韓国人の考え方を理解する言葉:克日とは(日本を克服する)


 

最近のニュース

今年、大阪が熱い!
らしい。

毎日新聞の記事(2017年1月16日)から。

NYタイムズ .「今年行くべき世界の52カ所」に大阪選出

・ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ「今年行くべき世界の場所2017」に大阪が入った。12回目の選考だが、大阪が選ばれたのは初めて。

・英国の旅行ガイド出版社も「今年行くべき世界10都市」に大阪を選んだ

・英国の出版社「ラフガイド」は、パリや米・アトランタとともに大阪を選んだ。

 

アメリカやイギリスのメディアに大阪が選ばれたのは、めでたいやん。

でも、なんで「今年の大阪」なのか?

この記事で触れているのは、これだけ。

4月28日から大阪市住之江区のインテックス大阪で和食文化などをテーマに開かれる大規模イベント「食博」にも触れている。

 

ネットで検索したところ、大阪で今年開かれるイベントは「フィッシングショー大阪2017」や「スーパープレミアム肉フェス2017大阪」といったもの。

「なんで今年なのか?」が、イマイチよくわからない。

 

 

釜山の日本総領事館前に、ど~んと慰安婦像が置かれたのはご存じのとおり。

そのことについて、韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官はこんなことを言っている。

「外交関係に関するウィーン条約によれば、他国の公館前に問題となる造形物を設置するのは望ましくない」

 

ぐうの音も出ない正論。
まったくそのとおり。
望ましくないから、日本政府は撤去してくれと要請しているんですけどねえ。

 

でも残念ながら、そんな当たり前が通じないのが韓国という国。

上のような発言をした長官に対し、韓国の野党は「日本の安倍首相の報道官か」と言う。
また、ある議員はこの長官が交わした日韓の慰安婦合意について、「売国行為」と批判しているという。

でも、「そんな批判しているだけでいいのか?」と怒っているのが朝鮮日報。
社説(2017/01/16)でこんなことを書いている。

韓国外交、「親日」「売国」批判だけでうまくやれるのか

・韓国国内では「10億円で売った」というあまりにも短絡的な批判が幅を利かせている。

・大局的判断が行われるたびに「親日」だとか「売国」などと感情的で単純な批判を続けてばかりいると国は前に進めない。また慰安婦少女像はどこにでも建てることはできるが、日本の公館前に設置することだけは考えなければならない。

 

「慰安婦少女像はどこにでも建てることはできる」といっても、アメリカとかオーストラリアとか、外国で建てるのはやめてくれよ。

 

でも、これ以外のことはボクも賛成。

「他国の公館前に問題となる造形物を設置するのは望ましくない」と長官が言ったことに対して、韓国の議員は「この親日め!」「売国だ!」とレッテルを貼って攻撃するだけ。

気に食わないことを言った相手には、心理的なダメージや屈辱を与えて黙らせようとする。

それなら、「おまえはネトウヨだ!」と書き込むのとそんなに変らない。

 

 

「日本の公館前に設置することだけは考えなければならない」と素晴らしいことを書いてくれた朝鮮日報さんの結論はというと、こんなん。

日本との外交関係における根本問題は、何よりもまずわれわれの国力が日本に及ばないことにある。

日本を追い越すには国民の誰もが骨を削るような努力をしなければならないが、デモに参加して感情を表に出すだけでは何も変わらない。政治家も同じだ。

 

なんだ。

「日本大使館と領事館前の少女像を動かそう」じゃないのか。

「(韓国の)国力が日本に及ばないことにある」
「(韓国が)日本を追い越すには」

って、いつもの「克日」の考え方じゃん。

 

でも、忘れないでほしい。
日本は同盟国で、敵は北朝鮮のはず。

 

国力・製品・国の品格・スポーツ・ノーベル賞などなど、いろいろなことで「日本に追いつけ・追い越せ」とがんばることを「克日」という。

韓国の新聞を見ていると、この「克日」という言葉が出てくる。

たとえば、中央日報にはこんな記事がある。

克日、結局は国力だ=韓国

これらの諸々の事態は大韓民国の存在が日本に大きく遅れていたから起きたことだ。韓国の過去の歴史の解決能力も最終的には韓国の国力・国の品格にかかっている。

 

これも、「国力・品格で日本に追いつけ追い越せ」という克日。
韓国人の場合、日本と比べると「なにくそ!」とエネルギーが出るんだろう。

克日もいいけどさ、今は慰安婦像を動かさないと日韓関係も動かないと思うよ。

 

韓国のおにぎり。
おいしかったけど、見た目が雑すぎる・・・。

 

韓国で克日という考え方が生まれたのは、教科書事件がおきた1982年ごろらしい。

「克日」というのは、「日本を克服する」という意味だが、当時、国民的な反日気運を収拾させるために考え出された。

日本非難、日本糾弾の民族的なエネルギーはデモなど単なる反日感情の噴出で終わるのではなく、自ら国力を蓄えて日本に勝てるような持続的な「日本克服」の努力につなげなければならないというわけだ。

これが「教科書事件」の最終段階で官民挙げて主張され、反日は収まった。

(韓国人の歴史観 黒田勝弘)

 

この「克日」という言葉や考え方は、どんなときに出てくるのか?
というと、国内で反日感情が高くなってきたとき。

克日という考え方で、反日感情の炎を消すという。

「克日」という言葉で代表されるように、韓国における反日収拾の論理はいつも「国力培養」である。

(韓国人の歴史観 黒田勝弘)

 

そういえば、さっきもこんな言葉が出てきていた。

「まずわれわれの国力が日本に及ばないことにある」
「日本を追い越すには国民の誰もが骨を削るような努力をしなければならない」「韓国の過去の歴史の解決能力も最終的には韓国の国力・国の品格にかかっている」

これも反日感情を消すために、「ならば、日本に追いつかないと。追い越さないと」という克日の考え方を使っている。

この韓国人の考え方は、これまで変わっていない。
これからも克日は変わらないと思う。

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。
というか、気分を害される方が多いらしく。
最近もこんな心温まるコメントをいただきました!

「差別と憎悪に満ちたゴミブログ。さっさと止めてくれ」

ま、「日本人として生まれたら、謝罪する必要がある」なんて考えには戦っていきますけどね。
これからの日本人には、そんなん必要ないし。
そういう考えが日韓友好を邪魔している。

良かったら、ポチッとお願いしますね。

 

こちらの記事もいかがですか?

日韓関係の歴史を知ろう①戦後最悪からの改善:竹島→慰安婦

釜山の慰安婦像②日本政府の怒り!韓国人の反応・気持ちは?

日韓関係③慰安婦像問題の責任は?韓国政府?国民?釜山市?

日韓の慰安婦像問題④アメリカ「ねえ日本。僕もう、韓国に疲れたよ」

日韓の慰安婦問題⑤韓国とアメリカ(米韓関係)、朝鮮戦争の始まり。

慰安婦像問題⑥韓国にとってのアメリカとは(朝鮮戦争)?

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。