日本はインドネシア人にとって植民地支配の解放者?侵略者?


 

うれしいことに、「日本は好きだ!」と言ってくれるインドネシア人は多い。

旅行サイトの「TABIZINE」の記事(2016年8月)では、世界の親日国としてインドネシアをあげている。

日本に好感をもっている国ってどこ?世界の親日国10選

 

でも、なんでインドネシア人は日本に好感をもってくれているのか?

「TABIZINE」の記事では、その最大の理由を「日本人がインドネシア人とともに独立のために戦ったから」ということをあげている。

インドネシアが親日国と言われるようになった最大の理由は、日本人がオランダによるインドネシアの再植民地化を防ぐ手助けをしたこと。

インドネシアは約340年間にわたるオランダによる植民地支配と、日本による1945年までの3年間の統治の後、独立を宣言します。

しかし、オランダが再度インドネシアを植民地化しようとしたため、再び独立戦争が勃発しました。そこでインドネシアとともに戦ったのが軍籍を離脱した日本人約3000人。その甲斐あって、1947年にインドネシアは悲願の独立を果たしたのです。

日本に好感をもっている国ってどこ?世界の親日国10選

 

20年ぐらい前に、ボクもこれと同じことを本で読んだことがある。

「インドネシアはとても親日的な国だ。その理由は、太平洋戦争の前後で日本人がインドネシア人のために良いことをしたから」

その具体的な内容は、次の2つがあったと思う。

・「TABIZINE」の記事で書いているように、インドネシアの独立のために日本人もオランダ軍と戦ったこと。
・前回の記事で書いた「ペタ(郷土義勇軍)」で日本人が協力したこと。

 

この2つの理由によって、「今でも日本に感謝してるインドネシア人はたくさんいる」ということをその本で知った。

そんなことを知って、インドネシアという国に興味が出てきた。

 

 

その本を読む前まで、太平洋戦争のときの日本というと「残酷な侵略者」というイメージがあった。

インドネシアを始め、東南アジアで多くの人たちに苦しい思いをさせて迷惑ばかりをかけていた。
「だから太平洋戦争のときの日本軍のおこないによって、今でも日本は東南アジアでは嫌われている」という印象をもっていた。

 

今になってみたら、このときボクがこう考えていたのは中学や高校で学んだ歴史の影響が一番大きい。

何も知らない「白紙」の状態で、「日本軍は残酷なことばかりをしていた」「今でも日本人を恨んでいるアジアの人たちはたくさんいる」という歴史教育を受けていから、自然にこういう認識を身につけてしまった。

当時はネットをつかって自分で調べることもできず、教師の影響力は今よりずっと大きかった。

 

だから、その逆の内容を知って驚いてしまう。

インドネシアは日本を好きな人が多い親日国である。
その理由は、日本がオランダの植民地支配からインドネシアを解放したことや独立を守るために戦ったからだ。

そんなことを本を読んで知って、まさに目からウロコが落ちる思い。

そんなことで、「インドネシアに行って、現地の声を聞いてみなくては!」とインドネシア旅行を思いたつ。

 

ちなみに、「目からウロコが落ちる」ってこんな意味の言葉です。

めからうろこがおちる【目から鱗が落ちる】

あることがきっかけとなって、迷いからさめたり、物事の実態がわかるようになる。

大辞林 第三版の解説

 

短く「目からうろこ」と言うこともある。
これはもともと、キリスト教の聖書(使徒行伝九章)に書いてある言葉なんですよ。

 

 

そんな目的があったからインドネシアを旅行していたときには、太平洋戦争の前後で日本がしたことをいろいろなインドネシア人に聞いてみた。

すると、日本で読んだ本と同じことを言う。

「ああ、そのとおりだ。インドネシアの独立は日本のおかげだよ。だから今でも感謝しているインドネシア人はたくさんいるんだ」

やっぱり!太平洋戦争のときに、日本軍はインドネシアに良いことをしたんだ。
それじゃ、ボクが教わった教育はなんだったんだろう?

 

 

・・・・となることを期待していた。

でも実際には、そんなことを言うインドネシア人には出会わない。

宿のスタッフや旅行会社で働いていたインドネシア人に話を聞いてみたけど、「日本軍がオランダの支配から解放した」なんて話した人はいない。
独立戦争で、日本人もインドネシア人と一緒にオランダ軍と戦ったことを知っているインドネシア人は1人もいなかった。

ペタやインドネシアの独立宣言にある皇紀のことなんて、だ~れも知らない。

「あれ?話が違う」

旅行に行く前は、「植民地支配からの解放者としての日本」や「独立を守った日本人」というイメージを頭に思い描いていた。
でもバリ・ジョグジャカルタ・ジャカルタで出会ったインドネシア人に話を聞いても、そんなことを話す人はいない。

 

今度は中学や高校の歴史教育とは逆で、「あの本に書いてあったことはなんだったんだろう?」と不信感をもつようになってしまった。

日本に住んでいるインドネシア人に話を聞いてみても、同じことを言う。

「太平洋戦争のとき日本は、インドネシアになにをしたの?」

と聞くと、「オランダの次に支配したのが日本」と答えるのが一番多い。

だれにきいても、日本を「解放者」や「戦友」なんて言わない。

 

 

でも、インドネシアが親日的な国だということは本当。

宿のスタッフも旅行会社のインドネシア人も、「日本は大好きださ」と口をそろえて言う。
宿のスタッフが「日本人は部屋をきれいに使うし、問題もおこさない」と言えば、旅行会社のインドネシア人は「日本人の客はルールや時間を守るし、キャンセルもしない」と言ってくれる。

他にも移動中のバスで話を聞いたインドネシア人からも、日本に対して良い印象をもっていることを聞いた。

インドネシアが親日国であることは、実感できた。

 

 

ボクが話を聞いた限りでは、「オランダの次に支配したのが日本」というものが多かったけど、だからといってインドネシア人は日本に悪い感情をもってはいない。

というか、だれもそんな話題に関心がない。

日本で住むインドネシア人の関心は、そんなことより今の日本での生活のほうにある。
70年前に日本人がしたことなんて彼らの意識にはない。

「自転車に乗っていると警察官に呼び止められて、『盗難車ではないか?』と疑われることが多いです。それがうっとうしくてイヤですね」
そんなことを話していた。

 

これはインドネシアに住んでいる人たちも同じ。
ふつうのインドネシア人は日々の生活で忙しいし、頭のなかにあるのは週末の予定ぐらい。

独立記念日がある8月になると、インドネシアの国旗を街で見かけるようになるから、オランダの植民地支配や独立のことを考えることもあるぐらいだという。

 

 

結局、ボクがインドネシア人から話を聞いた範囲では、「オランダの植民地支配を解放した日本」も「インドネシア独立を助けた日本」もなかった。

TABIZINEの記事にあったことは、まったく確認できなかった。

「インドネシアが親日国と言われるようになった最大の理由は、日本人がオランダによるインドネシアの再植民地化を防ぐ手助けをしたこと」

今となっては、この記事を書いた人が何を根拠にこう書いたかに興味がある。

 

でも、「日本軍は残酷なことばかりをしていた侵略者だ」とか、「今でも日本人を恨んでいるインドネシアの人たちはたくさんいる」という話も聞かない。

さっきも書いたけど、70年前の日本のことなんてだれも興味がないし、ほとんど知らない。
インドネシア人にとっては、「解放者としての日本」や「侵略者としての日本」なんてことより、もっと身近で大切なことがたくさんあるから。

 

 

この記事では「世界の親日国」に興味がある人ために、TABIZINEのこの記事のリンクをはっておきました。

日本に好感をもっている国ってどこ?世界の親日国10選

 

この記事を参考にするぐらいならいいけど、記事の内容を信じるなら自分で調べて確認したほうがいいですよ。

この記事で「1947年にインドネシアは悲願の独立を果たしたのです」と書いてあったけど、これはアヤシイ。

外務省のホームページにある「インドネシア共和国 基礎データ」では、次のように書いてある。

1945年 8月17日,スカルノ及びハッタがインドネシアの独立を宣言。

1949年 ハーグ協定によりオランダがインドネシアの独立を承認。

 

1947年については、なにも書いていない。

これはインドネシアの高校生がつかう歴史教科書も同じで、インドネシアの独立は1945年となっている。

旅行サイトの情報はホテルやレストランの情報は正確でも、歴史については「これはどうかな?」というものがちょこちょこある。

ブログを書く人は自分で確認してから記事を書いた方が絶対にいいよ。

 

 

ランキングに参加しています。

良かったら下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

日本とインドネシアの関係②生活の違いと独立宣言の「皇紀」

日本とインドネシア③peta(義勇軍)と独立戦争で共に戦った日本人

旅といえば「東南アジア」。その意味は?インドシナとは?

日本とタイ(東南アジア)の仏教の違い① 飲酒・肉食・喜捨(タンブン)

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ②

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3