日本とイギリスの関係:400年前、日英の歴史はこうして始まる。


 

「Japan400」

「日本400」というのを知ってますか?
400とは400年前のこと。

今から400年前、日本で何かあったのか?
当時は江戸時代。
徳川家康の子秀忠ひでただが将軍として日本を治めていた。

でも実際には、家康が大御所(おおごしょ)として力をもっていたけれど。

 

徳川家康
ちょっとカッコ良すぎる。

 

じつはこのときに、日本とイギリスの歴史が誕生している。
1613年に日英の間で外交や文化の交流が始まった。

それから400年の時が流れ・・・、
2013年に、日英交流の400年間の歴史を記念して「Japan400」というウェブサイトが開設される。
そして日本とイギリスで、たがいの国の文化や歴史などを紹介するイベントがおこなわれた。

たとえば、イギリスでは大英博物館で春画の特別展が開かれている。

って、なんで春画やねん。
日本を紹介してくれるのはいいけど、そのチョイスがなんで春画なのか?

春画

春画(しゅんが)とは、特に江戸時代に流行した性風俗(特に異性間・同性間の性交場面)を描いた絵画。浮世絵の一種でもあり、笑い絵や枕絵、枕草紙、秘画、ワ印とも呼ばれる。

また、それほど露骨な描写でない絵は危絵(あぶなえ)とも呼ばれた。淫画や淫絵といった呼称も在るが一般的ではない。
現在のエロ本に当たる。

(ウィキペディア)

 

世界的に有名な大英博物館で、江戸時代のエロ本が紹介される。
「Japan400」でなぜエロ本?

イギリス人にとっては、春画に価値や関心があったのかもしれない。
でも日本人のボクとしてはビミョウ。
日本の文化を紹介するなら、他にもっと良いものがあったような気がする。

Japan400のロゴ

 

イギリスの日本大使館のサイトには、Japan400: 400 years of Japan-British Relationsというページがある。

そこで日本とイギリスの関係について説明している。
日英の関係や交流は、こうして始まったらしい。

Four hundred years ago the Clove, a wooden ship belonging to the East India Company arrived in Japan with official letters and gifts including the first telescope ever seen in Asia to be presented to the retired Shogun Tokugawa Ieyasu, and a precious cup and cover for his son and ruling Shogun, Tokugawa Hidetada. In return, Hidetada presented the commander of the ship John Saris with two suits of armour for King James I of England and VI of Scotland, while Ieyasu sent 10 painted gold-leaf screens and an all-important ‘Shuinjo’ letter granting British nationals permission to live and trade throughout Japan.

 

400年前、東インド会社の船が日本に着いた。
そこには、大御所(the retired Shogun )である徳川家康への公文書とプレゼントがあった。
その中にはアジアで初となる望遠鏡もあった。
お礼に日本は、秀忠がイギリス王ジェームス1世へよろいを2つ贈っている。

家康は日本との貿易を認める朱印状(Shuinjo)を渡している。
朱印状のことは、学校の歴史の授業で習ったはず。
ちなみに、いわゆる‘鎖国’を始めたのは家康ではない。
家康は国際的な視野をもった人だった。
タイと日本の交流を始めたのも家康だった。

イギリスは日本に望遠鏡をプレゼントし、日本はイギリスに鎧をわたす。
こうして、日本とイギリスの400年の歴史が始まった。

 

ジェームズ1世(ウィキペディア)

 

駿府(今の静岡市)で家康はジェームズ1世の使者と会っている。
くわしくはここを↓
大航海時代の駿府の家康公

 

ジェームズ1世が徳川家康へわたした手紙

画像はここ↓
Japan400 – Hirado and the British in Japan

 

ここまで、日本とイギリスが正式な関係を築いたいきさつについて書いてきた。

外務省のサイトでは、ウィリアム・アダムスが日本に来たことをもって日英の交流の歴史が始まったと書いてある。

日英両国は、1600年に英国人航海士ウィリアム・アダムス(三浦按針)が、豊後(現在の大分県)にオランダ船で漂着して以来、約400年にわたる交流の歴史を有する。

二国間関係

ウィリアム・アダムスは日本に来た初めてのイギリス人。

 

ランキングに参加しています。
よかったら下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

ヨーロッパ 「目次」

日本 「目次」

フランスとドイツの歴史:宗教改革と日本への影響・三十年戦争

ドイツ料理にジャガイモの理由。三十年戦争とフリードリヒ大王

ジャガイモの歴史:ヨーロッパ・宗教の禁止・ポテトの由来

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3