「ノルマ」というロシア語と郵便局の悲しい「自爆営業」とは

 

始めの一言

「この国には平和、行き渡った満足感、豊かさ、完璧な秩序、そして世界のどの国にもましてよく耕された土地が見られる。(シュリーマン 江戸時代)」
「日本賛辞の至言33撰 ごま書房」

 

13776010_10153733561393240_279154421520044426_n

 

スターリン時代のソビエト連邦では、「大粛清(しゅくせい)」というものがおこなわれていた。

 

大粛清
だいしゅくせい
Great Purges

1930年代後半のソ連で、スターリンの指導の下に、国家機関によって行われた共産党員、知識人および大衆に対する大規模なテロルをいう。
犠牲となった死者は800万~1000万人ともいわれる

「日本大百科全書(ニッポニカ)の解説」

 

殺された人の数が800万~1000万人となると、これはナチス=ドイツのユダヤ人虐殺をも上まわる。
この大粛清では、強制収容所で多くの人が命を奪われた。

 
その強制収容所での、囚人たちの非人間的な生活については前に記事で書いたから、興味がある人は見て。

スターリン(ソ連)の大粛清③強制収容所での生活(食事、病気、罰)

 

croppedstalin1943

スターリン(ウィキペディア)

 

ソ連がスターリン時代だったこと、強制収容所で働かされていた人たちには「ノルマ」があった。

「これだけはしなければならない」という作業量のこと。

 

ノルマ(〈ロシア〉norma)
《規範・規準の意》

1 一定時間内に果たすよう個人や集団に割り当てられる標準作業量。
2各人に課せられる仕事などの量。
(デジタル大辞泉の解説)

 

このノルマという言葉は、じつはロシア語。

ソビエト国内にあった強制収容所でよく使われていた用語で、このロシア語が日本をふくめて世界に広がっていった。

 

img_3078

 

今の日本でも、このノルマという言葉をよく使う。

「今日のおまえのノルマは、これだけだ。がんれよ」

というように言われて与えられる仕事量や作業量のことで、ボクがアルバイトをしていたときもよく言われたもんだ。

 

学校でも、先生が生徒に宿題という「ノルマ」を与える。

「はい、これが夏休みの宿題です。夏休み中に必ずやっておくように」

こんな感じに先生が生徒に出す宿題も、作業量が決められている1つのノルマになる。
ノルマは、達成しないといけない。
やりとげることに意味がある。

 

夏休みの宿題であっても、そのノルマを果たさないといけない。
ボクが中学生のころ、宿題をやっこなかった生徒は、放課後学校に残っていてやらされていた。

 

IMG_8255[1]

 

でも学校なら、それぐらいですむ。

会社員の場合、会社から与えられるノルマを達せしないと、いろいろな不利益をうけてしまう。
社内の評価は、当然低くなる。

その結果、給料は上がらない(下げられる)、出世できない、周囲の目が厳しくなる。

などなどつらいことが起こる。
日本は資本主義の社会だから、仕方ない。

 

それでも、共産主義時代のソ連よりはずっとマシ。

日本では、ウジとハエがたかる腐った馬の死体を食べなくもいい。

 

ノルマを達成するために、誰だってがんばる。
がんばるのは当たり前。

 
でも、ノルマをクリアするために自分を犠牲にするのはダメだ。
具体的には、「自爆営業」というもの。

 

自爆営業(じばくえいぎょう)とは、企業の営業活動において、従業員が自己負担で商品を購入し、売上高を上げる行為のこと。全てはノルマ達成のために行なわれる。営業成績のために身銭を切る行為を自爆になぞらえた比喩である。

(ウィキペディア)

 

百貨店で働いていた友人が、よく文句を言っていた。

「今月までにスーツを1人3着売るように。これはノルマだから」

 

と上から言われて、売ることができなかったら自分で買っていたという。
2着しか売ることができなかったら、残りの1着は自分で買って「1人3着」というノルマを達成していた。

 
友人が百貨店で働いていたときは、こんな自爆営業なんて常識だったらしい。

今では知らないけどね。

 

今の日本人がよく言う「自爆営業」という言葉は、もともと日本郵便の会社の中で使われていた言葉だった。

年賀はがきを売るときに使われていた用語らしい。

 

自爆営業

所属局によりノルマの数は異なるが、日本郵政社員一人当たりに『年賀状のはがきを何枚売る』というのが定められており、外務社員はもちろん、利用客に接客する機会の殆ど無い内務社員にも目標が定められている。

販売促進のため「対話」の一環として未達者に対する指導や反省文を書かせる、ミーティングの時にお立ち台の上で謝罪や達成宣言をさせる、営業ロールプレイを繰り返す、通常勤務から外し営業活動に専念させる、やりきり隊の立ち上げ、管理職に対する営業促進テレビ会議などの対策を行っている。

(ウィキペディア)

 

今でも、郵便局員には「年賀はがきを1人~枚売るように!」というノルマが課せられている。
決められた枚数のハガキを売ることができない場合は、自分で年賀ハガキを買い取らないといけない。

 
でも、一人で数百枚の年賀はがきなんて必要なわけがない。
だから、自分で買い取った年賀はがきを金券ショップに売りに行く。

そうしてまでノルマを達成しないといけないらしい。

 

こんなことが一時期、週刊誌でよく報道されていた。
報道されて問題になったから、状況は改善されたと思うけど。

 

 

でも、今でも年賀はがきが売られる時期になると、郵便局員をしている友人がフェイスブックにこんな投稿をしている。

「年賀はがきは、ボクから買ってください!お願い致します!」

ノルマを達成しないといけないのだろうけど、悲鳴のような投稿で毎年かわいそうになる。

 

先ほど、ノルマという言葉はロシア語だと書いた。
ではなんで、このロシア語が今の日本で誰でも使うようなふつうの日本語になったのか?

それには、シベリア抑留(よくりゅう)が関係している。

そのことを次回、かきます。

 

良かったら、ボタンをポチっとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ①

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ① 

アフリカ・カテゴリー「目次」

中国を知ろう! 「目次」 ①

「インド・カテゴリー」の目次 ③

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

 

2 件のコメント

  • norma の語源は確認の取れてる限りではラテン語です。大元はギリシア語だったという線が濃厚だそうですが、定かではない模様です。
    ロシア語視点からいえば、нормаは(おそらくは)フランス語から流入してきた外来語という方が正確かなと。
    まあ、「ノルマ」が日本語に入ってきたのはロシア経由なのかもしれませんが。

  • コメントありがとうございます。

    「語源」という言葉の解釈しだいね。
    「由来・語源辞典」によると「もとはロシア語のnorma」とあります。
    「ウィキペディア」にも同じような記述があります。
    だから、日本人が使うノルマの語源はロシア語のノルマでしょう。

    でも、ロシア語のノルマの語源をさらにたどると、おっしゃるとおりのラテン語にいきつくのだと思います。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。