シンガポール②観光旅行をさらに楽しめる「おすすめの時期」


 

どうせ海外旅行に行くなら、良い時期に行った方がいい。

「良い時期」と言っても、いろいろな意味がある。
雨が降らない雨季であったり、観光客が少ない時期であったり。

 

シンガポールに観光旅行に行くなら、「ディーワーリー」というヒンドゥー教の祭りがある時期をおすすめする。
この時期のシンガポールは、本当にキレイらしい。

 

その理由を、今回の記事で書いていく。

「初めて来たよ」という人のために、チョイと前回の内容をおさらい。

知人のシンガポール人が、フェイスブックにこんな写真とメッセージを投稿していた。
「Happy Deepavali

 

14568223_628585943990424_2592318672521444262_n

 

「Deepavali(ディーワーリー)」とは、インド(ヒンドゥー教)の最大の祭りのこと。
他民族国家のシンガポールには、インド系のシンガポール人が住んでいる。
彼らがヒンドゥー教の祭りをお祝いするのは、当然のことだろう。

 

でも、この知人は中国系のシンガポール人だったはず。
なんで宗教も民族も違う中国系シンガポール人が、インドの祭りを「Happy Deepavali」と祝うのか?

 

この疑問を彼女にフェイスブックで聞いてみた。
これが、彼女からの返事。

 

「Yes, there are many Hindus in Singapore. There are also many Muslim Indians too. We celebrate festivals for all races and religions. It know it’s very hard for Japanese to understand. We enjoy each other’s festivals and New Years. That is Singapore!SGSGSG」

「意訳」

「そう。シンガポールにはたくさんのインド人がいます。イスラーム教徒のインドもたくさんいます。私たちは、すべての人種や宗教の祭りを祝いします。日本人がこのことを理解するのは、とても難しいということは分かります。私たちは、互いの祭りや新年を楽しみます。それこそが、シンガポール!SGSGSG」

「SG」は、「Singapore」のこと。

 

人種や宗教が違っていても、「同じシンガポール人」として一緒にお祝いをする。
シンガポールという国の特長をよくあらわしている。

まさに、「That is Singapore!SGSGSG」。

 

こんな知人とのやり取りを見ていた、知人の友人のシンガポール人が会話に加わってきた。
彼がこんなメッセージと写真を、彼女のフェイスブックに投稿する。

「This year light up very beautiful」
「今年のライトアップは、とてもキレイだ」

 

14907005_1349152845103530_7308141412442562193_n

 

上のメッセージは、こう続いている。

「Indian Muslims celebrate in Hari Raya Puasa and Haji. It’s public holiday for all Singaporeans regardless of race or religion」

意訳

「インド人のムスリム(イスラーム教徒)はハリハヤの祭りとハッジを祝う。そのときは人種や宗教の違いに関係なく、すべてのシンガポール人にとっての祝日にある」

 

「Hari Raya(ハリラヤ)」とは、日本語で「偉大な日」という意味。
「Haji(ハッジ)」は、イスラーム教に関心がある人は知っているだろう。
イスラーム教の最大の聖地「メッカ(サウジアラビア)」にお参り(礼拝)に行くことを「ハッジ」という。

 

ハッジ(〈アラビア〉ḥajj)

イスラム教のメッカ巡礼のこと。イスラム法(シャリーア)に定められ、イスラム暦のズールヒッジャ月(第12月)に行われる。

(デジタル大辞泉の解説)

 

「Hari Raya Puasa and Haji」というのは、下の記事のある「Hari Raya Haji(ハリラヤ・ハジ)」のことだろう。
これは、「TRIPPING」というサイトから引用した。

 

「ハリラヤ」と名の付くイスラム教の2大祭りの一つ「Hari Raya Haji(ハリラヤ・ハジ)」。その意味から別名、巡礼祭や犠牲祭とも呼ばれる。東南アジアからも敬虔なムスリム(イスラム教徒)がメッカに巡礼に訪れるイスラム歴の12月10日は、シンガポールやマレーシア、インドネシアでも国民の休日に定められている。2015年は9月24日。

イスラム教最大級のお祭り東南アジア各国の祝日「Hari Raya Haji(ハリラヤ・ハジ)」とは

 

IMGP0134

「卍」は日本だと仏教のシンボルマークだけど、ヒンドゥー教でも使っている。
シンガポールの街で。

 

シンガポール人の知人は、先ほどの投稿にこう返事をしている。

「ya, Hari Raya
We even have songs for these festivals」

意訳

「そう、ハリラヤの祭り。祭りのための歌まであるの」

 

中国系・インド系・マレー系・アラブ系の人たちがいるシンガポールでは、異なる宗教や人種の祭りや新年をみんなで祝っている。

これがシンガポールの良さであり、強さでもある。
ということは、民族の融合がうまくいかなかったら大きな弱点になりかねないけど。

 

14907005_1349152845103530_7308141412442562193_n

 

ということで、シンガポールの「らしさ」を感じられるディワーリーの時期にシンガポール旅行に行くことをおススメします。

この写真からも伝わると思うけど、この時期のシンガポールは街中がライトアップされていて、とてもきれいらしい。
シンガポール人もそれを楽しんでいて、SNSでいろんな投稿をしている。

 

ちなみに、先ほどのメールの「ya(ヤ)」は、外国人が親しい友だちの間でよく使う言葉で、「そう」や「だね」といった軽い意味になる。

ya

そ、うん◆軽い同意の相づち◆
【同】yup ; yep ; yeah

(英辞郎)

 

おまけ

シンガポール人の知人が、「シンガポールでやるべき50のこと」というのをSNSに投稿していたから、それを紹介します。

日本人用ではなくて外国人用のサイトだから、英語ですよ。

50 Weird Things Every First Visitor To Singapore Must Do, Eat And See

 

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

今、シンガポールで話題沸騰!チャンギ空港のイケメン警察官

シンガポールを知りましょ!生活・多民族共生・独立の理由

「インド・カテゴリー」の目次 ①

「インド・カテゴリー」の目次 ②

「インド・カテゴリー」の目次 ③

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。