スターリン(ソ連)の大粛清③強制収容所での生活(食事、病気、罰)

 

SONY DSC

カンボジアのポルポト派の虐殺があった刑務所
囚人に自殺をさせないために、鉄線がはられていた。
ここでは、自殺することも禁止されていた。

 

最近、「世界で最も多くの人間を殺した独裁者TOP10」で第3位になったソ連のスターリンについて記事を書いている。
スターリンがおこなった「大粛清(しゅくせい)」について。

 

大粛清

ソビエト連邦共産党内における幹部政治家の粛清に留まらず、一般党員や民衆にまで及んだ大規模な政治的抑圧として悪名高い出来事である。

ロシア連邦国立文書館にある統計資料によれば、最盛期であった1937年から1938年までに、134万4923人が即決裁判で有罪に処され、半数強の68万1692人が死刑判決を受け、63万4820人が強制収容所や刑務所へ送られた

大粛清による死亡者の総数には50万人説から700万人説に至るまで諸説あり、長きにわたり論争になっている。

(ウィキペディア)

 

この大粛清は、1930年代にソ連の各地につくられた強制収容所でおこなわれていた。
今回は、ここに収容された囚人たちの様子を書いていく。
囚人といっても、多くの人が無実の罪で強制収容所に入れられた。

1930年代のソビエト連邦とは、そんな国。

 

収容所での労働では、囚人がしなければならないノルマ(作業量)があった。

今の日本でも使われるこのノルマという言葉は、もともとはロシア語だったのだ。

 

ノルマ(〈ロシア〉norma)
《規範・規準の意》

1 一定時間内に果たすよう個人や集団に割り当てられる標準作業量。
2各人に課せられる仕事などの量。
(デジタル大辞泉の解説)

 

スターリン時代のソ連では、収容所の人間がノルマを達成できなかった場合、過酷な罰を与えられた。

*竿は「さお」

冬季には囚人を採掘場で裸にして、頭から水をぶっかけ、収容所まで走らせた。
夏季には-やはり同じく裸にして、一本の長い竿に囚人たちを後ろ手に縛りつけて、身動きのできない囚人たちを蚊の大群のさらすだった(警備兵は頭から防蚊網をかぶっていた)。それから最後に、ただ銃床尾で叩いたり、隔離監房にぶちこんだりした。

(収容所群島 ソルジェニーツィン)

 

「ロシアの冬季」とはどのようなものかは、前回の記事を読んでほしい。

 

croppedstalin1943

スターリン(ウィキペディア)

 

この強制収容所では、与えられる食べ物もごくわずか。

これはスターリン時代のソ連だけではない。
ナチス=ドイツのアウシュビッツ強制収容所でも同じだった。

 

少ない食事で、毎日働かないといけない。
当然飢えから逃れることはできない。
絶望的な空腹を満たすためには、人間であることをやめなければいけないこともあった。

 

囚人たちはあまりに飢えていたので、ザロースシィ鉱泉地では馬の死体を食べてしまったが、それは六月の暑さのなかに一週間も放置されて、悪習を放ち、蠅とうじがうようよとかっているものであった。
(収容所群島 ソルジェニーツィン)

 

蠅(ハエ)やうじがたかる動物の死肉にたかるのあれば、アフリカの動物と変らない。
でもそうしないと、ソ連の強制収容所では生けていけなかったのだから仕方がない。

 

ここではわずかな食べ物で、囚人たちは-40~-50度という極寒のなかで重労働をさせられていた。
衛生状態はわめて劣悪。
当然、病気も起こる。
そのとき、病死者はこのように「処理」されていた。

 

チフスが発生して、短期間の内に一万五千人の死者を堀の中へ投げ捨てた-裸で、くの字に曲って硬直したまま、節約のためにズボン下までもぎ取った状態で
(収容所群島 ソルジェニーツィン)

 

この記述を読むと、ナチス=ドイツのアウシュビッツ強制収容所を連想してしまう。

ソ連の強制収容所とは、アウシュビッツと同じく「殺人工場」だったらしい。

スターリンのこうした大粛清で、50万人から700万人の命が奪われた(ウィキペディア)。

 

もちろん、これはソ連の共産党がしたこと。
世界中の共産党が、ソビエト共産党と同じ考え方をしていたわけではない。

 

001078

ここは、黒人奴隷を収容していたところ(ガーナのケープ・コースト城)

 

ソビエト共産党の最高指導者だったスターリンは、こうしたことをおこなっていた。
国民をこんな強制収容所に入れて、非人間的な扱いをして数え切れないほどの人の命を奪った。

そんなスターリン本人は、人類史上5番目の金持ちだった。

スターリン①平等な社会(共産主義)を約束する人類5位の金持ち

 

スターリンとは、どんな人間だったのか?

最後に、それを知る手がかりとなるものを、スターリンの言葉からひろってみる。

 

一人の人間の死は悲劇だが、
数百万の人間の死は統計上の数字にすぎない。

死が全てを解決する。
人間が存在しなければ、問題も存在しないのだ。

ヨシフ・スターリンの名言

 

これはスターリンのみならず、ヒトラーやポルポトなの独裁者に共通した考え方だろう。

 

良かったら、ボタンをポチっとお願いします。

 

こちらの記事もいかがですか?

東南アジアを知りましょ! 「目次」 ①

「ヨーロッパ」カテゴリー 目次 ① 

アフリカ・カテゴリー「目次」

中国を知ろう! 「目次」 ①

「インド・カテゴリー」の目次 ③

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。