歴史の雑学・シンガポールと日本地図は同じときに完成した。

 

今回の記事は、歴史の雑学です。

シンガポールと伊能忠敬(いのうただたか)の日本地図は、同じときにできている。
だから、この2つはセットでおぼえよう!

ということです。

 

 

まずは、シンガポールの位置を確認。
マレー半島の先っちょにある。
この地図だと、長崎県のところ。
シンガポールは東京23区とほぼ同じ広さの国で、首都はない。

 

「シンガポール」という国名をつけたのは、イギリス人のラッフルズさん。
それは1768年のこと

その後、一七八六年、イギリスがインドを統治するようになると、イギリスがこの地域でもしだいに優位に立ち、一八一九年、イギリス人のラッフルズが、かつてのシンガプラを買い取り、シンガポールSingaporeとした。

「地名の世界地図 文藝春秋」

 

Singaporeは、Singa(ライオン)とpore(都市)という意味で、英語にしたら「ライオン・シティ」になる。

 

タイのシンハービールの「シンハー」も、「ライオン」という意味。

 

世界的に有名な「ラッフルズホテル」は、さきほどでてきた「ラッフルズ」というイギリス人にちなんでつけられている。

トマス・スタンフォード・ラッフルズ(Sir Thomas Stamford Raffles、1781年7月6日 – 1826年7月5日)はイギリスの植民地建設者、シンガポールの創設者である。

(ウィキペディア)

 

IMGP0140

ラッフルズホテルの有名人。
シク教徒がこのホテルのドアマンをしているのも、イギリス時代からの伝統。

また、カクテルの「シンガポール・スリング」は、1915年にラッフルズホテルでうまれたといわれている。

 

これは安っぽいジュース
シンガポールスリング一杯で、これを何杯買うことができるか想像もできない。

 

太平洋戦争のとき、日本軍はイギリス軍を降伏させてシンガポールを支配していた。
これによって、シンガポールは「昭南島」とよばれるようになる。
「昭和の南の島」という意味。
そしてラッフルズホテルは、「昭南旅館」となる。

 

 

さきほど、こんな文があった。

「一八一九年、イギリス人のラッフルズが、かつてのシンガプラを買い取り、シンガポールSingaporeとした」

ということで、シンガポールは1819年にできている。

 

そのころの日本は、江戸時代の真っ最中。
「伊能忠敬(いのうただたか)」が日本地図を完成させたときが、シンガポールができたころに近い。

寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、足かけ17年をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした。

「ウィキペディア」

 

シンガポールと伊能忠敬の地図は、ほぼ同じときに完成している。
ということで、この2つをセットでおぼえよう。

 

 

おまけ

「一七八六年、イギリスがインドを統治するようになると」

さきほどこんな文があった。
イギリスによるインド統治は1786年にはじまっている。
ラッフルズホテルのドアマンがシク教徒のインド人というのは、このことに関係している。

 

1786年の日本は江戸時代。
この2年後の1788年に、株仲間や印旛沼(いんばぬま)で有名な田沼意次(たぬまおきつぐ)が亡くなっている。
田沼意次といえば、学校で「ワイロ政治」を習ったかもしれない。

ちなみにヨーロッパでは、イギリスのインド統治がはじまった3年後の1789年にフランス革命が起きている。

ということで、「イギリスのインド支配・田沼意次・フランス革命」をセットでおぼえよう。

 

 

よかったら、こちらもどうぞ。

That is Singapore!SGSGSG①英語とシンガポール国を知ろう。

シンガポール②旅行をさらに楽しめる「おすすめの時期」

シンガポールを知りましょ!生活・多民族共生・独立の理由

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

今まで、東南アジア、中東、西アフリカに旅をしてきました。外国に行って初めて気がつく日本の良さや特長があります。以前、歴史を教えていたので、その経験もいかして、日本や世界の歴史や文化などをテーマに、「読んでタメになる」ようなブログを目指します。