平和を考えた① 日本と韓国はここが違う!「どんな戦争も悪だ。絶対にしてはいけない」って韓国人に言えますか?


 

インドの旅から平和について考えるきっかけをもらって、これまで記事を書いてきた。しかし、もうインドから離れているので、今回からはタイトルからインドの文字を外すことにした。

 

みなさんは、こんな考えにどう思いますか?

「平和の敵は、戦争だ。そして、戦争に『良い戦争』も『悪い戦争』もない。すべての戦争は悪であって、絶対にしてはならない」

 

ボクが海外に旅に出る前は、こうした認識をもっていた。そして、「これはどこの国の人にでも通じる正しい考え方だ」という自信もあった。
しかし、外国でいろいろなものを見たり、外国人と話したりしていると、この自信がゆらいでしまうときがある。

 

例えば、韓国人の大学生と話していたとき。
前に、日本にいる韓国人の友人4人と京都に出かけたことがある。「せっかくだから」と、祇園の良さそうな店を予約して一緒に豆腐料理をを食べていた。そのときの会話で、日本人と韓国人の違いに心底驚いてしまった。

IMGP5428

京都のこのお店で食べていたときにした会話

 

そのときは、日本に来た韓国人が以前、軍隊に入っていたということだったので軍隊での生活について話を聞いていた。
韓国では、彼だけではなく、すべての成人男性は軍にいかなければいけない徴兵制がある。
「KONEST」という韓国の旅行サイトでは、韓国の徴兵制を次のように説明している。

 

すべての韓国の成人男性には、一定期間軍隊に所属し国防の義務を遂行する「兵役」義務が課せられています。

 

日本と韓国の最大の違いの一つはこの徴兵制だ。
だから、ボクとしては、一般の日本人では体験できない軍での生活に興味があった。

それと、この話題を選らんだのは、もう一つ理由がある。
この韓国人と会う前に、韓国の軍隊でいじめ事件が起きて、兵士が自殺したという痛ましいニュースを聞いていたからだ。
あわせて、「軍隊でのいじめ」の実態についても話を聞いてみたかった。

 

「軍隊では、共同生活ですから、いじめはよくあります。あってはいけないことですけど、実際には、なくなりませんよ」
と彼は言う。

 

日本では、学校でのいじめが原因で、生徒が自殺に追い込まれることは昔から起きていて、そのたびに大きなニュースになる。
学校を含め教育関係者が、いろいろな対策を考えて校内の指導体制や生徒との接し方などを改善していると思うが、いじめはなくならない。いじめはなくなってほしいと切に願っているが、実際に、完全になくすことは難しいだろう。

 

このとき、ボクは、「日本でも、学校でのいじめから自殺に追い込まれる子どもがいる。いじめは、絶対にいけない」ということで話を進めようと思ったのだが、彼の次の一言を聞いて、言葉を失ってしまった。

 

「自殺はいけませんね。軍に入った以上は、自分の命は国のものですから」

まったく予想していなかった言葉に、一瞬、理解できなかった。
彼が言うには、軍隊に入ったということは、もう自分の命は自分や家族のもでもなく、「国のもの」になる。
だから、いじめを受けたとしても、国家の「もの」である自分の命を勝手に「処分」してはいけない、ということらしい。

 

「彼は、何を言っているのだろう?」
と、「目が点」になってしまった。
このときは、他に男性と女性の韓国人の大学生がいたけれど、彼らは、この言葉を聞いてもまったく驚く様子はない。
「この豆腐はおいしいですね」と箸を進めている。

 

IMGP4538

 

彼らとの付き合いは長いが、彼らはどこにでもいるような普通の韓国人で、過激な思想や特殊な考えをもっている人たちのようには見えない。

「自殺はいけませんね。軍に入った以上は、自分の命は国のものですから」
という言葉は、韓国では、聞いても違和感を覚えないような常識の範囲内の言葉であるようだ。

 

これは、日本ではまずあり得ない。
日本で、友人との食事中に、「命は、国のものです」という言葉を聞くことは想像できない。自衛隊員の友人がいるが、彼からこんな言葉を聞いたことがない。彼は心の底ではそう思っているかもしれないけれど。

しかし、楽しく友人とご飯を食べているにそんなことを言ったら、「かなり引かれる」ということをよく分かっているはずだ。

 

こういう言葉を聞くと、「平和の敵は、戦争だ。そして、戦争に『良い戦争』も『悪い戦争』もない。すべての戦争は悪であって、絶対にしてはならない」という考えは、絶対に正しいものなのか自信がなくなってしまう。

少なくても、韓国の現実に合った言葉だろうか?これを韓国人にも言っていいものだろうか?という疑問がわいてくる。

 

北朝鮮という「敵国」と隣り合わせている韓国は、日本とは置かれている状況がまったく違う。
だから、国防に関する考え方や価値観も日本とは違う。

韓国人の友人の「命は国のもの」という考えに大きな影響を与えているのは、1950年に起きた北朝鮮との戦争であることは間違いない。

 

少し遠回りになってしまうが、ここから「戦争に『良い戦争』も『悪い戦争』もない。すべての戦争は悪であって、絶対にしてはならない」という考えが本当に正しいのかを考えてみたい。

P1200521

朝鮮戦争のときの韓国の様子

 

「朝鮮戦争」1950~53

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から大韓民国(韓国)への侵攻で始まった戦争。
北朝鮮軍に対し、アメリカ軍を中心とした国連軍が韓国を支援して介入(かいにゅう)した。

戦況が逆転して国連軍が鴨緑江(おうりょくこうにせまると、中国が人民義勇軍を派遣して、のち38度線を挟んで戦局が膠着(こうちゃく)した。

1953年に休戦協定が結ばれ、国家の弁列は固定化された
(世界史用語集 山川出版)」

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

 

「ジャパンエキスポ」になぜ韓国が? ま~た、韓国嫌いを増やすぞ。①

ジャパンエキスポ②韓国を批判するなら、事実を知って礼儀正しく

Japan Expo③「韓国が~」より、日本文化にとって大切なことを知りませんか?

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。