ベトナム人が日本旅行で感じたこと①「買い物・サービス」


 

始めの一言

*幕末の明治維新について

「西欧化された世界の環境の中で、日本が独立を維持してゆくためには、自分たちが犠牲をはらわなければならないと確信し、みずから進んでその特権を放棄したのである(トインビー 昭和)」「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

IMG_1909

 

今回の内容

・日本での買い物は、すごく楽
・ベトナムでの買い物はありえない
・日本の食べ物・サービス

 

前回、「なんでベトナム人は日本が好きなのか?」ということについて書いた。

たまたま日本に旅行に来ていたベトナム人の友人と会ったから、彼女に聞いた話を中心に書いたもの。
でも、このときは他にも彼女が日本旅行で感じたことをいろいろと聞いた。

今回は、そのベトナム人が日本旅行で感じたことを書いていきたい。

 

・日本での買い物は、すごく楽

「日本で売っている物は質が高いし、信頼できるから買い物が楽しかったし、すごく楽だった」

ベトナムでは、売っている物の質がどのていど良いかよく分からない。
だから、数万円もするような買い物をするときは、それが信頼できるものかどうかを確認するために時間と手間がかかってしまうらしい。

日本での買い物にはそうした面倒がない。
日本で売っている物はなんでも質が高いし、「メード・イン・ジャパン」は100%日本製。
だから、買うものを選ぶのに時間がかからないぶん、楽に買い物ができる。

 

ベトナムで売っている「日本製の商品」は、そもそも本当に日本でつくられたものかも分からない。ベトナムでつくって、「made in Japan」と書いてあるだけかもしれない。

 

IMG_8253[1]

 

・ベトナムでの買い物はありえない

ベトナムでの買い物は大変だ。
15年前に、ボクもこのことを感じた。
ホーチミンでベトナム人のガイドといっしょに一眼レフカメラを買ったときに、日本ではありえない対応にびっくりした。

 

電気屋で展示品のカメラを手に取っていろいろな機能を確かめた後、ソニーのαシリーズの一眼レフカメラを買うことにした。
「これをください」と店員に言うと、その店員はボクが触っていた展示品をそのままわたそうとする。

「箱に入ってたカメラをくれるんじゃないの?」

と、ベトナム人のガイドに聞くと、逆にこう質問された。

「何で箱がほしいのですか?」
そんなわけあるか。
箱が欲しいワケないだろ。
箱に入った新品のカメラが欲しいに決まってるだろ。
なんで他人が触りまくった展示品をもらわないといけないのか?

 

でも、これは日本の常識で、ベトナムでは通じないらしい。
ボクが言いたかったことを理解したガイドは、「それはやめた方がいいです!」と強く言う。

「箱に入れたものをくれと言ったら、店は壊れたカメラを箱に入れるかもしれません。だから、自分が直接確認したカメラをそのままもらった方がいいです。それなら電池も入ってますし」

この言葉にびっくり。

「展示品には良いものを置いていて、箱には壊れたものを入れて客にわたす」
そんなことがあるんだろうか?
でも、ここは日本じゃないし、ガイドがこんなことでウソをつくとも思えない。
ここでの買い物は、展示品をそのままもらうことが「正解」なんだろう。

 

こんなことは日本じゃ考えられない。
「日本の店なら、そんなことを絶対にしない」という信頼がある。
信頼があるというより、「店員は壊れたカメラを箱に入れるかも」という発想がないから、そんなことを買い物で意識することがない。
そういう意味でなら、確かに日本での買い物は商品の良し悪しを確認する必要がない。だから、ベトナムでの買い物に比べたら楽に快適にできるんだろう。

そういえば、中国人の友人も中国でこれをやられたという。
「壊れたカメラを箱に入れてわたされたんです!」と怒っていた。

 

IMG_8249[1]

 

・日本の食べ物・サービス

「日本の食べ物はどうだったんだろう?」
「好きな食べ物や苦手な食べ物があったのかな?」

と思って彼女に聞いたけど、彼女は別のことを話していた。
さっき書いたことと同じで、「日本は食べ物の質も高い」ということ。

「日本の食べ物で驚いたのは、まずいものが一つもなかったこと!安い食堂で食べるものでもおいしいし、店はとても清潔で店員のマナーはすごくいい。ベトナムではこうはいかない。ふつう、安い食堂だと食べ物はまずいし質も悪い。それになにより、店内が汚い。テーブルやいすが壊れていることはあたり前」
彼女は300円ぐらいの牛丼やうどんを食べたという。
確かに日本のレストランでは、そのへんが値段としては「最低ランク」でしょ。

「でも、店内はピカピカなの!店員は笑顔だし言葉も丁寧。ベトナムの安食堂では従業員はそんなに教育されていない。そもそも安食堂にサービスなんて求めてないけど」

 

中国人の友人からこれと同じことを聞いたことがある。
中国人が日本旅行で感激することに、日本人の「おもてなし」があるという。
ファミリーレストランやコンビニでも、従業員は笑顔で対応してくれてお辞儀もする。

「中国ではそんなサービスを受けたかったら、高級店に行かないとダメです。だから、日本人の接客を受けたらみんな日本が好きになっちゃいますよ」

 

IMG_8280[1]

 

もう一つ、彼女が「日本の食べ物はなんでも質がいい」と言っていた理由に、「旅行中、一度もお腹を壊したことがない」ということがあった。

「日本では安い食堂や屋台でも食べたし、寿司や刺身などの生ものも食べたけど一度も、下痢になったことがない。やっぱり、日本の食べ物はすごいです」

これは、褒め言葉なんだろうか?

 

長くなったので、今回はこのへんで。

次回も、彼女が感じた日本について書いていきます。

 

ランキングに参加しています。

「読むたび、新しい発見」となるようなブログをめざしています!
今回の記事で、新しい知識などがあったら、ぜ下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

カンボジア人ガイド「日本人と韓国人の違いは、見た目で分かる

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。