墓ではなかった」と考えるのが妥当ではないか、と私には思われるのである(同書)

 

 

001036

「ピラミッドの中」

 

〇初めてピラミッドを見た日本人。

 

ギザのピラミッドをはじめてみた日本人は、一八六四年に江戸幕府が派遣した遣欧使節団の一行になる。

 

一行は文久3年12月29日(1864年2月6日)にフランス軍艦ル・モンジュ号で日本を出た。上海やインド等を経由し、スエズからは陸路でカイロへ向かい、途中ギザの三大ピラミッドとスフィンクスを見学し写真を撮っている。その後地中海を通って、マルセイユに入港した。

(ウィキペディア)

 

これが、記事の上の写真になる。
画像は、ウィキペディアからのもの。

 

「古代エジプト講義録 上 吉村作治」によると、このとき、日本人はピラミッドを「三角山」と言っていたらしい。
そして、中国では「金字塔」と言っていた。
中国人の方がセンスがある。

 

「その形からかつては金字塔(きんじとう)という訳語が使われていた。」
と、ウィキペディアに載ってるけど、この訳語は日本人が造ったものではなくて、中国人が造ったもの。

 

現代においても「金字塔」は、ピラミッドのように雄大かつ揺るぎもしない後世に永く残る立派な業績(偉大な作品や事業)などを表す代名詞となっている。

(ウィキペディア)

 

でも、今じゃ、「金字塔」という言葉が、もともとピラミッドを表す言葉だということを知らない方が多いと思う。

 

〇ピラミッドの保護

 

エジプトは観光大国で、ピラミッドはその目玉。
だから保護にも力を入れている。

 

今は、エジプト政府が文化財保護に非常に熱心なこともあって、ピラミッドにほんの少しでも傷をつけようものなら、たちまち遺跡破壊罪になってしまう
(古代エジプト講義録 上 吉村作治)

 

ピラミッドは、1983年まで頂上まで登ることができたらしい。
でも、ピラミッド保護と落ちて死ぬ人が続出して、禁止となる。

 

興味がある人は、2015年に、エジプト政府の特別な許可を受けて「世界ふしぎ発見」で登っていたから、その映像がどこかで見られると思う。探してみよう。
次回は、そんなピラミッドに登ってしまった日本人旅行者の話。
もちろん、違法。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。


 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。