日本とインドの”嘘つき客引き”に見る社会や警察官の違い。

 

最近、日テレのニュースで「東京の池袋で、違法な客取りをしていた大学生が捕まった」というニュースを見た。

「同系列の店」ウソつき客横取り 少年逮捕
*リンク切れ注意。

飲食店の前にその客引きがいたらしい。
そして店に入ろうとする人を見つけると、「同じ系列の店がありますよ」とウソをついてその客を別の店に案内していた。

客を横取された店は怒り心頭。
営業妨害で、客引きをしていた大学生は警察に逮捕された。

 

犯罪行為だけど、人を傷つけるような重罪ではない。
だから、ニュースとしてのあつかいは小さい。

この記事を読んでいて、インドの客引きが頭に浮かんできた。
今回は、日本とインドの違いについて書いていきたいと思う。

 

 

むかし、テレビCMで「インディアン、ウソつかない」という言葉があった。

でもインドを旅したらすぐにわかる。
インドにはウソつきがたくさんいる。
旅行をしただけだと、「インディアン、ウソしかつかない」という印象すらある。

もちろん、実際にはそんなことはない。
紳士的なインド人もたくさんいる。

 

*これから書くことは、ボクのインド旅にもとづいた独断と偏見。

インドでは、大きな荷物を背負って地球の歩き方の地図を見ながら目的のホテルを探していると、すぐに客引きから声をかけられた。
無視すると、腕をつかまれて強引に止められたこともある。

たとえば、ボクが「ヴィシュヌ・ホテルに行きたい」と言うと、その客引きは「ヴィシュヌ・ホテルか。知ってるよ、ついて来い」と言って歩きだす。

ボクがついて来ないと怒り出す。
「心配するな。オレを信じろ」とかなんとかテキトーなことを言う。

 

そして、「ここだ」と案内されたホテルの看板には、「ヴィシュヌ・ゲストハウス」と書いてあった。
「おいこら、ヴィシュヌ・ホテルとは違うじゃないか!」とボクが言うと、またテキトーなウソをつく。

「ヴィシュヌ・ホテルはこのヴィシュヌ・ゲストハウスに名前を変えたんだ。ここで間違いない」
「ヴィシュヌ・ホテルは3か月前につぶれたよ。このホテルはベリーグッドだ。ノープロブレム」
「ヴィシュヌ・ホテルなんてやめよとけ。このホテルのほうがずっといいから」

とにかく、自分が案内したホテルにボクを泊めようとする。
客を連れてきたら、彼はそのホテルからいくらかお金をもらうことができる。
だから、何とかボクをそこに泊まらせようと必死になる客引きもいた。

 

旅行者にウソをついたり脅したりしても、彼らには関係ない。
とにかく旅行者をそこに泊まらせたら、客引きの勝ち。
結果はあらゆる手段を正当化させる。

インドの客引きって、そんなんばっか。

 

 

インドを旅していて、客引きの強引さには本当に辟易へきえきした。

へき‐えき【×辟易】

ひどく迷惑して、うんざりすること。嫌気がさすこと。閉口すること。

デジタル大辞泉の解説

「ウソをついて客を別のところに連れて行って手数料をもうける。そんなズルい客引きなんて、日本にはいないなあ」と思っていたら、意外にも東京の池袋にいた。

でもインドとは違って、日本ではそういう悪質な客引きの数は少ない。

それと日本でそれをすると警察に捕まるけど、インドではそのぐらいじゃ捕まらない。
それぐらいのことはインドではあたりまえ。
警察が動くほどのことでもない。

 

「日本とインドでは、警察がまったく違うんですよ!」

インドに住んでいた日本人からそんな話を聞いたことがある。

その人の家に泥棒が入って、いろいろなものを盗られてしまった。
駆けつけた警察官に事情を説明すると、その人はこう言われた。

「で、オレにいくらくれるんだ?」

警察官が堂々とワイロを要求する。
「お金を出さないと、犯人をさがさない」とまで言われたという。

仕方なくお金を払う。
警察官が家を出て行った後、灰皿がなくなっていることに気づいた。
警官が盗んでいったのだ。

 

 

大阪を訪れたインド人がフェイスブックに投稿した写真。
右上で、警察官が膝をかがめて女の子の話を聞いている。

彼はこれを見て感動していた。

「I’d vote it. the best Police station signage in the world」とコメントしている。
インド人の彼にとって、警察署のサインとしてはこれが世界最高らしい。

たしかにインドの警察官は違う。
インドを旅行中、庶民が警察官から棒で殴られているのを何度も見た。

 

 

池袋の客取りは、1ヶ月で20万円ほどの収入を得ていたらしい。

インドの客取りでこの金額は考えられない。

1泊500円のホテルに客を案内するのと、1泊10000円のホテルに案内するのとでは、当然手にする金額は違う。
彼らの月収がいくらかは分からないけど、20万円はないだろう。

 

池袋で客取りをしていた大学生は、「遊び感覚だった」と話している。
インドの客取りは「遊び感覚」ではない。

生活がかかっているから、けっこう必死。
ボク個人としては、インドの客引きより池袋の客引きのほうが腹が立つ。

たしかにインドの客引きのほうが不快になる。
ひどいウソをつくし強引だから。
だけどそれは遊びのためではなくて、家族のためにしている面もある。

日本にもインドにも、客にウソをついて別のところに連れて行く客引きはいる。
でも、その動機や背景にある社会はまったく違う。

 

 

そんなインド社会も近ごろは変わってきている。

日本経済新聞のこの記事(2014/12/17)を読んだときは、驚きのあまり声をあげそうになった。

インド政府は、旅行者が嫌がる強引な客引きを規制するため旅行者に触ると犯罪行為にする準備を進めている。同国の国内総生産(GDP)の約7%を占めるのは観光業で「清潔、安全、おもてなし」策の一環だ。

インド、強引な客引き規制へ 旅行者に触ると犯罪に

インドの観光業で「清潔、安全、おもてなし」か。
ちょっと想像がつかない。

 

おまけ

インドのリキシャーの客引き

こちらもどうですか?

日本人とインド人。バックパッカーは蔑視し、天皇は感謝した。

日本人なら知らきゃ!インドの英雄チャンドラ・ボースと日本。

「世界3大悪人」から「世界3大ウザイ国」へ。誰が考えた?

ごめんなさい!インドを誤解していました① 「感謝されるインド」とは?~ダライラマ亡命~

インド 目次 ①

 

ツイッターでつぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。