価値観の”押しつけ”②ヨーロッパ人の教皇子午線という発想。

 

「キリスト教の価値観や考え方は絶対に正しい!」と考えたローマ・カトリック教会は、宣教師を世界各地におくってキリスト教を伝えていた。

でもそれは、見方によっては、ヨーロッパ人による価値観の”押しつけ”にもなる。

前回、そんなことを書きました。

価値観の”押しつけ”①宣教師、キリスト教を世界に伝える。

では、その続きです。

 

 

「ヨーロッパ中心主義」という言葉を聞いたことがありますか?

ヨーロッパ中心主義

本来は地球上に数ある諸文明の一つに過ぎない欧州文明を格別のものとしてみなす考え。欧米文明を西洋としこれ以外の文明を全て東洋とすることなどはその一例とされる。

ヨーロッパ中心主義は、15世紀から17世紀の大航海時代に始まる。

(ウィキペディア)

 

「15世紀から17世紀の大航海時代」というと、ローマ・カトリックが世界中に宣教師をおくっていた時期と重なる。

大学で歴史を学んでいたイギリス人が、この背景には「Eurocentrism(ヨーロッパ中心主義)がある」という話をしていた。

「ヨーロッパ人は世界の中心にいる」
「自分たちが信じているキリスト教の教えは最高のものだ」

そんな考え方から、ヨーロッパ人は世界の人たちにキリスト教を”押しつけ”ていたという。

 

 

インドに「世界でもっとも巨大で豪華なお墓」と呼ばれるタージマハルがある。

インドを植民地支配していたイギリス人をこれを見て驚いた。

「こんなすごいものをインド人がつくれるはずがない。これはきっと、ヨーロッパ人が設計にかかわっていたにちがいない」と彼は思いこんでしまう。

今となっては「インド人をあんまディスるなよ」というところだけど、当時のヨーロッパでは、この話を信じていた人はたくさんいた。

 

大学で歴史を専攻した先ほどのイギリス人にこの話をしたところ、彼女は「Eurocentrism(ヨーロッパ中心主義)」という単語を使っていた。

「ね?ヨーロッパ人ってえらそうでしょ?バカでしょ?『アジア人がそんなにすぐれたものをつくれるはずがない。それはヨーロッパ人のしわざに違いない』っていう発想をするのよ。Eurocentrismの考え方ね」

 

タージマハルの話については、くわしいことはここを見てください。

ヨーロッパ人の設計者

 

 

1493年に設定された「植民地分界線(教皇子午線)」は、そんな「Eurocentrism(ヨーロッパ中心主義)」を象徴している。

カトリックの頂点に立つローマ教皇がこの線を設定して、世界を2つに分けてしまった。

植民地分界線(教皇子午線)

教皇アレクサンデル6世が設定した、ポルトガルとスペインの海外領土分割線。両国のあいだで海外領土を巡る対立が生じたため、スペインが設定を要請した。アフリカ西岸ヴェルデ岬西方550㎞の子午線を境に、東がポルトガル領、西がスペイン領と定められた

「世界史用語集 (山川出版)」

 

ヨーロッパ人が世界を2つに分けて、「東はポルトガルのもので、西はスペインのもの」と決めてしまった。

 

南アメリカ上に記した教皇子午線(右側)。
翌年のトルデシリャス条約によって、西寄りの線に置き換えられた(左側)。

 

「自分たちは世界の頂点にいる。だから、地球を好きなように分けることができる」というヨーロッパ人の発想は、「えらそう」を超えていて、ふさわしい言葉が見つからない。

さすがカトリック(普遍的)。

これによって、スペイン人は西(中南米)へ向かってそこを植民地にした。
ポルトガル人は東(インド、東南アジア、東アジア)へ向かった。

日本に初めて来たヨーロッパ人はポルトガル人。
これは「たまたまポルトガル人だった」ということではなくて、この教皇子午線が関係している。

 

今回はここまで。
次回は、日本が外国に価値観を”押しつけた”話を書いていきます。

 

 

こちらもどうぞ。

キリスト教の宗派の違い⑦ 1517年の宗教改革、ルターの「信仰」

フランスとドイツの歴史:宗教改革と日本への影響・三十年戦争

マレーシアの観光と基本情報:日本の歴史とザビエル&ヤジロウ

日本人と欧米人の価値観の違い。韓国の犬食文化について。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア・中東・西アフリカなど約30の国と地域に旅をしてきました。それと歴史を教えていた経験をいかして、読者のみなさんに役立つ情報をお届けしたいと思っています。 また外国人の友人が多いので、彼らの視点から見た日本も紹介します。