世界よ、これが明治日本の正義感だ! マリアルス号事件・人種差別撤廃

 

始めの一言

「私、この小泉八雲、日本人より本当の日本を愛するのです
(小泉八雲=ラフカディオ・ハーン 明治時代)」

「日本賛辞の33撰 ごま書房」

 

IMGP9543

 

今回の内容

・マリア・ルス号事件とは
・世界にしめした日本の正義感と気骨
・「人種差別撤廃条約」を世界で初めてとなえた日本

 

・マリア・ルス号事件とは

「マリア・ルス号事件」を知ってますか?

歴史作家の司馬遼太郎は、この事件についてこう書いている。

「明治維新の気分というものであります(「明治」という国家)」

 

「明治維新の気分」とは、どんな気分なんだろう?

 

 

このマリア・ルス号事件について、ウィキペディアではこう書いてある。

明治5年(1872年)に日本の横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペルー船籍)内の清国人苦力を奴隷であるとして日本政府が解放した事件。日本が国際裁判の当事者となった初めての事例である。

(ウィキペディア)

 

1872年に、ペルー船籍の「マリア・ルス号」が中国(マカオ)を出航した。

ペルーへの航海のとちゅう、船が破損し修理のために横浜港に立ちよる。
この船には、「苦力(クーリー)」といわれる231名の中国人が乗っていた。

苦力
《〈中国語〉》もと中国やインドの下層労働者の呼称。
19世紀後半、黒人奴隷に代わる労働力として売買された。クリー。

(大辞泉)

 

苦力とは、奴隷のようなひどいあつかいをうけていた人たちのこと。
横浜港にとまっていたマリア・ルス号から、苦力のひとりが逃げ出してしまう。

 

 

イギリスの軍艦がその苦力を救出した。

その後、イギリスは日本政府にこう言った。

マリア・ルスを『奴隷運搬船』と判断しイギリス在日公使は日本政府に対し清国人救助を要請した

(ウィキペディア)

 

でも、日本政府は困ってしまう。

ペルー共和国の船の「積み荷」である苦力を勝手に解放したら、ペルーとの間で国際問題をかかえてしまうことになる。

でも、当時の外務卿(後の外務大臣)であった副島種臣(そえじまたねおみ)は、こう思っていた。

副島外務卿は、むろん、奴隷船に怒りを覚えています。
しかも、その奴隷が、副島にとって親近感を感じさせるひとびとー中国人ーなのです。
福島は、中国が好きでした。

(「明治」という国家 司馬遼太郎)

 

こういう日本人がいたことを、現在の中国人も知ってほしいと思う。

そのためには、まず日本人がマリア・ルス号事件を知ることが大切。

 

IMGP8218

中国の列車であったチャイニーズ・ガール

 

・世界にしめした日本の正義感と気骨

日本はペルーと国際問題をかかえることを覚悟に、苦力たちを助けることを決めた。

政府内には国際紛争をペルーとの間で引き起こすと国際関係上不利であるとの意見もあったが、副島は人道主義と日本の主権独立を主張し、マリア・ルスに乗船している清国人救出のため法手続きを決定した。

マリア・ルスは横浜港からの出航停止を命じられ、7月19日(8月22日)に清国人全員を下船させた。

(ウィキペディア)

 

当然のことながら、日本に対する反応は清とペルーとでは正反対。

・清国
「清国人は解放され清国へ9月13日(10月15日)に帰国した。清国政府は日本の友情的行動への謝意を表明した(ウィキペディア)」

・ペルー
「ペルー政府は海軍大臣を訪日させ、マリア・ルス問題に対して謝罪と損害賠償を日本政府に要求した(ウィキペディア)」

この事件によって、国際仲裁裁判が開かれることになった。
そしてこのとき、国際社会は日本の対応が正しいものであったと認めている。

 

 

このマリアルス号事件について、当時の日本人が考えていたのか?
それはこれを読むとわかる。

五年六月の奴隷船マリア・ルーズ号事件によって、日本は正義感と気骨を世界に示したりした。

(うたでつづる明治の時代世相 図書刊行会)

 

この「正義感と気骨を世界に示した」という明治の日本人の気持ちが、先ほどの司馬遼太郎のいう「明治維新の気分というものであります」に重なると思う。

 

 

・「人種差別撤廃条約」を世界で初めてとなえた日本

第一次世界大戦のあと、日本は国際連盟の常任理事国になる。

白人を中心としていた当時の国際社会のなかで、日本は「人種差別撤廃条約」を各国に提案した。

フランス人は「フランス革命で自由・平等を勝ち取った」と言います。
私が、「日本だって第一次世界大戦の後に、人種差別撤廃条約の提案をしたのよ」と言うと、若い学生たちは皆一様に驚きます。

(意外に日本人だけ知らない日本史 デュランれい子)

でも日本のこの提案は否決されてしまう。

でも、このときの日本の人権感覚は、現代の人権感覚に近い。
人権意識においては、日本はこのとき世界の先をいっていた。

 

 

日本は世界で初めて、人種差別撤廃条約をとなえた。

ヨーロッパ人やアメリカ人にこのことを話すと驚く。
人種問題にあまり関心がない日本人よりも、欧米人のほうがこの提案の意義や重要性がわかるのかもしれない。

この日本の勇気ある提案も、司馬遼太郎のいう「明治維新の気分」であり、明治日本人の「正義感と気骨を世界に示した」という気持ちに通じるものがある。

 

 

今回の復習

・1872年に、ペルーの船にのっていた「苦力(クーリー)」を日本政府が解放したできごとをなんという?
・そのときの日本の外務卿(後の外務大臣)はだれ?
・国際連盟の常任理事国だった日本が世界で初めて主張したことはなに?

 

答え

・マリア・ルス号事件
・副島種臣(そえじまたねおみ)
・人種差別撤廃条約

 

 

 

こちらの記事も、いかかですか?

イギリス人が見た日本・日本が世界の歴史で初めてした誇っていいこと

「アジアの光」日本② アジアの歴史教科書から見た日露戦争

海外から見た日本の特徴 「世界八大文明」の一つ。

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

明治、日本人はカレーにカエルを入れていた。日本と世界の食文化。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。