静岡の外国人、マムシに噛まれる。「安静に!」はもう古い。

 

静岡には、小中高校で英語を教える外国人(ALT)がたくさんいる。
だからフェイスブックには、彼らが情報を共有するグループがあるのだ。

このグループに載せられる投稿は、ふだんはこんな感じのもの。

 

 

「ノートパソコンと自転車を買いたいんだけど、どこかおススメの店はある?」とか、下みたいに「英語キャンプをやるんだけど、ボランティアはいない?」とか。

 

 

「ウチの学校には、私の3サイズを聞いてきた頭のおかしい生徒がいた」
「やることがないのに、先に帰ろうとしない先生が理解できない」

ということは、ここじゃなくてバーで話す。

ここでは、ほのぼの系の情報がほとんど。
だから、きのうある外国人が載せた「マムシ注意情報」にはビビった。

 

 

ここにはこう書いてある。

「There’s been an incident with a Shizuoka ALT being bitten by one this weekend and they’ll be hospitalized for at least 2 weeks.」

静岡県にいるALTがマムシに噛まれて、少なくても2週間の入院が必要らしい。
しかも「 they’ll」とあるから、きっと1人じゃない。

 

この情報には本当におどろいた。
ボクは静岡県に40年近く住んでいるけど、マムシと縁がない。

直接見たのは1、2回しかなく、知人でマムシに噛まれた人もいない。
キャンプ場に行ったとき、管理人さんから「むかし、ここでマムシに噛まれた人がおっての」と聞いて、震え上がったことがあるぐらい。

だから県内で、たぶん複数の外国人が同時にマムシに噛まれた、というのは県民のボクには衝撃的だ。

 

この場合の「poor」は「貧困な」という意味ではない。
「その気の毒な人が早く良くなりますように」ということ。

 

ところでいまの日本では、年間何人がマムシに噛まれているか知ってますか?

ボクは勝手に「100人ぐらいか」と思っていたけど、実はとんでもない。

上の外国人がシェアしていた「japan allover」の記事によると、日本では毎年2~3000人がマムシに噛まれていて、10人ほどが亡くなっている。

It is estimated around 2-3,000 people are bitten annually in Japan by mamushi with around 10 fatalities.

Mamushi – Venomous Snake of Japan

 

では、万が一金田一、ALTのようにマムシに噛まれてしまったら、どうするべきか?

まず大事なことは、冷静になることだ。
そして119番に電話して、救急車を呼ぶ。

このとき注意することは、動かないで安静にしていること。
体を動かすと、毒が早く回ってしまうから。
だから「マムシに噛まれた!」と、急いで病院に行こうとしてはいけない。

と、思ってませんか?
これはもう過去の話ですよ。

現在では「マムシに噛まれたら、走ってでも早く病院に行って治療を受けろ!」が正しいとされている。

そのほうが軽傷ですむことが、救命救急医らによるグループによる全国調査で分かった。

読売新聞のサイトにそのことが書いてある。

従来は「走ると毒が全身に回るので安静第一」とされてきたが、グループは「認識を改めてほしい」としている。

マムシにかまれたら、走ってでも受診を!

もちろん、すぐに救急車が来てくれる場所なら、その場にいた方がいい。

 

マムシに噛まれたら、「走ると毒が全身に回るので安静第一」と思っている人は多いと思う。
でもその情報は古いから、アップデートする必要がある。
マムシに噛まれたら「頭は冷静なまま、走ってでも早く病院に行け!」が新しい常識だ。

 

Twitterを見ると、意外とみんなマムシに遭遇している。
明日は我が身かも。

 

旅の宿をお探しですか?
宿探しはブッキングドットコムからどうぞ。
ボクがホテルを探すときは、まずはここをチェックします。

ここから予約をしてくれると本当に助かります。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。