韓国人の東南アジアへの優越感③その理由と日本人の見方は?

 

最近のニュース

まーた韓国がやってくれた。
慰安婦像のことで日韓関係がギスギスしてるのに。

時事通信の記事から(2017/01/25)。

竹島上陸「極めて遺憾」=菅官房長官

菅義偉官房長官は25日午後の記者会見で、韓国の慶尚北道の金寛容知事が島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸したことに関し、「到底受け入れられない。訪問が強行されたことは極めて遺憾だ」と厳しく非難した。政府として上陸中止を働き掛けていたことも明らかにした。
菅氏は「竹島上陸と慰安婦像の設置の問題は別だ」と述べ、一時帰国させた長嶺安政駐韓大使の帰任時期の判断に対する影響を否定。日韓関係の停滞を打開する方策については「韓国が考えることだ」と述べた。

 

竹島に上陸したら、日本が怒ることは当然わかっていたはず。
なのに、なんで韓国の知事はあえて上陸したのか?

その理由が、TBSの報道(2017/1/25)にあった。

韓国・慶尚北道知事が竹島上陸、領有権主張

上陸の理由については「突然のことではない。最近、独島に対する日本の野望が度を過ぎているためだ」と書き込みました。

 

「度を過ぎた日本の独島に対する野望」ってなんだ?

日本と韓国の関係が悪化すると、日本のマスコミ一部はよくこういうことを書く。

「日本は韓国を刺激するような言動をしてはいけない」
「自制するべき」
「お互いに冷静になるべき」

でも、韓国人は日本を挑発するようなことをしている。
しかも、一部の活動家ではなくて知事が上陸している。

 

日本のマスコミは日本人には「自制しろ」と言うけど、韓国人には強く言わない。
このへんがズルいなあ、と思う。

それはそうと、日韓関係の打開は「韓国が考えることだ」ってのは、まったくその通りだね。
今度は韓国が誠意を見せなきゃ。

 

韓国のスーパーで売っていた独島のり

 

ぶっちゃけ、韓国人は東南アジアの国々に対して優越感を持っている。

前回、韓国に住んでいた日本人の女の子から見た「韓国人の東南アジアの人たちへの見方」を紹介した。

簡単にまた紹介したい。

なぜ、多くの韓国人は東南アジア人や黒人を見下すのか

中でも、多くの韓国人が見下す対象は、
中国人(漢民族)
中国人(朝鮮族)→基本的に韓国人は朝鮮族を同じ民族だと心から思っていません。
フィリピン人
タイ人
ベトナム人といった、意外と多い韓国への出稼ぎ労働者や留学生、そして韓国人男性と結婚しているそれら東南アジアの女性たちは見下されています。

・韓国人って本当に東南アジア人や、黒人に冷たいんです。

 

この他にも、韓国人の意見や韓国の新聞記事からも、韓国人が東南アジアに対して「上から目線」であることを以前の記事で書いてきた。

「なんで韓国人は、東南アジアの国々に対して優越感を持っているのか?」

 

それは、「人間をランキング化する」という韓国人の考え方に由来すると思う。
そんな考え方が具体化したのが、韓国で大流行した「スプーン階級論」というもの。

韓国人の「階級」を金、銀、銅、泥のスプーンであらわしている。

金スプーンは、親の資産が20億ウォンまたは世帯年収が2億ウォン以上の場合、銀のスプーンは、資産10億ウォン以上または年収8000万ウォン~1億ウォン。銅スプーンは、資産5億ウォン以上または年収5500万ウォン以上の場合だという。

さて、最下層にあたる泥スプーンは、親の経済的な援助など望めず、かえって親を養わなければならない場合で、具体的には資産5000万ウォン未満または年収2000万ウォン未満の世帯の出身者である。

韓国の若者が超格差社会に嘆き節、「お前は何色?」

 

 

「韓国人が東南アジア諸国に対して優越感をもっている」というのは、この国内基準をそのまま外国に当てはめた結果だと思う。

韓国人が人をランキング化する考え方で外国を見たら、当然外国もランキング化される。

そのランキングの基準は経済力。
どれだけのお金を持っているか?

「スプーン階級論」と同じ考え方で外国を見たら、きっとこうなる。
韓国を真ん中の銅スプーンの国としたら、東南アジア諸国は経済的に韓国よりは「下」だから泥スプーンの国になる。

そうなれば、韓国人がそうした国に対して優越感をもっていても不自然ではない。
というか、それが自然。

 

逆に、韓国より経済的に豊かな国は金スプーンか銀スプーンの国になる。
だから優越感の裏返しで、それら上位スプーンの国に対しては劣等感を持っていたり上に見たりする。

これが、先ほどの日本人の女の子の感想の理由になる。

私が感じること。それは韓国では、日本人、アメリカ人、イギリス人、ドイツ人、フランス人が、特に特別扱いされるような気がします。

 

韓国人が東南アジアに対して、特別な見方をしているわけじゃないと思う。
韓国国内での価値観で、そのまま世界を見ただけ。
世界の国を「ランキング化」して考えるから、韓国より経済的に貧しい国には優越感を持ってしまう。

 

でも、人間をランキング化するという価値観をもっていることで、韓国人自身が苦しんでいることも事実。

韓国の自殺率は、何年も前からずっと世界のトップクラスに入っている。
そんな競争の激しい韓国社会の息苦しさは、「ヘル・コリア(地獄の朝鮮)」という流行語にもあらわれている。

 

 

「じゃ、日本人はどうなんだ?東南アジアの国々に対して優越感を持ってないのか?」

って疑問はあると思う。

それはあると思うよ。

ネットで調べても、「日本人が東南アジアの国々に対して劣等感を持っている」なんてサイトはない。

でも、こんなサイトならいくつもある。

なぜ日本人はアジア人を軽視・蔑視してしまうのか?6つの理由

 

それにそのことは、日本に住んでいるタイ人やインドネシア人、ベトナム人からも聞いたことがある。
彼らも、日本人は東南アジアに対して優越感を持っていると思っていた。

たとえば、こんなことを言う。

「日本人は、東南アジアの人たちと欧米人の人たちを同じようには見ていませんよ。東南アジアの人たちを下に見ていて、欧米人を尊敬している」

国際交流パーティーなど、いろいろな外国人が集まるところで彼はそんなことを感じるという。

 

でも、「英語」というポイントはあると思う。

タイ人やインドネシア人が嫌いというわけではなくて、「英語で話してみたい」と気持ちがあって、アメリカ人やイギリス人に近づく人もいるはず。

フィリピン人で、工場で働いていた後に英会話の講師になった人がいる。
「工場勤務」と「英会話の先生」とでは、同じ人間であっても日本人の見方がかなり違うと言っていた。

日本人にはそういうところがあると思う。

 

 

東南アジアへの見方で「優越感を持っている」ということでいえば、ボクが知っている限りでは、日本人より韓国人の方がその傾向が強い。

だから、さっき紹介したようなブログも簡単に見つかった。

さらに、東京で働いていた韓国人も同じことを言っている。

「東南アジアへの見方では、日本人より韓国人の方が優越感を持ってますよ。韓国人には、ひどいところがありますから」

 

でも、この逆を見たり聞いたりしたことがない。
日本にいる韓国人が「韓国人に比べて、日本人は東南アジアの人たちに優越感を持っている」というもの。

こういうものがないかネットや図書館で探してみたけれど、見つからなかった。

皮肉ではなくてそうした話があったら、ぜひ知りたい。

 

 

残念ながら、このブログはビックリするほど人気がありません。

個人的に、日韓友好のためには都合の良いことも悪いことも知っておいた方がいいと思うんだけどね。
まあ、いろんな人がいるさ。

良かったら、ポチッとお願いしますね。

 

こちらの記事もいかがですか?

韓国 「目次」

韓国の格差社会の実態③スプーン階級論:特権階級は国民の敵

韓国人は、日本をどう見てる?① 小学校の歴史教科書から

韓国人「日本人は、謙虚ですね」 日韓の比較・考え方や社会の違い

平和を考えた②  日本と韓国はここが違う。ボクは、韓国人の気持ちを共有できない。

 

ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。
folow me plz.
@amamatsushizuo3

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカなど27の国・地域に旅をしてきました。以前、中学生に歴史を教えていた経験もあります。 また、日本にいる外国人の友人も多いので、彼らの目から見た日本も知っています。 そうした経験をいかして、日本や世界の歴史・文化・宗教などをテーマに、「読んでタメになる」ブログを目指しています。