タイを旅行中、チップで大失敗。人生でもっとも高いトイレに。


 

前にtipのことを書いた。

tipを「チップ」と発音すると外国人には通じない。
それだと「chip(かけら)」に聞こえてしまう。

だからtipは「ティップ」と言うほうが良い。
そんな内容の記事。

日本人のカタカナ英語発音。注意したら良くなる「tipとsix」。

チップのことを書いていて思い出したことがある。
タイを旅行中、チップで大失敗をしてしまった。

 

 

タイってこんな国だ。

面積:51万4000平方キロメートル(日本の約1.4倍)
人口:6593万人(2010年)(日本の約半分)
宗教:仏教が94%でイスラム教が5%(タイの南部に集中している)
民族:大多数がタイ族。その他 華人,マレー族等(タイは日本と違って他民族国家)

データは外務省ホームページから。
タイ王国(Kingdom of Thailand)基礎データ

 

国民性:(独断と偏見)見た目を重視し、カッコウをつけたがる。

タイのふつうの大学生。
卒業写真にしてもカッコウつけすぎ。

 

今から20年ほど前、ボクがまだ夢と希望に満ちていた大学生のころ、タイのバンコクを旅行した。

そのときはツアー旅行ではなくて、旅行会社に頼むのは飛行機のチケットだけというバックパッカー・スタイルでの旅行。

旅に必要な物は背中のバックパックにつめ込んで、後は自分で自分で何とかする。そんな感じの旅をしていた。

 

大学生だったから、当然お金はない。
「お金はない」といっても、「海外旅行なんて夢のまた夢」という現地の人からしたら、金持ちに見えたことは間違いない。

とにかく旅の座右のめいは「欲しがりません勝つまでは」で、節約第一のケチケチ旅行をしていた。
宿は一泊60バーツ(約180)円で、ご飯は10バーツ(約30円)のパッタイといいった具合。

パッタイというのはタイ風の焼きそば、
でも日本の焼きそばとは違う。
砂糖が入っていて甘い。

ムダな出費をおさえてタイを旅行していたとき、チップで大失敗をした。

 

これはわりと高級なパッタイ

 

今はなき、カオサン・トラベラーズ・ロッヂ

 

タイらしさを感じる犯罪

 

バンコクをぶらぶら歩いてると、急にトイレに行きたくなる。

近くにあったコンビニに入ってトイレを探したけれど、トイレがない。
それでも店員がそこにいるのだから、トイレはあるはず。
店員に聞いても英語が通じない。

そんなことをしているうちに、水位がどんどん上がってくる。
このまま洪水してしまう。
危険を感じてコンビニから出る。

次に入ったコンビニにもトイレがない。
「タイのコンビニには、トイレがないのか(←じつは正解)?」と思って歩いていると、高級ホテルを見つけた。

ここなら大丈夫!
急いでホテルのトイレに入った。

 

インドの五つ星ホテル
でも泊ったのはオレじゃない。

 

ホテルのトイレはすぐに見つかる。

トイレのドアを開けると、1人の男性が立っていた。

「なんだ、ただのヘンタイか」

と思ったけど、そうではない。
制服を着ている。
彼はこのホテルの従業員だった。

「なんでトイレに従業員がいるんだ?」

と不思議に思いながらも、小便器の前に立って水位を下げる。

背中に人の気配を感じながらするのは、あんまり良い気持ちではない。
しかも自分は宿泊客ではない。
トイレをタダで借りているだけだから、よけい気が引ける。

「手を洗ってさっさと出よう」

そう思って蛇口に手を伸ばすと、横から手が伸びてくる。
従業員の手だ。
そして彼はボクの手の上に自分の重ねると・・・、ということはなく、その従業員が蛇口をひねってくれた。

今まで、トイレで他人に蛇口をひねってもらった経験なんてない。
「サ、サンキュー」と、とまどいながら手を洗う。
蛇口を閉めるのはボクがやると、彼は手をふくためのフキンを持ってニコニコ立っている。
「運動部のマネージャーかよ」と思いながらも、「サンキュー」と言ってフキンをもらって手をふく。
ふきながら思った。

「これはチップを渡さないといけないだろうな。渡すべきなんだろう」

蛇口をひねってもらってフキンまで手渡してもらった。
しかもボクはここに泊まっていない。

タイでは公衆トイレも有料で、使用料として5バーツ(約15円)ぐらい払う。

「高級ホテルのトイレの場合、チップはいくらぐらいなんだ?」

さっぱり分からなかったけど、10バーツ(30円)を渡してトイレから出た。

 

今年は日本とタイにとって記念日すべき年

 

トイレを出てから気づいた。
何かおかしい。
ボクが渡したお札は赤くなかったか?

イヤな予感がしてサイフの中を見る。
予感的中。
100バーツ(約300円)札がない。
やられた!
↑いや、自分のせい。

 

トイレを無料で使ったうえにいろいろな世話までしてもらった。
かえって居心地が悪くなって、すぐそのトイレから出ようとする。
そうしたら、10バーツ札とまちがって100バーツ札を渡していた。

「もう一度戻って10バーツ札にかえようか?」

↑わりと本気で考えた。
でもそれはさすがに恥ずかしい。日本の恥というレベルだ。
で、泣く泣くあきらめた。

一泊60バーツ(約180)円の宿に泊まって10バーツ(約30円)の食事をしていた自分が、なんでトイレのチップで100(約300円)払わないといけないのか?
↑おまえがバカだから。

 

そして断腸だんちょうの思いでホテルを後にした。

断腸の思い

はらわたがちぎれるほど、悲しくつらい思い。
「断腸の思いで諦める」

デジタル大辞泉の解説

 

納得できなかったけど、これはぼったくられたワケでもない。
120%自分のミス。
タダでトイレを使おうとしたら、それまでの人生でもっとも高いトイレになってしまった。
*いまだに、これ以上払ったトイレはない。

 

空港のトイレは無料。
熱帯魚を前にして、ってのもビミョウ。

 

おまけ

バンコクのカオサンロード

 

よかったら、下のボタンをポチッとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

東南アジア 「目次」