パキスタンでイケメンのチャイ屋が話題!→イスラム教のため社会問題に


 

始めの一言

*明治天皇について

「国内の各所に、離宮や御用邸があるが、それらの一つにかれが、気晴らしのため、相当長期にわたって滞在したことは決してなかった。かれは華美な祭典や公式の行列を好まなかった。この点で、かれの個性は、とかく半ば神秘的な存在と見たがる日本人一般の天皇観と一致する(ベルツ 明治時代)」
「日本絶賛語録 小学館」

 

meiji_emperor

明治天皇(ウィキペディア)

 

めいじ‐てんのう【明治天皇】

[1852~1912]第122代天皇。在位1867~1912。
孝明天皇の第2皇子。名は睦仁(むつひと)。幼名、祐宮(さちのみや)。慶応3年(1867)践祚(せんそ)。

徳川慶喜の大政奉還により王政復古の大号令を発し、翌年「五箇条の御誓文」を宣布、東京に遷都。軍人勅諭・大日本帝国憲法・教育勅語の発布などをとおして近代天皇制国家を確立した。

(デジタル大辞泉の解説)

 

 

たった一枚で人生が変わることがある。
それを証明したのが、「1000人に1人の美少女」と言われる橋本環奈さん。

下の「奇跡の一枚」がネットでアップされると、たちまち注目を集めて今では押しも押されぬアイドルになっている。

 

橋本環奈「奇跡の一枚」画像が人気の理由&カメラマンまとめ【1000年に一人の美少女】に投稿された画像

 

e160d7146adfa2e50a4220f6c2ec45e8

 

でもボクはアイドルのことは知らないから、この話はここまで。

 

パキスタンでも、「奇跡の一枚」によって人生が一変したという青年がいる。
それが、「イケメンすぎるチャイ屋さん」と話題になっている「アルシャッド・カーン(Arshad Khan)」さん。18歳。

 

「インターネットに投稿された1枚の写真によって人生が一転した──。」

 

下のAFPの記事(2016年10月25日)に、そう書いてある。

パキスタンのチャイ売り青年、世界中で「イケメン」と話題に 社会問題にも

 

このカーンさんはパキスタンの首都「イスラマバード」のチャイ屋さんで、チャイを売っている。

 

ところで、「チャイ」という飲物を知ってる?

 

チャイ(〈トルコ〉chay)

茶。インド・トルコなど西アジアでの茶は紅茶のことで、ミルクティーが主流。

(デジタル大辞泉の解説)

 

インドのチャイはシナモンなどの香辛料も煮ているから、日本のミルクティーとは違う。
インド料理の店で、飲んだことがある人も多いと思う。

 

この写真のように、インドの列車に乗っているとチャイ売りが来る。

うまい!

パキスタンのカーンさんも、こんな仕事をしているのだろう。

001031 (2)

 

あるとき、このカーンの写真がインスタグラムに投稿された。
すると、「イケメンのチャイ売りがいる!」とパキスタンで話題となる。
そして彼をひと目見ようと、多くの人が集まるようになった。

 

14日の写真投稿から数日後、この若く、ハンサムなチャイワラ(チャイを売る人)を一目見ようと、大勢の人々が市場に殺到した。

(同記事)

 

あんまり引っぱってもなんだから、彼のご尊顔をお見せしよう。

 

img_11e957c4a281f9848de2c6e1017d072a113023

 

img_818d52f6ed1e09bc30f03569be82e910100252

 

ビ、ビミョウ・・・。
まあ、「美の価値観」は国によって違うけどね。

 

img_a63a3e3b70bbee49777a6950d1eac1e1129749

男が男と一緒に写真を撮りたがる・・・。
このことは、あとから書きます。

 

もし日本で、「イケメンすぎるカフェの店員」がいたとしても、これで終わりだろう。
話題になって、それを聞きつけた地元の雑誌やテレビで取り上げられるぐらい。

 

でも、厳しいイスラーム教の国パキスタンでは違う。

ラホール(Lahore)在住の社会学者の女性も、「特権階級のエリートたちがセクシーなチャイ店主に熱をあげ、労働者階級の男性を物扱いしている」とツイッター(Twitter)に批判的なメッセージを投稿している。

(同記事)

 

パキスタン国内の階級問題や性的対象化の問題にまで発展して、大きな議論になった。

話題を呼んだら、次は社会的な論議を呼んでしまったらしい。

 

001098

歴史の教科書で見たことない?
「断食するブッダ」の像。
パキスタンのラホール博物館で。

 

ボクは、パキスタンに1回だけ行ったことがある。
パキスタンについて、どこまで正しいか分からないけどこんな話を耳にした。

「パキスタンに、は同姓愛者がとても多い」

 

この話は、バックパッカーなら聞いたことがあるだろう。
イスラーム教の考え方のため、女性と知り合うきっかけがないためにそうなるという。

「パキスタンのラホールで、男性の旅行者が宿の男性スタッフから襲われた」といった話を何回か聞いたことがある。

 

男性が親戚以外の女性と会話するなどまずありえない。

町中で知らない女性に声をかけるような男は変態。 いまだに親の紹介での結婚しか許されない。

職場に女性がほとんどいないのでホモが大変大変、多い。

パキスタン

 

先ほどのイケメンのチャイ売りの青年も、「性的対象化」として物のように見られているのではないか?

そんな非難がパキスタン国内であるらしい。

 

やっぱり、日本とまったく違う社会なんだなあ。

 

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

今、シンガポールで話題沸騰!チャンギ空港のイケメン警察官

「インド・カテゴリー」の目次 ①

「インド・カテゴリー」の目次 ②

「インド・カテゴリー」の目次 ③

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。