平均月収33万円のタイで、外国人料金は必要なの?


 

今日の一言

「着色法、彫刻技術、青銅の象眼細工術に関して、日本人は他に追随を許しません。しかし、この偉大な日本金属工芸研究のために、民族美術研究家は個人コレクションや目利きの骨董商の宝を訪ね歩かなくてはなりません。
(シドモア 明治時代)」

 

IMG_7755[1]

 

前回は、カンボジアのアンコールワットの外国人料金について書いた。
地元のカンボジア人は無料で、外国人は1日券なら20ドルかかるけど、それは、カンボジアの国の事情を知れば、必要なことだと思う、と。

 

カンボジアは、いいよ。
でも、おまえはどうなんだ?
と言いたくなるのが、ほほ笑みの国「タイ」。

 

まずは、タイという国についての簡単な紹介から。

・場所

場所は、東南アジアの真ん中で、日本からは、飛行機で6時間ぐらいのとこ。
国の形が「象の顔」に似ているとも言われる。
下の地図で見てほしい。
ちなみに、朱印船貿易時代に、徳川家康とも交流アリ。

・国名

タイ族に由来する。タイの語源は不明だが、後世、この語は「自由」の意味で解釈されるようになり「自由の国」と意味づけられている。(地名の世界地図 文藝春秋)

 

ということで、ここでは、「タイ」とは「自由」の意味だという。
でも、「タイ」という国名が本当に「自由」という意味なのかは、はっきりしない。

ラッタナコーシン歴史展示館のタイ人ガイドは「自由という意味です」と言う。
「ジム・トンプソンの家」のタイ人ガイドも「自由です」と言う。
ボクが雇ったタイ人ガイドも「そうです」と言う。

 

なぜか、友人のタイ人は、「発音は同じですけど、書くと違いますよ。『自由』とは違う意味じゃないんですか?」と言う。
でも、一番あてにならないのが友人のタイ人だから、きっとタイという国名は「自由」って意味だと思う。

 

・首都名

外国人は、「バンコク」って呼ぶけど、これは正式な首都の名前じゃない。
タイ人は、ふつう、「バンコク」とは言わない。
正式名称は、世界で一番長い首都名になる。
ウィキペディアか下の記事で見てみて。

 

・「タイ人」の英語

「日本人」は、英語で「ジャパニーズ」、「アメリカ人」は「アメリカン」。
では、「タイ人」を英語で言うと?
答えは「タイ」。
日本語だと「タイ」は国名だけど、英語だと「タイ人」になる。
で、英語で「タイ」という国名は、「タイ・ランド」になる。
「タイ」と省略しない。
何で日本語では、「タイ」だけになるかは分からない。

 

そんなタイは、東南アジアでは、経済的にすごく発展してる。
もう、優等生。
にもかかわらず、そんなタイにも外国人料金がある。
さっきも書いたけど、これがまだまだ貧しいカンボジアなら分かる。

 

でも、おまえは違うだろ、タイランド。
ここでは、あえて親しみを込めて「おまえ」と呼ばせてもらう。
タイは大好きです。食べ物はおいしいし、人は陽気で楽しいし。
だから、「おまえ」と言っても、「マイペンライ(大丈夫よ~)」と、タイ人なら気にしないと思う。

 

そんなタイの首都バンコクには、「ワット・プラケオ」という超有名なお寺がある。

 

「タイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院である「ワットプラケオ」は、王室の守護寺でもある由緒正しき寺院です。ここを訪れないでバンコクは語れない、といっても過言ではない、“バンコク観光の最大の目玉スポット”です。(バンコク・ナビHP)

 

この目玉スポットの入場料に目玉が飛び出そうになった人も多いのではないかと思う。

 

「入場料は外国人一人500B(2013年5月現在) です。タイ人は無料です。(バンコク・ナビHP)」

 

500Bは、2016年4月現在で、約1520円になる。

「なんでタイは、外国人料金を設定しているの?」
と、理由を聞くと、聞いたタイ人によって答えが違う。

 

「だって、まだまだタイ人は、外国人よりお金がないよ~」

「ワット・プラケオは、タイ人にとって最も大事なお寺ですから、タイ人なら誰でも入れるようにしないと」

「タイにある物は、すべてタイ人のものですから」

などなど。
つまり、タイに何で外国人料金があるのかは、タイ人でもよく分からないらしい。

 

中国やベトナムにあった外国人料金は、理由があった。
「まだこの国は、発展途上の国だ。だから、外国人に比べたら貧しいから仕方ない」という理由だと聞いた。

 

そして、結果を見たら、そのとおり。
この中越二つの国は、経済発展が進んで国民の所得が増えていった。現在では外国人料金がなくなっている。
この2国での外国人料金は、発展途上国(貧困国?)でなくなるまでの「一時的な料金」だったんだろう。

 

でも、おまえは違うだろ、タイランド。
東南アジアでは、「もはや途上国ではない」というほど豊かな国でしょ。
ここで、タイ人の稼ぎを見てみる。

 

「平均年収.jp」によると、
「タイの平均年収は日本円にして138万円~140万円です。」で、「平均月収は11万円です。」となっている。
これは、あくまで一つの目安で、計算方法によっては別の数字が出ると思う。

 

でも、タイと日本とは物価が違う。
日本の月収11万円とタイの月収11万円とは、まったく意味が違う。
タイの月収11万円というのは、日本だったら月収いくらに相当するのか?
ということで、タイと日本の物価の差を見てみよう。

 

「タイで10バーツで売っているものは、日本では100円で売っている、という感覚です。(バンコクナビ)」

 

これからすると、タイの物価は、日本の物価の3分の1くらいと考えていい。

これと、さっきの月収をそのまま計算する。
すると、本当におおざっぱな感じだけど、タイ人の月収11万円というのは、日本だと月収33万円になる。
目安としてね。

これをバンコク出身で日本に4年間住んでいるタイ人に聞いてみた。
「バンコクなら、大卒のエンジニアで初任給が15000B(約45500円 2016年5月現在)ですから、平均月収なら、8~90000円じゃないですかね。でも、物価は日本の3分の1から4分の1くらいですから、日本だったら33万円でも間違っていないと思いますよ」
ということで、月収33万円に決定。
月に33万円稼いでいるなら、入場料を無料にするレベルじゃないでしょ。

 

今、日本に旅行に来るタイ人がすごく増えている。
京都の清水寺の辺りでは、着物を着たアジア人がタイ語を話していたし、白川郷に行ったときは、お土産屋でタイ語が飛び交っていて驚いた。
雪を見たことがないタイ人には、北海道が人気のスポットだという。

お金あるじゃん、タイ人のみなさん。

 

やっぱりおまえは、外人料金いらんやろ?タイランド。
カンボジア人のタダとタイ人のタダは、ワケが違う。
タイ人なら、500Bの10分の1の50Bくらいなら払えるでしょ。

外国人料金が、「国が発展するためまでのもの」ではなくて、別の理由があるかもしれない。ネットでは、「代わりに、タイ人は布施を出している」というのも見つけた。

 

でも、お寺だけじゃなくて、博物館にも外国人料金があったような、と思って「バンコク・ナビ」を見たら、料金が載っていない。

 

「入り口を入って左手にあるチケット購入ブースで、チケットを買います。」
ってだけしか書いていない。
旅行情報サイトが、料金を載せていないのは、変でしょ。
「料金は、書きたくない」ってこと?
タイ国政府観光庁のHPだと、「200B」とある。
でも、ネットで、タイ人料金は20Bと書いてあるのを見つけてしまった。
やっぱり、これは書きたくなかったわけね。
「ほほ笑みに国」の「ほほ笑み」は、後ろめたさを隠すためですか?

 

結局、タイの外国人料金ってお寺だけじゃないじゃん。
その傾向がどんどん広がっていって、外国人から抗議の声も出ている。
タイの外国人料金は「一時的なもの」ではなくて、「固定化されたもの」になっているんじゃないの?。

 

感覚としては、「タイで外国人料金は、もう、ええやろ」
という気がする。
この外国人料金の存在は、タイのイメージをすごく悪くしていると思うけどね。
良かったら、こちらの記事もどうぞ。

これからタイへ行く人へ・これからもタイへ行く人へ~タイ人を驚かせる魔法の言葉~

ランキングに参加しています。
良かったら、下のボタを押してください。


ツイッターしてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的なことを書いています。