日本とタイ(東南アジア)の仏教の違い③ 結婚・信仰・歴史


 

始めの二言

「日本の植物栽培家は、いくら賞賛しても足りないくらいで、彼らの作り出す庭園や植物はすばらしい」

「いかなる外国の植物群も、日本の観賞用植物ほど多様性と美しさを兼ね備えていない(シーボルト 江戸時代)」「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

IMG_6707

 

今回の内容

・日本のお坊さんは、結婚OK
・日本のお坊さんは、給料制
・日本のお坊さんはプロテスタントの牧師で、タイのお坊さんはカトリックの神父

 

・日本のお坊さんは、結婚OK

友人のタイ人が一番驚いたことが、「日本のお坊さんは結婚ができる」ということ。タイの仏教では、絶対にありえないという。

 

タイのお坊さんは、結婚どころか、女性に触ることさえもできない。
女性も、僧侶には触れてはいけない。

バンコクの地下鉄には、お坊さん用の席がある。
その理由は、お坊さんは尊敬されているからということもあるけど、別の目的もあるらしい。

 

タイ人の女性がその席の辺りには近づかないことによって、僧侶が女性と一定の距離をたもつことができる。だから、偶然にでも女性が僧侶に触れることがないようにする目的もあるらしい。

IMG_0087

お坊さん優先席の表示(バンコクの地下鉄)

 

・日本のお坊さんは、結婚OK

 

親鸞聖人が、鎌倉時代に恵信尼という女性と結婚されたんです。以来、浄土真宗ではお坊さんが結婚してもよいことになっています(ぼうず丸もうけのカラクリ ダイアモンド社)

 

鎌倉時代のお坊さんである親鸞(しんらん)は、中学生のころ習ったはず。
こんなお坊さん。「日本史用語集 山川出版」から。

 

親鸞(1173~1262)

・浄土真宗の開祖

・阿弥陀仏の救いを信じる心をおこすだけで極楽往生できると説く、絶対他力をとなえ、悪人正機説を立て、地方武士や農民に布教した。

 

タイの仏教では絶対にありえないという結婚を、親鸞はなんでしたのか?
それには、このような理由があるらしい。

 

親鸞は僧侶でもなく俗人でもない非僧非俗という生き方を実践していました。子どもは七人いたとされています。

阿弥陀如来を信じて、すべてを委ねていれば浄土に行ける。
自分の力でよい行ないをしたり、修行をしたりするのは、阿弥陀如来を信じていない証拠だ。
それが親鸞の考え方でしたから、戒律などを気にする必要はありませんでした。
これはそれまでの日本の仏教にとって、あまりに大きな改革でした。(池上彰と考える 仏教って何ですか? 飛鳥新社)

 

ということで、江戸時代は、浄土真宗だけが結婚することができた。
日本中のすべてのお坊さんが結婚することができるようになったのは、明治になってからのこと。

IMGP0129

 

今度は明治時代のお話になります。ときの明治政府が「べつに、お坊さんが結婚したっていいんじゃないのぉ~」というお告げを出したんです(ぼうず丸もうけのカラクリ ダイアモンド社)

 

明治政府がお坊さんの結婚を認めたことで、日本の仏教僧は、結婚できるようになった。
これは、海外ではちょっとありえない。
近代社会で、政府が宗教の教えに関することで、命令をだすことは聞いたことがない。でも、日本はそれができた。

 

タイで、政府がお坊さんに結婚の許可をだすことは考えられない。
政府にそんなことができるわけがない。
日本とタイの仏教の違いには、この宗教と政治の距離感の違いもある。

SONY DSC

坊さん in the rain.

 

・日本のお坊さんは、給料制

 

お坊さんの給料は基本的に「月給制」。たとえば「20日締めの35日払い」のように、普通の会社と同じような給料体系なんです(ぼうず丸もうけのカラクリ ダイアモンド社)

 

日本の仏教の場合は、「職業」としてお坊さんをしていると考えてもいいと思う。
その日の仕事が終われば、ジーンズ・Tシャツに着替えて、ビールを飲みながらテレビを見ることができる。
毎月給料が支払われることについては、ふつうのサラリーマンと変わらない。

 

タイのお坊さんの場合、僧侶である限りは、「終わり」はない。
「仕事」が終ったら、袈裟(ケサ)から私服に着替える、ということはない。
タイのお坊さんは、365日24時間、仏教僧であり続けているから、「私服に着替える」という必要性もその発想もない。

 

当然、タイのお坊さんには、給料はない。
月末になったら、ニヤニヤすることもない。
その代わり、衣食住のすべては、タダ。
タイでも仏教の教えが厳しいところでは、お金に触ることができない場合もあるらしい。

 

ボクが日本のお坊さんのことで驚いたのが、これ。

雇われているお坊さんが「除夜の鐘」などで深夜まで仕事すれば、当然「残業手当」がもらえます
(ぼうず丸もうけのカラクリ ダイアモンド社)

 

除夜の鐘をついたら、残業手当が出ることがある!
こんなこと、まったく知らなかった。
ますます、お坊さんが、サラリーマンに見えてしまう。

当然、タイの仏教界には、「残業手当が通帳に振り込まれる」ということはありえない。

 

IMG_0101

日本の協力で地下鉄がつくられたことを知らせている。
韓国さーん、見てますかー?

 

・日本のお坊さんはプロテスタントの牧師で、タイのお坊さんはカトリックの神父

 

タイのお坊さんは、結婚はできないし、飲酒も肉食も禁止されている。
日本のお坊さんは、結婚できるし、飲酒も肉食もできる。

でも、このことをもって、「日本のお坊さんは、タイのお坊さんよりダメ」とか「日本の仏教は東南アジアの仏教よりいいかげん」ということにはならない。

 

キリスト教の宗派(教派)には、カトリックとプロテスタントがある。
カトリックの聖職者は神父で、プロテスタントの聖職者は牧師になる。
神父と牧師には、こんな違いがある。

 

カトリックの神父は、キリスト教の教えにしたがって、結婚することができない。
プロテスタントの牧師は、キリスト教の教えにしたがって、結婚することができる。

 

キリスト教の考え方(解釈)が違うだけで、どちらも正しい。
日本のお坊さん(仏教)とタイのお坊さん(東南アジアの仏教)も、考え方が違うだけで、どちらも正しい。

 

あえて言えば、タイのお坊さんはカトリックの神父に似ている。
タイのお坊さんは、仏教の厳しい戒律を守るという「行為」を重視している。
戒律を守っているから、人びとの尊敬が集まるし、人びとの上にいる。
タイでは、お坊さんと庶民の距離が遠い。

IMGP0047

バンコクのどっかのお寺

 

日本のお坊さんは、プロテスタントの牧師のように、内面(信仰)を重視している(東南アジアの仏教に比べれば)。
結婚する・お酒を飲む・肉を食べるという「行為」は、タイや東南アジアの仏教ほどは大事だとは考えられていない。

 

日本のお坊さんは、タイのお坊さんよりも親しみのある存在で、ふつうの人びととの距離も近い。
前の記事で書いたけど、「坊主バーhttp://vowz-bar.com/」のようにお坊さんが人びとに近づくことは、タイの仏教ではないだろう。

こんなコンセプトのバー。
「現役の僧侶と楽しく過ごす 僧侶の法話を聴く 人生を語り合う そんなBARです」

この距離感もカトリックの神父とカトリック信者、プロテスタントの牧師とプロテスタントの信者の距離に似ている。

 

さらに、タイの仏教のお寺は、カトリックの教会のように派手!

P1190033

日本のお寺は、プロテスタントの教会のように地味。

IMG_6634

 

ここまで読んできて、「何で日本の仏教では、飲酒や肉食がOKなのか?」 と疑問をもった人もいると思う。 それには、こんなワケがるらしい。

 

日本や中国に伝わった大乗仏教では、僧侶は信仰心が厚いのだから、戒律は自然に守られるという考え方に立脚しています。
その結果、とくに日本では僧侶も飲酒、肉食、妻帯もよいこととされて、何か悪いことをすれば、僧侶であれ誰であれ、自業自得としてバチがあたるからそれでよいのだという考え方なのです。
(仏教108の謎 田代尚嗣)

 

やっぱり、内面の信仰を重視ているらしい。
この点でも、プロテスタントの信仰と似ている。

 

良かったら、こちらもどうぞ。

日本のタイ(東南アジア)の仏教の違い① 飲酒・肉食・喜捨(タンブン)

日本とタイ(東南アジア)の仏教の違い② 宗教と金儲け・タイにはない戒名

 


アメリカ人と京都旅行 ~日本人とキリスト教徒の宗教観の違い~ 1~5


アメリカ人と京都旅行 日本人とキリスト教徒の宗教観の違い 6~11

 

キリスト教の宗派(カトリックとプロテスタント)の違いについて

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次③

 

イスラム教について

イスラムを知ろう! 「中東・イスラム」カテゴリーの目次②

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。



 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。