日本人と韓国人の意見が一致!地下鉄や電車の乗り換えは韓国が上。

 

ある韓国人が日本と韓国の地下鉄や電車のシステムを比べて、「この点で日本は韓国より劣っている」というものを2つあげている。

・日本の地下鉄にはホームドアがないこと
・日本にはいろいろな私鉄があって、乗り換えが複雑なこと

これに賛成する韓国人は多いらしい。
この2点をふくめて、ネットには「地下鉄や電車の利用については、韓国は日本より上」という意見が寄せられている。

レコードチャイナの記事(2017年9月11日)から。

「まず韓国の地下鉄はとにかく安い」「コスパが圧倒的にいい」「路線規模以外は全部、韓国が上だと思う」「日本旅行には3回行ったけど、価格でも利便性でも、韓国の方がはるかに上」「日本と韓国じゃ比較にならない」「地下鉄では韓国は世界最高レベルでは?韓国よりいいシステムはどこにもないよね?」と、韓国絶賛の意見が多数並ぶ。

訪日外国人に「地獄」とまで呼ばれ嫌われてしまった日本のシステム

「韓国の交通システムのほうが便利」ということは、ボクもソウルを旅行して感じた。

ソウルでは地下鉄と電車の乗り換えが同じ建物の中でできる。
他の都市もそうだと思う。

だから東京のように、「路線の運営会社が違ったら、建物から出てまたチケットを買わないといけない」という不便がない。

ただ、「乗り換えが複雑」というのは日本全体ではなくて、韓国人が旅行で訪れる東京や大阪などの大都市でのこと。

 

 

路線の乗り換えに慣れてる人ならいい。

でもボクのように静岡からたまに東京や大阪に行くと、この乗り換えってのが、かなりわかりづらくて大変。

東京に住んでいた韓国人の女の子も同じことを言っていた。
ソウルで生まれ育ったその子が、初めて新宿駅を見たときには衝撃を受けという。
その複雑さは「まるでラビリンス(迷宮)」と思ったほど。

 

韓国から来た友だちも、日本について「地下鉄や電車の乗り換えが大変」「Wi-Fiが使えない」という不満を口にするらしい。
韓国での乗り換えはたしかに効率的で速い。
それが当たり前になっている韓国人からしたら、日本の交通システムにイライラしても不思議ではない。

上の記事では地下鉄の乗り換えの複雑さについて、韓国人が「本当に“発狂”するよ」とか「ほとんど“地獄”だね」とコメントしている。

 

でも、「きっとそうだろうな」と思う。
むしろ、韓国人が何も不満を言わないほうが不自然だ。
韓国人にはせっかちな人が多い。
そんな韓国人気質を「パリパリ(速く速く)」なんて言う。

友人の韓国人がスマホのネットで何かを検索するとき、少しでも時間がかかるとすぐにイライラし出す。

「つながるのが遅いですねえ。この会社はダメですよ~。つぶれたほうがいいです」

韓国人はこんな感じにけっこう気軽に毒を吐く。
先ほどの「発狂」とか「地獄」とか。
「ヘルコリア(地獄の朝鮮)」なんて言葉は韓国の流行語にもなった。

「パリパリ」についてはこの記事で↓

韓国人の国民性②日本人が驚くパリパリ(速く速く!)の性格

 

中野区に住んでいただけあって、東京での乗り換えについてはボクよりその韓国人の方がずっとくわしい。
東京を移動していたときは、何もわからないボクはただその子についていくだけ。

正しい方向に案内してくれる頼もしい姿は、民衆を導く自由の女神のよう。

 

民衆を導く自由の女神(ウィキペディアから)

1830年のフランス7月革命をテーマにして、ドラクロワが描いた絵。
女神が手にしている青・白・赤の旗は、自由・平等・博愛を意味するトリコロール(フランス国旗)。

 

韓国人が日韓を比較して「この点では韓国の方がいい」という記事を日本人が読んだとき、日本の側からは「はあ?」とか「ふざけんな」といった反発が多い。

でも、この記事は違った。

日本人からも、日本の交通システムの複雑さを指摘するコメントが多くあった。

まあ地下鉄の複雑さは日本人でも慣れないと大変だけどね

地下鉄の仕組みが複雑なのは認める

未だに乗換案内のウェブページ見ないと
普段いかないところはたどり着けないw

日本の地下鉄なんで、オレも迷子になるっちゅーねん!

確かに渋谷の乗り換えは最悪だ

まあ確かに乗り入れは詐欺に近いw

せめて営団と都営は合併すべきだし、乗り入れは割り引きすべきだわ
複数の会社で乗り換えたり乗り入れたり運賃計算も複雑なのは事実だな

せめてメトロと都営は合併しろよ

コメントを読んでいて思った。

「これはとても珍しい」

韓国人の日本に対する不満に、多くの日本人も同意するというのはあまり見たことがない。
2017年はこれが最後かもしれない。

もちろん、「PASMO買えよ」「こっち見なくていいから」といった意見もあった。

 

 

最後に、「日本での地下鉄や電車の乗り換えは複雑だ!」という韓国人(日本人も)の不満の理由について少し書きたい。

このことには、日本が韓国よりずっと早くに鉄道をつくったことがあるはず。

日本では1872年(明治5年)に、初めて新橋駅ー横浜駅間で鉄道が開通した。

鉄道開通

鉄道敷設計画は、イギリス人モレルの指導下、大隈・伊藤らが進め、英国より100万ポンド(488万円)を借り、その一部で新橋駅と横浜駅間に敷設。狭軌鉄道。1872年に完成し、当時、陸蒸気といって人気を呼んだ。

「日本史用語集 (山川出版)」

「陸蒸気といって人気を呼んだ」というのは、日本人がその陸蒸気(列車)に慣れてからのこと。
生まれて初めて陸蒸気を見た日本人は驚きのあまり、その場に”土下座”してしまった人もいた。

煙を吐きながら轟音を立てて走る『陸蒸気』はこの世のものとは思われなかったのだろう。蒸気機関車の轟音や振動が近付いてくると、人々はその姿を見るどころか、ひれ伏してこれを迎えたという

「定刻発車 (三戸祐子)」

その後、必要に応じていろいろと増やしていったから、今では韓国が「地獄」と言うほど複雑で不便になってしまった。

 

 

おまけ

日本での乗り継ぎを「地獄」と呼ぶのは韓国人の自由。

でも知ってもらいたいことがある。

「ソウル地下鉄は日本の支援があって完成した」ということをぜひ。

ソウル地下鉄1号線の建設と京釜・京仁・京元各線の電化事業は円借款によって行われ、更にソウル地下鉄1号線は車両・信号・通信分野等において日本の技術協力により建設され、開業当時の電車は全て日本製であった。

(ウィキペディア)

ソウルの地下鉄には日本の資金援助や技術支援があった。
だけど、韓国はその完成式に日本人を呼んではくれなかった。

黒田勝弘氏は、そのことを「残念」となげいている。

地下鉄一号線の建設には日本の経済協力資金が投入され日本の技術者が多数加わったが、完成式に日本人は招かれなかった。こうした韓国に対する過去補償的な日本からの経済技術協力はソウル地下鉄をはじめ韓国発展の基礎になった。しかし、“日本隠し”によってこうした事実は韓国ではほとんど知られていない。残念なことだ。

「‘日本離れ’できない韓国 (黒田勝弘)」

IMG_0101

日本の協力に対して、感謝の気持ちを伝えるプレート。
バンコクの地下鉄にこのプレートがある。

 

こちらの記事もいかがですか?

明治5年、日本に列車が登場!人力車から鉄道の時代へ

サッカー日韓戦!韓国「日本は永遠のライバル」。最近の日本の見方は?

日本海呼称問題、世界の反応とは?支持するのは日本か韓国?

韓国を知りましょ! 「韓国カテゴリー」 目次 ②

韓国人と中国人が驚いた日本人のマナーの良さ。これは大切にしよう。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。