「紳士」の意味や由来とは?もとは中国の支配者のこと。


 

はじめの一言

「私は便利に旅行できた。日本へ私をとどめた別の理由は、日本人の親切な性格である。私は誰にも恨みを感じたことはなかった。
(ノエル・ヌエット 大正時代)」
「日本絶賛語録 小学館」

 

 

外国人が「日本文化」と聞いて思い浮かべるものに着物がある。

これは日本人も同じだと思う。
着物は日本文化を代表するものだ。

でもこの着物は、もとはといえば中国の服だった。

 

下の画像は高松塚古墳(藤原京期:694年~710年の間のもの)にある壁画。
この「飛鳥美人」たちは、歴史の教科書にもよく使われている。

画像は国営飛鳥歴史公園から。

この時代の着物は今の日本の着物とはかなり違う。
まだ「日本化」する前、中国の着物そのものだったと思う。

ちなみにこの「飛鳥美人」についてはThe Japan Timesにも記事がある。

Restored mural from ancient Japanese tomb in Nara shown off to public

 

この中国の衣服が日本に伝わると、次のような変化が加えられた。

日本のキモノも、中国の古制とはいうものの、そのとおりではなく、やはり日本ふうにアレンジして保存されたのだ。とくに帯などは、まったく別物になってしまっている。

「日本的 中国的 (陳舜臣)」

 

ここでいうアレンジというのが日本風に変化させたということ。
中国の服を変えて、日本独自の着物にしている。

 

現在の日本文化としての着物

 

でもこの記事で書きたいのは着物のことではない。
「紳士」という言葉の由来や意味について書いていきたい。

先ほどの文章は、日本の帯と中国の帯の違いについてこう続いている。

中国の帯は「紳」といって、前に長く垂らして結んだものである。

りっぱな帯をしめている人間が、紳士といったのだ。日本でもはじめは前に垂らしたが、しだいにうしろにまわって、現在ごらんのとおりのものと相成った。

「日本的 中国的 (陳舜臣)」

 

日本の着物の帯は、後ろで結ばれている。
でも中国の着物の帯は、前で結ばれていた。

この帯を中国語で「しん」という。

しん【紳】

昔、中国で、高位高官の人が礼装に用いた幅の広い帯。おおおび。

デジタル大辞泉の解説

 

この紳をすることができたのは、限られた高い身分の人だけ。
中国ではそうした人を「紳士しんし」とよんでいた。
国の支配者層にいる人たちのこと。

 

 

 

これは韓国の伝統衣装「チマチョゴリ」
でも両手を広げて気持ち良さそうにしているのはタイ人。

 

「紳士」という中国語は、「縉紳の士」という言葉を略してできている。

紳士

「縉紳(しんしん)の士」の略で、「縉」は差し挟むこと、「紳」は衣冠束帯の大帯(おおおび)の意で、官位の高い身分ある人は、礼装の際に笏(しゃく)を大帯に差し挟んだところから、貴人の称となった。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

 

ご存じ聖徳太子(ウィキペディアから)
聖徳太子が持っている木の棒が「笏(しゃく)」。
この笏を帯にさしている人がまさに「紳士(縉紳の士)」になる。

 

今の日本語の「紳士」は、英語のgentlemanのこと。
紳士と聞いて、「縉紳の士」を思い浮かべる人はいないだろう。

日本では明治時代、gentlemanの訳語に「紳士」という中国語を当てた。
1880年ごろから日本の社会で「紳士」という訳語が使われはじめ、今の平成にいたっている。

イギリスでのgentlemanとは、もとはイギリス社会の支配者層の人間のことをさしていた。
明治時代の日本人がこのgentlemanという言葉にもっともふさわしい訳語をさがしたところ、「紳士(縉紳の士)」という言葉を見つけたのだろう。

 

gentlemanも紳士も、「社会の支配者」という意味では同じ。
今の日本語の紳士には、「上品で礼儀正しく身だしなみがいい」といったイメージがあるけど、これは後の時代についたものだろう。

明治初年にはこの言葉はヨーロッパでも特定の身分層をさす概念から,粗野な振舞いのない穏やかで洗練されたマナーの,比較的上層の士を意味する概念になっていた

世界大百科事典内のgentlemanの言及

 

ロンドン

 

日本とイギリスの大きさ。

 

これは奈良の東大寺にある四天王のひとり「広目天」。
広目天の腹から下にたれ下がっているものも、「紳」の一種かもしれない。
日本の四天王像の姿は、中国の唐の時代の武将の姿がもとになっている。
日本の侍はこんな甲冑を着ない。

 

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

中国 「目次」

外国人から見た不思議の国・日本 「目次」

外国人の好きな日本文化「着物」。歴史と特徴を簡単にご紹介

箸の違いに見る日本文化の特徴。中国伝来の物を変えてしまう。

「日本=ケンシロウ説」② 中国に学び、京都をつくった。

中国人の「日本こそ、中国文化のパクリだ!」が違う理由

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す