日本と中国の仏教③すべての原因「業(カルマ)」とは何か?

 

 

今回の内容

・苦しみの理由は?
・業(カルマ)について
・すべては業(カルマ)

 

 

・苦しみの理由は?

中国旅行で、中国人の英語ガイドにお寺に案内してもらった。

その寺のお堂に入って思わず息をのむ。
壁にびっしりと、地獄の世界が像を使って描かれていたのだ。
その地獄の様子があまりにリアルで、一瞬、言葉を失った。

 

そして、その寺の地獄の世界と「日本の死者の書」といわれる往生要集(おうじょうようしゅう)に書かれている日本の地獄とを合わせて、「地獄とはどんなところか?」というこを前回書いた。

 

今回はその続き。

 

imgp1721

この閻魔(えんま)王から「おまえは地獄行きだ」と言い渡されたら、地獄に行くことになる。

 

これが地獄の世界。

ここに載せるのは、写真だけ。文は前回の記事を見て。

imgp1718

 

 

imgp1725

 

 

imgp1722

 

 

imgp1724

 

 

・苦しみの理由は

こんな耐えがたい苦しみを与え続ける地獄の獄使(鬼)に対して、死者は「もうやめてほしい」と懇願(こんがん)する。

 

大王の獄吏よ。あなたはどうして慈悲の心なく、心静かでないのでしょうか。わたしは哀れみを受けてもよい者です。どうして悲心をくだされないのか。

(日本人の死者の書 往生要集の〈あの世〉と〈この世〉
NHK出版)

 

これに対して獄吏は、こう答える。

 

おまえは自分の愛欲に迷って悪と不善をおこない、いま悪行の報いを受けている。どうして私を恨むのか、おまえは自分で悪行をなし、愛欲にだまされたのだ。そのときに悔いず、今になって後悔しても、もう遅い。

(日本人の死者の書 往生要集の〈あの世〉と〈この世〉
NHK出版)

 

この獄卒が言っていることは、「因果応報」という仏教の教えだ。

 

因果応報
いんがおうほう

仏教用語。原因としての善い行いをすれば,善い結果が得られ,悪い行いは悪い結果をもたらすとする。善因善果,悪因悪果,三世因果などと表現される。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

自分が生きていたときに悪いことをしておいて、「あなたはなんで、こんなに私を苦しめるのですか?」と言っても仕方がない。
自分がしたことが、自分に返ってきただけのことだから。

この往生要集は仏教書というだけあって、仏教の重要な考え方が他にも書かれている。

 

IMG_5001

 

 

・業(カルマ)について

今までに、いつかどこかで「業(ごう)」という言葉を聞いたことがあると思う。
これは、仏教の言葉だ。

 

ごう〔ゴフ〕【業】

《〈梵〉karmanの訳》
1 仏語。人間の身・口・意によって行われる善悪の行為。
2 前世の善悪の行為によって現世で受ける報い。「業が深い」「業をさらす」「業を滅する」

(ことばんく)

 

この業は、もとは古代インドの言葉(サンスクリット語)の「karman」を漢字であらわした言葉。

外国人と英語で話すときは、このサンスクリット語の「カルマ」で通じた。

 

この業(カルマ)は絶対的なもので、人が死んでもなくなることはない。

死によっても失われず,代々伝えられると考えられる。

百科事典マイペディアの解説

 

 

往生要集の「大焦熱(だいしょうねつ)地獄」では、こんな文がある。

地獄におちれば薪草のように焼かれてしまう。しかし、火が焼くのではない。自分自身の業で焼かれる。火は消すことができても、業に焼かれることを防ぐことはできない。

(日本人の死者の書 往生要集の〈あの世〉と〈この世〉
NHK出版)

 

生きていたときの自分の行ない(業:カルマ)が、地獄の炎になってあらわれる。
一見すると、炎によって焼かれているように見えるけれど、実は自分の「業(カルマ)」によって身体を焼かれているのだ。

だから、誰にもどうしようもできない。

 

これは、仏教でいう「自業自得」のこと。

自業自得
じごうじとく

仏教用語。みずから行なった善悪の行為によって,本人自身がその報いを受けること。よい行為によってよい結果がその本人に生じ,悪い行為によって悪い結果がその本人に生じること。転じて,自分のしでかしたことだから悪い報いを得てもやむをえないということ。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

 

 

・すべては業(カルマ)

ここまで、地獄について書いてきた。

地獄におちると、獄吏(鬼)によって言語を絶する苦しみを与えられる。

 

でも、本当は違う。
自分が過去にした行い(したこと・言ったこと・思ったこと)の結果、今苦しんでいるだけ。
獄吏ではなくて、自分の業(カルマ)によって苦しめられているのだ。

 

無限地獄に向かう死者に、閻魔王の使いがこう言っている。

 

これから無限の時を、おまえは大火に焼かれて過ごす。すでに悪をなし、いまさら何を悔いるのか。悪神や魔物のせいではない。業の網がおまえを捕らえたのだ。おまえを救える人はいない。

(日本人の死者の書 往生要集の〈あの世〉と〈この世〉
NHK出版)

 

この往生要集に出てくる「業の網」とは、カルマの法則といっていいと思う。

死後、自分が地獄に行くかどうかは、悪神のせいでも魔物のせいでもない。
閻魔王が決めることもできない。

 

すべては、生きている時に自分が何をしたか?

具体的に言ったら、今日、自分は何を思い、何を言って、何をしたか?
人を傷つけるような言葉を言ったり、態度を示してなかっただろうか?

そのすべてが業(カルマ)となって、いつか必ず自分にかえってくる。

そしてその業(カルマ)によって、自分の来世が決められるのだから。

 

ここでは詳しくは書かないけど、仏教とキリスト教の違いを知りたかったら、この仏教の思想である「業(カルマ)」を頭におきながら、聖書の「ヨブ記」を読んでいるといい。

 

仏教の場合は、自分が過去にしたこと(業:カルマ)によって苦しむことになる。
それに対して、キリスト教の聖書に出てくる「ヨブ」という人は、まったく悪いことをしていないのに、「神の意思」によって苦しみを与えられている。

これを読むと仏教とキリスト教とでは、考え方が大きく違っていることがよく分かる。

 

業(カルマ)が人を支配するか?

神が人を支配するか?

さあ、どっちだろう?

 

 

ちなみに、ボク自身は何かの宗教を深く信仰していることはないです。
あくまで、歴史・文化・宗教に興味があるだけです。

ランキングに参加しています。
よかったら、下のボタンを押してください。

 

こちらの記事もいかがですか?

中国を知ろう! 「目次」 ①

中国を知ろう! 「目次」 ②

中国との違い③日本人の強み「変える力」唐の着物を日本の文化

歴史の違い。日本にあって韓国や中国にないもの。幕府と天皇!

「日本」カテゴリー目次 ⑤ 韓国や中国から知る日

外国人から見た日本と日本人 日本を知る15の言葉 ⑩

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

このブログには、姉妹編があります。良かったら、こちらも、ご覧ください。

・英会話ブログ英会話で『ええ会話』」

今、ネイティブから習っているレッスンを復習代わりに、ここで紹介しています。 内容は、中学レベルの英語が中心です。 ただで、レッスンが受けれるようなもので、お得ですよ。

・歴史・文化などの雑学的なブログ「日本と世界のあれやこれや」

日本や世界の歴史、文化、社会のことをあれやこれやと雑学的を書いてます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。