歴史の雑学:佐賀の七賢人と竹林の七賢とは?知って損はないはず!

 

今回はタイトルにあるように、日本と中国の歴史の雑学です。

知っといて損はないはず。

佐賀の人と話すときにはきっと役立ちます。

 

 

「佐賀の七賢人」という人たちがいるらしい。

幕末から明治にかけて活躍した7人の佐賀県人のこと。
「佐賀の七賢人」という言葉は知らなかったけど、その中に知っている人は何人かいた。

その7人については後から書きます。

 

「佐賀県民なのに『佐賀の七賢人』を知らない人がたくさんいる!」ということが佐賀に衝撃をあたえたらしい。
まあ、他県の人間にはどうでもいいことだけど。

佐賀新聞がそれを記事(2017年09月07日)にしている。

佐賀市が市民500人を対象に幕末維新期に活躍した「佐賀の七賢人」の知名度を調査したところ、7人全員の名前を答えられた人は10・2%で、逆に一人も答えられなかった人は25・4%だった。

七賢人1人も知らぬ25% 佐賀市アンケート

特に10代と20代の若い佐賀県民が「佐賀の七賢人」を答えられなかったらしい。

これがその結果(上の記事から)

 

佐賀の七賢人の中から、「この人のことは知っておこう」という人を勝手に選んでみた。

佐野 常民(さの つねたみ):日本初の蒸気機関車模型を完成させた人。日本赤十字社もつくっている。

副島 種臣(そえじま たねおみ):政治家。マリア・ルス号事件の中心人物。中国人奴隷を解放したことで日本は国際的に高く評価された。

江藤 新平(えとう しんぺい):政治家。「江戸を『東京』に変えましょう!」と主張した人。この人が日本の司法制度をととのえた。でも佐賀の乱で処刑される。

大隈重信(おおくましげのぶ):総理大臣。早稲田大学をつくった人。

 

後は名前の読み方だけご紹介。
鍋島 直正(なべしま なおまさ)・島義勇(しまよしたけ)・大木喬任(おおきたかとう)。

 

 

このニュースを知ったネットユーザーの反応はこんな感じ。

松雪泰子
はなわ(兄)
はなわ(弟)
牧瀬里穂
だめだ、4人しか知らない

七英雄ならって人多いw

卑弥呼

こじろ羊羹を作ったひとを賢人に入れればいいんじゃね? マジで美味いようかんだよ。

佐賀ってどこにあったっけ?

佐賀県のキャチフレーズが「佐賀を探そう」だから、全国的には「佐賀の七賢人ってだれ?」という以前に、「佐賀ってどこ?」という状態だと思う。

 

実際、佐賀県民も「佐賀の七賢人」に深い思い入れがない人もいた。

佐賀市民だけど、正直、 「どうでもいい」

佐賀市民だけど小中学校で習うよ。
先生も「七賢人を知らん奴ぎょうさんおるが、めっさ有名にせなアカンねん!」言ってたけど、
無理やりPRさせても逆効果なんだよね。
市役所に行った時に職員が「観光の目玉にするさかい言うてはるが、けったいな話やで~」と嘆いてたなw

グラバー邸
もちろんこれは隣の長崎県。
佐賀の写真を探したけど、一枚もなかった。

 

「佐賀の七賢人」は初耳だったけど、中国の「竹林の七賢」なら知っていた。
この言葉は高校の世界史で習う。

佐賀県民がどう思うか知らないけど、一般的には、「佐賀の七賢人」よりも「竹林の七賢」のほうがずっと有名。

「竹林の七賢」

魏から晋の時代にかけて、政争をさけ、清談にふけったとされる阮籍・嵆康・山濤ら7人の呼称。

「世界史用語集 (山川出版)」

魏は3世紀の中国にあった国。
三国志の曹操で有名ですね。

この時代、日本は弥生時代で卑弥呼が活躍していた。
魏志倭人伝に卑弥呼の記述がある。

「竹林の七賢」はその時代の人たちで、この7人のこと。

阮籍(げんせき)
山濤(さんとう)
劉伶(りゅうれい)
阮咸(げんかん)
向秀(しょうしゅう)
王戎(おうじゅう)

 

日本でも竹林の七賢は人気があって、このようにびょうぶに描かれることがある。
画像は京都国立博物館の竹林七賢図

 

竹のカーテンで現実世界から離れて、竹林の七賢たちは何をしていのか?

彼らは酒を飲みながら、自由に議論をしていたと言われている。
けっこう気ままな生活をしていたらしい。

そのため、竹林の七賢は「現実離れしたお気楽な発言をする者の代名詞(ウィキペディア)」にもなっている。

でもこれはあくまで「そういうイメージ」として伝えられているだけ。
実はけっこうマジメだったらしい。

「佐賀の七賢人」という言葉は、この「竹林の七賢」を元にしているような気がする。

 

 

こちらの記事もいかがですか?

世界よ、これが明治日本の正義感だ! マリアルス号事件・人種差別撤廃

海外から見た日本の特徴 「世界八大文明」の一つ。

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

日本 「目次」

中国 「目次」

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。