韓国では反日、日本では金もうけ。ツートラック戦略とは?


 

韓国という国を見ていて、ときどき不思議になる。

韓国の社会には反日感情がある。
あるものはあるのだから、しかたがない。

そして、そんな反日感情を利用する政治家がいるから困る。
日本を挑発したり攻撃したりするような言動をして、自分に注目や人気を集めようとする。

 

その例には、李明博元大統領がいる。

2012年に、李明博元大統領は竹島(独島)に上陸した。
日本が「日本固有の領土」としているところに、あえて足を踏み入れている。
自分の支持率を上げることが大きな目的で。

くわしくは、こちらを。
李明博竹島上陸

 

李明博元大統領が日本人を怒らせたのはこれだけではない。
天皇陛下に対して謝罪まで要求している。

くわしくは、こちらを。
韓国による天皇謝罪要求

 

こうした行為で、日本での韓国へのイメージは急速に悪化した。
そしてその後、日韓関係は「戦後最悪」というレベルにまでたっしてしまう。

 

 

韓国は日本人を怒らせるようなことをしながらも、日本をだいじなビジネスパートナーだとも考えている。

「それが韓国のいうツートラック戦略ってやつだ」

と言われたら、そうなんだと思う。

ツートラック戦略というのは、韓国の日本対する基本的な考え方のひとつ。

日本には、過去の歴史への対する真の反省や心からの謝罪を要求する。
でも経済については、歴史認識とは切り離して考えて協力していく。

中央日報では、ソウル大客員教授のこんな言葉を紹介している。

日本とは過去の歴史と経済協力を分離してツートラックで解決しなければいけない

日米中「外交津波」…韓国に解決する人はいない

 

「経済協力」と書いているけど、ぶっちゃけ、日本と通貨スワップを結んだり、日本でビジネスをしたりしたい、ということだろう。

一面的に見たら、「韓国国内では反日的な言動をおこなって、日本では商売をする」ということ。

過去の歴史と経済協力を切りはなすツートラック戦略という考え方は、日本にとっても利益はあると思う。

でも、韓国にとってかなり都合のいい考え方である気がしてならない。

 

 

今から3か月ほど前、朝鮮日報の記事(2016年12月14日)を読んで驚いた。

「日本は重要な隣国だが敵性国 支持率急上昇の李氏=韓国」

この記事のタイトルにあるように、韓国の大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)氏が日本を「敵性国」とよんでいる。

韓国にとって日本は同盟国であるはずなのに。

この李氏は、大統領選の有力な候補者とされていた。

李氏は朴槿恵(パク・クネ)政権に対する過激な発言で支持を集め、次期大統領選をめぐる世論調査で3位に浮上するなど、支持率が急上昇している。

 

これも竹島上陸とおなじで、日本を攻撃するようなことを言って支持率アップをねらったのだろう。

そんな人が、韓国のマスコミにでこんなことを言っている。

「日本が軍事大国化を目指し、膨張主義を続ければ、最初の犠牲者は朝鮮半島になる可能性があるため、軍事的には適性を完全に解消したとみることは難しい」との認識を重ねて示した。

 

「適性」は「敵性」のまちがいだと思う。
でも、朝鮮日報ではこうかいてあったからそのままのせた。

それにしても、かりに日本が軍事大国になったとしても、韓国や北朝鮮が犠牲者になるだろうか?

 

 

さらに自身のフェイスブックでは、国民に向けてこんな主張をしている。

李氏は先月、自身のフェイスブックに「軍事的な側面からみれば依然として日本は敵性国家であり、日本が軍事大国化がする場合、真っ先に攻撃対象になるのは朝鮮半島」と主張した。

 

ここで、記事のタイトルにあった「日本は敵性国家」という言葉がつかわれている。
この場合の朝鮮半島というのは、韓国のことか北朝鮮のどちらをさすのかハッキリとはわからない。

 

でも、日本がそんなことをするはずがない。
現実的に日本が韓国に軍事侵攻するためには、どれだけのハードルをこえないといけないのか?

憲法を変えることだけを考えても、非現実的だ。
それに日本と韓国の同盟国であるアメリカが許すはずもない。

それよりなにより、日本が韓国に攻めこむ理由が分からない。

「日本が世界中を敵にまわしてまで、韓国に攻めこむ理由はなにか?得られるメリットはなにか?」

そんな質問に答えられる日本人はいない。
「いない」と書いていいと思う。
あまりに現実離れしているから。

 

でも、韓国人はこれがうける。

「日本は敵性国家」
「真っ先に攻撃対象になるのは朝鮮半島」

韓国では、こんな言葉をつかう大統領候補が支持を集める。

 

 

日本は敵性国家だ。
でも金もうけは別。

それがツートラック戦略というもの。

先ほどの中央日報の記事より2日前、韓国経済新聞(2016年12月12日)にこんな記事がのっていた。

韓経:駐日韓国文化院長「若い韓流ファン増やしてこそ韓日関係よくなる」

この韓国文化院の金院長がこんなことを言っている。

両国の関係が良ければ韓流ファンが友人を連れて文化院を訪ねる。関係が悪くなれば一人で来る。とにかくこうした韓流の核心ファンが確実に存在するということだが、こういうファン層を増やせば両国関係の改善に役に立つはずだ

 

「韓流ファン増やしてこそ韓日関係よくなる」と書いてある。

でも、逆じゃないかな?

「韓日関係がよくなったら、韓流ファンが増える」

さきに韓日関係を良くすることに努力するべきでは?

 

 

韓日関係を良くすることを考えると、「日本は敵性国家だ」と韓国人の反日感情をあおって、日本人の嫌韓を助長するような政治家は迷惑でしかない。
日韓関係にとっては、ハッキリいって邪魔だろう。

かといって、文化院長が韓国の政治家になにかをすることはむずかしいとは思う。

でも、いつまでのそのままで通用するだろうか?

「日本に対してはツートラック戦力で」という考え方が、本当にうまくいくのかは疑問。

韓国では反日をやりたい。でも、日本では金もうけをしたい。

そんな都合の良い考えは、いいかげん通らないと思う。

 

 

よかったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

最悪レベル。韓国の慰安婦映画「鬼郷」の作り話に怒る日本人

韓国は「日本隠し」をするなー!ドラえもんやコナンとか

韓国の格差社会の実態③スプーン階級論:特権階級は国民の敵

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

韓国人の考え方を理解する言葉:克日とは(日本を克服する)

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日本