これぞ本物のアフリカ人、伝統的な社会で生きるマリのドゴン族


 

「本当の日本の姿」や「伝統的な日本」は、どこで見ることができるか?

これは、その人の考えたしだいでいろんな答えがある。

でも、こんなのはどうっすか?

 

日本という国から、アメリカ・ヨーロッパ・中国といった外国の思想や文化を取りのぞいた日本。
キリスト教、ジーンズ、パスタといった欧米から来たものをなくす。
仏教や儒教といった中国から来たものをなくす。

 

日本からそうした外国の影響をなくしていけば、「日本」しか残らない。
それが、もっとも日本らしい日本でもある。

 

つまり、こんな感じ。

日本ー外国の影響=本当の日本の姿

さて、こんな日本は今の日本のどこにあるんだろう?
興味があったら、考えてみて。
京都ではないだろうね。
このことはいつか記事で書くつもりなので、このへんで止めとくよ。

 

IMG_4092_20160811005825ad0

 

この考え方をアフリカに当てはめてみる。

「本当のアフリカの姿」や「伝統的なアフリカ」を、外国の影響をうけていないアフリカとする。
言ってみれば「純度100%のアフリカ」。
なんせ外国からきたものがないんだから、そこにはアフリカの要素しかない。

 

アフリカのマリの場合、イスラーム教徒やヨーロッパ人がくる前のアフリカと考えたらいい。

フランス語もキリスト教もイスラーム教も、もともとはマリになかったもの。
これらは後の時代になってから、マリにやってきた。
こうした外来の文化や思想を取りのぞいていくことで、マリのもっとも原始的な姿が分かる。

「原始的」というのは失礼かな?
「もともとのアフリカの姿」でいいや。

 

マリから、イスラームとヨーロッパの影響を抜いたもの。
これが、本来のアフリカ、伝統的なアフリカの姿。
マリの場合、それが「ドゴン族」という少数民族になる。
前回の記事で出てきた引き算の答えが、これ。

「マリ」ー「イスラームとヨーロッパの影響」=「ドゴン族」

 

 

ドゴン族の人たちは、イスラームやヨーロッパの思想や文化を拒絶して独自の思想や生活様式を守っている。

 

その意味で、ボクが会った旅行者は「ドゴン族こそ、本物のアフリカ人だ」と言ったのだろう。
俳優のダニーグローバーが「アフリカの神髄」に触れたと言ったのも、このドゴン族との出会ったときだ。
*このへんは、前回の記事を見て。

 

伝統を守るドゴン族の村では、村人から「故郷に戻った家族」としての歓待を受け、ダニーはアフリカ人としてのルーツを確信し、アフリカ文化の真髄に触れたと感じるのだった。

素晴らしい列車の旅:アフリカ ルーツを求めて

 

では、この「ドゴン族」とはどんな人たちなのか?

ドゴン族が本拠地を置くバンディアガラの断崖は、スーダンの征服者に追われてたどり着いた天然の要害となっており、ドゴン族はこの閉ざされた地方で農耕を行って生活してきた。
(ウィキペディア)

 

彼らは、粟や稲などを栽培して生活している少数民族。
人口は「ウィキペディアで」は、約25万人となっているけど、「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」では、約60万人となっている。

謎の多い民族だ。

 

ドゴンの人々は11世紀から12世紀の間にバマコ南方のマンデ地方からイスラム教への改宗を嫌い、この閉ざされた地に来たとされます。
マリの旅行情報

 

アフリカの人や社会がイスラーム化するなか、ドゴン族はそれを拒否し人知れないマリの奥地に移動していった。
それはサハラ砂漠の近く。
その地でドゴン族は、独自の神話をもち続けてきた。

ドゴン族は独自の神話体系を持ち、キリスト教やイスラームに帰依することなくその神話を強固に保持し続けてきた。
(ウィキペディア)

 

これが「ドゴン族の神話」と呼ばれるもの。
一時期、「未開の地に生活するドゴン族は、現代の水準に照らしても遜色ない高度な知識をもっている」と話題になった。

 

神秘の民族”ドゴン族”はなぜ現代天文学をも凌駕するような天文知識をもっていたのか?「シリウスB」の謎と世界創世神話について

でも、今ではこの説はかなりアヤシイと考えられている。

 

120px-dogonvillage

ドゴン族の家(ウィキペディア)

 

ドゴン族は、アフリカの奥地で昔ながらの生活様式を守って生きてきた。

だから、ドゴン族の村へ行けばキリスト教やイスラーム教の影響のない、アフリカ人の伝統的な生活を見ることができる。
イスラーム教が来る前の、そのままのアフリカの姿。

 

main

ドゴン・ダンス(旅行会社「道祖神」のHP

 

先ほどの「ドゴン族の神話」は、彼らの仮面をつけて踊る「ドゴン・ダンス」であらわされる。
このドゴン・ダンスはとても有名。

神話の中では、ドゴンの人々の社会生活にとってあらゆる要素が含まれており、神話に登場する神などは抽象的な仮面として表わされています。仮面と言えば、ドゴン・ダンスですが、葬送儀礼で踊られるもので(マリの旅行情報

 

でも、今のドゴン族の村には世界遺産があって、外国から観光客もたくさんいるから、もう「秘境」というほどの場所ではない。
それに、ドゴン族でイスラーム教徒の数も増えているらしい。

 

あんまり高い期待をもつと、行ったらがっかりするかも。
けれど、ヨーロッパやイスラームの影響のない伝統的なアフリカの姿を見ることができるはず。

 

でも残念なことに、今現在マリは治安が悪くて観光旅行どころではない。
ドゴン族の他にも、アフリカにはイスラーム教が来る前の伝統的な生活をしている民族がいると思う。
アフリカの昔の生活を見たかったら、そこに行くしかない。

 

220px-bandiagara_escarpment_1

世界遺産の「バンディアガラの断崖」(ウィキペディア)

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

アフリカの負の世界遺産(黒人奴隷):ガーナのケープ・コースト城

日本とエチオピアの関係・民族の文化「窓から悪霊」、「唇にお皿」

ジャマイカのラスタファリズムとレゲエを生んだ母なるアフリカ

アフリカ・カテゴリー「目次」

アフリカから日本に来て、戦国武士になった黒人奴隷(弥助)

日本の「kawaii(かわいい)文化」!海外の反応は?由来は?

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。