中国に弱い韓国②一番嫌いな日本人・豊臣秀吉と朝鮮出兵


 

最近のニュース

韓国は、日本と中国とで反応が違う。
日本には強いけど、中国には甘い。というか弱い。

そんなテーマで書いているから、「サーチナ」のこんなニュースをピックアップしてみました。

日本を訪れないと分からない日中の差、まさに「百聞は一見にしかず」=中国

記事が紹介しているの「日中の差」は、日本人からすればごく当たり前の事柄ばかりだ。例えば、日本で公共交通機関を利用した際、乗客が降りるときには車掌や駅員が「ありがとうございました」と感謝の言葉を述べていたと紹介。こうした対応は社会主義国の中国では見られないものであることを伝えた。

中国にも近年増えているコンビニだが、「日本のコンビニは中国と違って、食べる、飲むものだけを提供しているのではない」とし、外国人も利用できるATMがあるなど「あらゆる消費者のニーズに応える存在」であると指摘し、そのサービスの種類の豊富さに驚いたことを紹介。

 

「社会主義国の中国」?
今の中国は、社会主義でも資本主義でもなくてお金が第一の「拝金主義国」だと聞いたけど。

今の中国を、本気で社会主義の国にしようと考えている人がいたら、中国共産党が困るんじゃないかな?

「バカ言ってんじゃねえ、現実的に考えろよ!」って。

 

漢字ばっか。
「鴨」しかわからんカモ。なんてね。

 

前回、韓国の中国と日本に対する反応の違いについて書きましたね。

一言でいったら、韓国は中国には甘い。というか、弱い。
でも、日本に対しては強い。厳しい態度で出てくる。

 

その例として、豊臣秀吉の「朝鮮出兵」と清(中国)の「丙子の役(へいしのえき)」を例に出して説明しようと思ったけど、やめた。

これは、独立させて別の記事にしたほうがいいと思ったから。

 

なんで別の記事にしたほうがいいと思ったのかといえば、「朝鮮出兵のときに、朝鮮国王が住んでいた王宮(景福宮)を日本人が焼いた」と思っている人が、かなりいるみたいだったから。

 

念のため、朝鮮出兵とはこんなことでしたね。

豊臣秀吉の朝鮮出兵

秀吉は2度にわたって小西行長、加藤清正らに命じて朝鮮半島に兵を送り、朝鮮軍や明軍などと戦った。文禄の役(1592~93)では、倭軍(日本軍)は現在の平壌とソウルに達した。慶長の役(1597~98)では、朝鮮半島南部で激戦が展開されたが、日本側は秀吉の死で撤退した。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

 

で、結論から言うと、景福宮を焼いたのは日本人じゃない。
国王やその側近が景福宮から逃げ出してしまった後に、朝鮮の民衆が王宮を焼いてしまった。

 

にもかかわらず、このブログに来ていただいている「検索キーワード」を見ると、「豊臣秀吉 王宮 やいた」といった言葉がけっこうある。

 

検索キーワードの1位になったことも。

 

だから、「朝鮮出兵のときに、日本人が景福宮を燃やしてしまった」という間違いを事実だと信じていたり、そんな話を聞いたりした人はけっこう多いと思う。

 

朝鮮の人たちが燃やしたことを、日本人のせいにされてはたまらない。
これはぜひ、多くの人に知ってもらいたかったから、こうして別記事にしたワケだ。

 

 

この「日本人放火説」で、個人的にショックを受けたことがある。

それはソウルを旅行していたときのこと。
景福宮には無料の日本語ガイドサービスがあったから、そのガイドの説明を聞きながら景福宮をまわっていた。

ガイドは韓国人のおばさんで、建物や時代背景などを丁寧に説明してくれ、さらに写真を撮るポイントも教えてくれた。

 

その日本語ガイドが終ってから、「英語のガイドも聞いてみたいなあ」と思い立って、集合場所に向かった。
英語ガイドはたくさんの外国人を前にして、まず自己紹介した後にこんな話を始める。

「この景福宮は、とてもすばらしい王宮でした。でも、朝鮮出兵のときに日本人によってすべて燃やされてしまったのです。この王宮だけではありません。日本人によって韓国全土の貴重な文化財も燃やされてしまったのです」

 

この話を聞いて、言葉を失ってしまった。
日本語ガイドのときとは、まったく違う内容になっている。
「外国人には、こういう説明をしているのかあ」とショックを受けた。

 

まあ、若かったからね。
今なら、これぐらいでは驚かない。
「まあ韓国だったら、そんなこともあるんじゃないの?」ぐらいにしか思わない。

 

「日本人放火説」のことは、こちらに記事で↓

景福宮(ソウル)の日本語ガイドさんの説明では、ここに注意して。

 

繰り返して言うけど、日本人は燃やしていませんよ!
「秀吉憎し」の気持ちはわかるけど、話を拡大しないでくださいね。

 

「この王宮は、日本人が焼きました」と聞いたら、「ちょ、待てよ!」とでも言いたくなるわ。

 

 

さて、1590年代には朝鮮出兵があった。
その約40年後、今度は清(中国)が朝鮮に攻め込んできた。

それを「丙子の役(へいしのえき)」という。

丙子の役(へいしのえき)は、1636年から1637年にかけて、清が朝鮮(李氏朝鮮)に侵入し、朝鮮を制圧した戦いの朝鮮での呼び名である。中国では丙子之役と呼ばれている。

(ウィキペディア)

 

この丙子の役のときは、秀吉の朝鮮出兵よりも大きな被害があったという話もある。

武力に略奪が行われ、すべては焼き尽くされ、官も民もすっ裸の状態であり、秀吉の侵攻よりも甚だしいものがある

(日本の驕慢 韓国の傲慢 徳間書店)

 

この丙子の役について、韓国の歴史教科書にはこう書いてある。

大きな被害を受けた朝鮮は、政府も民衆も清に対する敵対感情と復讐心に燃えた

(韓国の中学生歴史教科書 明石書店)

 

このときはこう思っても、今の韓国人には「敵対感情」や「復讐心」はもうないだろう。

中国とのもめ事が起きときに、たまに思い出すぐらいじゃないの?

朝鮮日報のTHAADの記事( 2016/08/28)みたいに。

THAADの配備をめぐり、中国の目を気にする動きが盛んに見られる。それが限度を超え、過剰な反応まで出てきているのは、記憶の中にある丙子胡乱のトラウマと無関係ではない。中国メディアが何か言えば、すぐにでも清の軍隊が攻め込んでくるかのような騒ぎになる。

朝鮮は十分な力もないまま中国と対峙(たいじ)し、悲惨な目に遭った。中国は武力と恐怖によって、国家としての自尊心を踏みにじった。当時の屈辱は韓国人の脳裏に刻み込まれ、民族的なトラウマになった。

THAAD配備反対派の間では「第2の丙子胡乱」という言葉まで出てきている。

【コラム】THAAD韓国配備問題、「城外」の敵と「城内」の戦い

 

この記事を読んでいて、突然「丙子胡乱(丙子の役)」という言葉が出てきてちょっと驚いた。
「へえ、こんなふうに使うんだあ」と。

 

 

でも、豊臣秀吉への「敵対感情」と「復讐心」なら、今でも山盛りあるよね?

なんせ、「韓国人が一番嫌いな日本人」という記事があるぐらいだから。

韓国人が最も嫌いな日本人の一人 16世紀に朝鮮出兵した豊臣秀吉

この“被害者メンタリティ”に凝り固まった韓国人が「最も嫌いな日本人の一人」とするのが、16世紀に朝鮮出兵した豊臣秀吉だ。最近も韓国では、秀吉軍を海戦で打ち破った民族の英雄・李舜臣を描く映画『鳴梁』が大ヒットした。

 

今の韓国人は、秀吉の朝鮮出兵を「とてもひどい侵略だった」と考えている。
でも、中国(清)の侵略(丙子胡乱)に対しては、そこまでひどくは考えていないはず。

日本の朝鮮出兵と中国の丙子胡乱とでは、韓国人の反応はまったく違うだろう。
そもそもふつうの韓国人が、「丙子胡乱」を知っているかどうかもアヤシイ。

 

こういうところも、「何をしたか?」ではなくて「どこの国がしたか?」によって判断が変わるという韓国スタンダードがあると思う。

やっぱり韓国は、歴史認識で中国には弱くて、日本には強い気がしてならない。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国 「目次」

韓国の新聞の特徴②日韓関係が悪くなると慌てる(釜山の慰安婦像)

恋愛事情にみる韓国人との違い①日本人の男は情けない!?

東南アジア旅行で見た「感謝される日本」、誇るべき技術力

外国人から見た日本と日本人 15の言葉 「目次」 

日本はどんな国? 在日外国人から見たいろんな日本 「目次」

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 


投稿者: kokontouzai

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。

コメントを残す