そうだったのか!旅人の敵「外国人料金」の理由 in カンボジア


 

本日の内容

〇カンボジアの外国人料金
最初は、「ひどい!」と思ったけど、よくよく知っていくと、「それは必要だよね」と思った話。

 

〇外国人料金から逃げる日本人旅行者
同じアジア人のメリットをいかして、外国人料金を払わずにすませようとする戦い。

 

〇カンボジアの外国人料金

前に、「人は見た目が9割」という本がベストセラーになった。
第一印象で、その人への評価がほとんどを決まってしまうという、ちょっと怖い本。

 

ボクノ場合、第一印象は「最悪」でも、今は、「それは正しいでしょ」と見方が180度変わったものがある。
「うわっ、ひどい、ぼったくりじゃないか!」
と、最初は思ったけど、よくよくその国やそこに住む人たちのことを知っていくうちに、「それは、必要なことですね」と、正反対の考えになったもの。

 

カンボジアの旅で、そんなことを経験した。
「海外に行くならどこがいい?」
と聞かれたときに、ボクが自信をもっておススメできる国がカンボジア。
何といっても、アジアの至宝「アンコール・ワット」があるから。
カンボジアに行く旅行者のお目当ては、これでしょ。

 

当たり前のことだけど、この世界遺産のこのアンコール・ワットには、入場料がある。
1日券有効の券なら20ドル(約2200円)で、3日有効な券なら40ドル(約4350円)になる。2016年4月現在ね。

 

でも、これが地元のカンボジア人なら無料になる!
4350円がタダ!
ボクがカンボジアに行ったのは、20年くらい前のこと。
そのときに、この地元人料金(と言ってもタダだけど)と、外国人料金の二重料金システムをを知ったときは、率直に思った。

 

「外国人は20ドルでカンボジア人ならタダというのは、ズルい!外国人からぼったくっているだけだろ、それは」

 

今思えば、日本の感覚で外国人料金というものを見ていただけだったと思う。
カンボジアには、そうしないといけない理由というか、カンボジア人と外国人とを同じにすることは現実的じゃない。

 

ボクはカンボジアには、今まで5回くらい行ったことがあって、いろんなカンボジア人とも出会った。
ラタナキリという田舎町に行ったときは、宿のカンボジア人からこんな話を聞いた。

 

「この辺で、アンコールワットを見た人なんて聞いたことがないよ。見たいと思うけど、お金がなくて見に行くことができないんだよ。だから、アンコールワットをテレビでしか見たことがない」

 

「アンコールワットを見たことがない」というカンボジア人がいて驚いた。
アンコールワットは、国旗のデザインにも描かれていてカンボジアという国や民族の誇りのはず。
ビールには、「アンコール・ビール」というものがあって、とっても親しまれてもいる。

 

そんなアンコールワットに、「見たいけど、お金がなくて行くことができないんです」というカンボジア人がいたとは。
ボクが話を聞いたのは、ゲストハウスのオーナーで、物乞いではない。
しかも、彼だけじゃなくて、その辺に住んでいるカンボジア人たちが行ったことがないという。具体的にどのくらいの範囲かは、分からないけど。

 

ちなみに、カンボジアは、それほど大きくない。
およそ、日本の半分の面積になる。
これは韓国と比べれば、大体2倍の面積になる
韓国は、日本の約4分の1の面積で、北海道より少し広いくらい。
ボクは、これを知ったときは、「北海道がそんなに広いのか!」と驚いた。

 

「ラタナキリは、かなり田舎にある町だから、アンコールワットに行けない人がいても不思議じゃないのか」
と、このときは思った。

 

けど、首都プノンペンでも、そんなカンボジア人に出会った。
空港でコーヒーを飲んでいるとき、カンボジア人のスタッフから話しかけられた。
20歳くらいの男性で、白い歯と笑顔がまぶしい好青年。
ボクが、アンコールワットを見に行ったという話をしたら、彼はこう言う。

 

「良かったら、その写真を見せてくれないですか?

カメラの映像を見せると、笑顔を浮かべてこんな感想を述べた。

「へえ、アンコールワットは、やっぱりすごいですねえ。」

 

彼から話を聞くと、彼もアンコールワットには行ったことがないという。
地方出身で、ここでウェイターの仕事をしていて、稼いだお金を田舎の家族に送っているという生活をしている。
だから、アンコールワットを見に行きたいと思っても、見に行くだけのお金と時間の余裕がないらしい。

 

日本人のボクが撮った写真を見て、「アンコールワットは、すごいなあ。ありがとう」と言うカンボジア人がいる。
「カンボジア人がこれでいいのか?」と思ってしまった。
そう思ったところで、現実は何も変わらないけど。

 

アンコールワットの入場料をタダにしても、アンコールワット観光をするだけのお金がないというカンボジア人がたくさんいる。
「カンボジアの誇り」で、見たいという気持ちがあって、入場料もタダなのに、現実には見に行くことができないカンボジア人がたくさんいる。

 

こういうことを知ると、アンコールワットの外国人料金は、「ぼったくり」ではないし、「仕方がない」というものでもない。
今のカンボジアには必要なことだと思う。
外国人からお金をとって、遺跡の修復とともに国を豊かにすることが大事な段階だと思う。
そして、国内のどのカンボジア人でも、気軽にアンコールワットを見に行くことができるような時代になったら、廃止すればいいと思う。

 

これは、もう7、8年前の話で、今のカンボジアは経済発展が進んで、プノンペンにイオンモールができたと聞く。
でも、カンボジア全体で見れば、アンコールワットを見たいけど、見に行くだけの余裕がない人は、たくさんいると思う。

 

〇外国人料金からのがれる日本人旅行者

 

ボクが初めてカンボジアに行った1995年ごろには、このアンコールワットの外国人料金を払わずに遺跡の中へ行こうと試みた人がたまにいた。
「カンボジア人はタダ」ということで、同じアジア人のメリットをいかして、「にせカンボジア人」になって、検問所を突破しようと。
ぼくが聞いたのは、地元の人が着る服を買って着て、自転車を借りて、検問所を通り過ぎるときには、顔を下に向けながら突破するというもの。

 

ある人が決行する前日、宿では、こんな会話もあった。

「成功したかったら、それだけじゃなくて、農家言からクワを借りて、それも持っていけばいい。それなら、外国人には見えない」

「でも、アンコールワットを観光している間も、そのクワを持っているんですか?」
「それも、そうだな」
と、考え込むようなよく分からない光景。

今のアンコールワットでは、絶対にできないだろうけど。

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 


 

ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。